唯我独尊のエース街道!我妻 天の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは我妻あがつま そらです。自信満々な表情が印象的な彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

我妻天の概要

©Akatsuki Inc.

中学時代はリトルシニアで三年間エースナンバーを背負い続けてきたという実力者。幼馴染みにしてバッテリーを組む桜田とともに、本校の女子野球部でもエースの座を狙う自信家の野球少女です。

担当声優の相坂優歌さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

我妻天はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

概要の通り中学時代にエースとして活躍し続けた経験から、非常に我が強く自信家な性格。その傍若無人じみた振る舞いは相手が誰であっても変わることはなく、一部の上級生からの生意気だという声も実力で黙らせるなど、いかにもエースピッチャーらしい唯我独尊っぷりを見せる大型ルーキーです(現在は多少丸くなったようですが)。
加えて有原らにも負けないほどの野球バカでもあり、「野球の面白さを知らない奴は人生の96%損している」と豪語するほど。同じ野球バカでもその物言いから性格の違いが見てとれますね。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが意外に真面目で常識人なところもあり、本人曰く「曲がったことが大嫌い」、幼馴染みの桜田曰く「正義感が強い」とのこと。その性格を活かしてか風紀委員にも所属しており、先輩の月島とともに服装などを取り締まることもあります。
加えて遊園地のヒーローショーをノリノリで楽しむほどの戦隊もの好きで、食の嗜好もやや子供っぽいところが見受けられるなど、生意気ながらも実直でかわいらしい部分もあるのが彼女の魅力といえますね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは投手。抜群の球速を誇るストレートが武器の速球派サウスポーで、前述の通り中学時代は男子に混じってリトルシニアでエースとして活躍していたほどの実力を持ちます。
スピードだけでなくコントロールにも優れるものの、本人曰く変化球は苦手とのこと。とはいえチェンジアップやムービングファスト(未完成)など、自慢のストレートを活かせる球種はしっかり取り揃えています。
投手向きの性格を活かし、今後もさらなる成長と活躍が期待されるエース候補の筆頭ですね。

©Akatsuki Inc.

しかしストーリーが進むにつれて、ある弱点も露呈していくことになるのですが…詳細は後述のおすすめエピソード項目にて。

我妻天の入部経緯

該当エピソードは2年生編サイドチャプター「唯一人のエースピッチャー」。

女子野球部の見学を経て、待ちに待った仮入部期間を迎えた我妻。バスケットボール部に勧誘されかけていた桜田を引き連れ、自信満々にグラウンドへと足を運びました。

©Akatsuki Inc.

しかし体験入部の内容が初心者向けだったことに痺れを切らした我妻は、「さっさと全員の実力を試した方が早い」と監督(主人公)に提案をしたのです。

©Akatsuki Inc.

加えて自身の実力に絶対的な自信を持っているがゆえの発言により、部員達も穏やかではない雰囲気に。そんな空気にもまるで怯むことなく、我妻は「回りくどいのが大っ嫌い」と付け加えて有原との一打席勝負を希望します。

©Akatsuki Inc.

そこに割って入ったのは東雲。これ以上口で話しても無駄だと判断した彼女は、自身が我妻の挑戦を受けることにしたのでした。

我妻も捕手は心置きなく投げるために桜田しか認めない、といった不遜な発言を重ねつつ、東雲に投じた第一球。

©Akatsuki Inc.

それはまるでエースは自分だと言わんばかりの、ど真ん中の剛速球。ギャラリーの初心者組はその球速に圧倒され、流石の東雲も「大きな口を叩くだけのことはある」と認めます。
そうしてカウントが進みツーボールツーストライクとなったところで、我妻と桜田のバッテリーが最後に選んだボールは…。

©Akatsuki Inc.

僅かな変化でストライクゾーンを掠め、東雲を見逃しの三振に仕留めたのでした。

そうして正式に練習への参加を認められた二人でしたが、監督(主人公)の「最初のひと月は他の新入生と同じように基礎練習が中心」という方針には(主に我妻が)不満な様子。

©Akatsuki Inc.

それでも今後の曇りなき未来を見据えて気持ちを切り替えた我妻は、桜田とともにこのチームで最強のバッテリーになると決意したのでした。

我妻の実力に裏打ちされた自信が余すことなく発揮されている、良くも悪くも彼女らしさが詰まったエピソードですね。

我妻天と関係の深い人物

本人の性格が性格だけに、絡む相手は包容力がある人物が多い印象の我妻。その中でも特に目立つ相手をピックアップして紹介します。

桜田 千代
小学生時代からの幼馴染みにして一番の理解者であり、バッテリーを組む女房役でもあるまさに相棒的存在。傍若無人な我妻も、やや気弱で控えめな彼女に対しては何かとフォローしてあげるなど、特別な相手として気遣う様子を見せています。
一方でクセの強い例え話をする彼女に「言い方ぁ!」とツッコミを入れるのも日常茶飯事。その夫婦漫才のような空気感は、他のキャラクター達ではなかなか出せないものといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

高い捕球技術の持ち主である桜田は、捕手としても我妻を支えるよきバッテリー。…しかしストーリー進行に伴い、その関係に潜む小さな歪みが露呈していくことに。
その内容と乗り越える過程については、後述のおすすめエピソード項目で解説しています。

月島 結衣
同じ風紀委員に所属する野球部員ということもあり、何かと絡むことが多い相手。野球部では問題児なところがある我妻も風紀委員の活動は真面目にこなしており、月島もその先輩として少なからず気にかけているようです(初対面の時は誤審(入部エピソードの東雲との勝負で審判をしていた)について指摘されて涙目になっていましたが…)。

©Akatsuki Inc.

そんな距離感ゆえに、上級生に対しても遠慮なしな我妻との関係性も他のキャラクターとは少し違った形で発展していくことが予想されます。桜田ともども、今後も楽しみに見ていきたい関係ですね。

これを読もう!我妻天おすすめエピソード

入部早々にエース候補として活躍していることもあり、練習や試合絡みのエピソードでの出番が目立つ我妻。そんな彼女とその相棒・桜田が夏大会までに歩んできた軌跡といえるエピソードを中心に紹介します。

・海を渡り来たスラッガー(2年生編メインチャプター・6月下旬)
・降り止まぬ孤独に(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
順風満帆だと思っていた高校野球生活、そして相棒との関係に暗雲が立ちこめるきっかけとなったエピソード群です。

海を渡り来たスラッガー」でアメリカチームとの親善試合に先発登板することになった我妻。自分の実力を見せつけようと意気込んでいたものの、初回から連打を浴びたうえに四番のアメリア・サンダースにはなんと場外ホームランを打たれてしまいます。
その後も失点こそしなかったもののランナーを溜められ、予定よりも早いタイミングで降板する事態に。自身が招いてしまったピンチは後を継いだ直江桜田のバッテリーが火消ししてくれましたが、散々な結果に終わった我妻はその直後に桜田に詰め寄ります

©Akatsuki Inc.

自分よりずっと球が遅い直江が抑えられたのに、自分は抑えられなかった。それは相手が速球を見慣れているだとか、速球派の自分の後に投げたからだとか、そんなこと以外に理由があるんじゃないのか、と。
それは自身の実力に絶対の自信を持っていた我妻が、高校に入学して初めて実感した「力が足りない」という思いでした。…しかし桜田はそれを受け止めきれず逃げるようにその場を去ってしまい、二人の間に気まずい空気が流れるようになってしまったのです。

その流れを汲む「降り止まぬ孤独に」では、自身の力不足を実感した我妻が見るからに焦っているのがわかります。近藤と組んだ紅白戦でもどこか意固地なピッチングを見せ、監督(主人公)に控えめにするように言われている投げ込みも(桜田に止められたにもかかわらず)強行するなど、その言動は自身だけでなく周りまで巻き込みながら悪化していくばかり。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女にとどめとなったのが、たまたま自主練の際にグラウンドで鉢合わせした東雲に持ちかけた勝負でした。
我妻は入部時と同じように自分の力で抑えられると思い込んでいたのですが…東雲はその球を「あの時と同じ」と評し、特大のホームランを叩き込んだのです。そして食い下がる我妻に、東雲は「四月に勝負した時に光るものがあると思った」と前置きをして…。

©Akatsuki Inc.

我妻の投球ではなく、桜田の捕球技術を称賛したのです。

©Akatsuki Inc.

その言葉が示すこと…それは桜田の支えがあったからこそ、自分がエースとして活躍できていたということ。自ら公言するほどに桜田はずっと自分が引っ張ってきた」と思い込んでいたのに、本当はただの思い上がり、勘違いでしかなかったということでした。

©Akatsuki Inc.

その事実が受け止められず、雨の中で投げ続ける我妻。そんな孤独な自主練を終えて部室に戻ると、件の桜田が待っていたのですが…。

©Akatsuki Inc.

東雲に告げられた事実のせいで増長した不安や焦り、苛立ちを抑えきれず、何の配慮もなしにそれを桜田にぶつけてしまいます。
しまいには「ただ我妻とバッテリーが組みたいだけ」という桜田に、

©Akatsuki Inc.

まるで決別のような言葉を吐き捨ててしまい、二人の間に入った亀裂は決定的なものになってしまったのでした。

我妻の「ずっと一緒に組んできた…組みすぎたんだ」という言葉が重くのしかかる、二人の最大の試練といえるエピソード群。ここからどうなってしまうのか…。

・二人が見た景色に(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
上記エピソード群から続く、我妻と桜田の関係を描いたエピソードです。

降り止まぬ孤独に」での出来事を未だに引きずっている二人。我妻は「こっちが折れたら自分が野球に真剣じゃないと認めることになる」として話を切り出せず、桜田も仲直りしたいと思いながらもどうしたらいいかわからなくなっていました
そんな状況でも近々練習試合でバッテリーを組むことが決まっていたのですが…ある日の練習中、我妻は投げすぎが祟って調子が悪いことを近藤に叱責されます。独りよがりな振る舞いを見せる我妻に、近藤はなぜ桜田に相談しないのか、彼女を信頼していないのかと尋ねますが…。

©Akatsuki Inc.

桜田は自分の球を盲目的に受けていただけだ、と言わんばかりに。口をついて出たその言葉は桜田にも届いてしまい、桜田の胸の内には悲しさや後悔が渦巻きます。
あんなに調子が悪くなってしまうのなら、あの日我妻が投げ込みをしようとするのを無理にでも止めるべきだった。本当は自分がそのことに一番早く気付いて、そばで支えてあげないといけないのに、今その場所にいるのは自分じゃない…。そんな思いに沈んでいると、練習を終えた近藤にあるものを手渡されたのです。

©Akatsuki Inc.

それは練習で我妻とバッテリーを組むなかで、彼女なりに感じたことを余すことなく記したノートでした。そんな近藤の献身的な姿勢、そして自身の経験を踏まえた言葉を受けて、桜田は明日の練習試合に向けて気持ちを切り替えることができたのです。

©Akatsuki Inc.

そして迎えた練習試合当日。二人は予定通りバッテリーを組みますが、サインが合わずあわや先制されるかという場面を招くなどどこかぎこちない状態が続きます。
それでも好投を続ける我妻でしたが、終盤に迎えたピンチで今日当たっている五番打者との対決に。今度こそ抑えると意気込む我妻は自慢のストレートでの勝負にこだわろうとしますが…そんな彼女を、桜田がサインで制しました。

©Akatsuki Inc.

それを受けて我妻が投じたボール、そしてその日の帰り道でのやりとり…それは単純な仲直りというわけではないものの、二人が今までと少しだけ違う関係になった証でもありました。その詳細はぜひゲーム本編で見てほしいと思います。

・独りきりのふたり
・そして天秤の器は満ちる(どちらも2年生編サイドチャプター・7月中旬)
風紀委員の先輩である月島から見た我妻と桜田の関係が描かれるエピソード。

二人が見た景色に」での出来事を通じて、我妻との関係は少なくとも一番拗らせていた時期よりはよくなったと思っていた桜田。しかし月島にそんな阿吽の呼吸とも言える関係を褒められると、「本当は全然よくなってなんかいない」という本音がどうしてもよぎってしまいます。

©Akatsuki Inc.

そんな折に、部室で監督(主人公)が東雲鈴木に「我妻にはエースを担うだけの素質があるが、桜田との間に問題があるのか最大限の力を発揮できていないように思う」と語っているのが聞こえ、桜田責任を感じてしまいます。

その日の練習後、焦りや不安を隠せない二人を見て月島桜田に、監督(主人公)は我妻に話を聞くことにしました。

©Akatsuki Inc.

そこで桜田が語ったのは、自身の捕逸をきっかけに我妻が自分の強みを抑え、制球を重視するようになってしまったこと。自分がもっと努力するから好きに投げていいと伝えることができず、その日を境に我妻がだんだん自分を信頼しなくなっていったということ。

©Akatsuki Inc.

そして我妻が語ったのは、自分の責任である暴投で桜田がもう責められることがないよう、二度と暴投なんてしないように制球力を磨いて外野を黙らせてやる、ということでした。それはお互いに相手を思い、自分の至らなさを悔やんでいたからこそ起きたすれ違いだったのです。

そんな複雑な状況をどう解決すべきか、という問題に対して月島が思案し行動に移すのが「そして天秤の器は満ちる」になります。月島本人のパーソナリティと絡めて二人を導くこのエピソードに関しては、詳細に語るよりも実際に見てもらった方が心に染み入るでしょう。月島の個別記事に記してあるあらすじとともにお楽しみいただければと思います。

これらのエピソード群を読んだ後は、困難を乗り越えた二人が活躍する夏大会一回戦のエピソードを記事と合わせてぜひどうぞ。

我妻天に今後期待することとまとめ

ここまで我妻天というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人が個人的に彼女に期待することを書いていきたいと思います(新入生組はまだ情報量が多くないゆえ…)。
今回紹介した我妻に対して期待するのは、「桜田以外との交友関係を広げてほしい」ということです。

ここまで解説した通り、桜田とは非常に深く強い信頼関係を築いている我妻。バッテリー解散の危機も乗り越え、これからは二人の力を合わせてひたすら邁進するだけといった心境でしょう。
しかし自分はそのほつれかけた関係の修復に一役買った月島近藤らとのやりとりから、我妻には「かわいがられる後輩キャラ」としての立ち位置を確立できるポテンシャル(?)があると感じたのです。

その根拠としては、部活動中は自信家な面が強く出るものの、普段は真面目で年上に対する礼儀もきちんとしていることがあげられます。
具体例として、「海を渡り来たスラッガー」では自身が招いたピンチを火消ししてくれた直江に素直に感謝の言葉を伝えていますし、「二人が見た景色に」でも最後に「近藤に言いすぎたから謝らないといけない」と誰に促されるでもなく自ら口にしています。自信家ではありますが横暴ではなく、恩を感じたり自分に非があったりすることに対しては素直な態度を見せているのです。
実際に近藤からは(本人のいないところでではありますが)「やんちゃな妹みたい」と評されており、少なくとも彼女からは単なる後輩以外の側面を見出されているようですからね。そういった点が彼女以外からも認知されれば、作中で語られた過去の姿である「孤独なエース」とは無縁のエース像を作り上げられるかもしれません。

そしてもう一つの根拠が、趣味や食の好みが意外と子供っぽくかわいらしい印象であること。野球に対するストイックさとのギャップが大きいそんな一面を見せる機会があれば、特にフレンドリーな新田などからは一気に親近感を持たれる可能性もあるのではないでしょうか(食に関して言えば永井も…?)。
まだ入部して半年足らずのために日常エピソードでの出番が少なく、そういった描写がされる機会が少ない状況にあるものの、逆に言えば今後の展開に期待が持てるということでもあります。「エース」という立場から離れた彼女の姿がどのように描かれるのか、今から楽しみにしたいと思います。

そんな妄想はさておいても、現時点でも「エース」として、そして「後輩」として魅力的なキャラクターに仕上がっているのが我妻の魅力。そんな彼女のこれからの活躍を、ぜひリアルタイムで楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました