野球でのし上がるスターダム!逢坂 ここの紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは逢坂あいさか ここです。特徴的なヘアスタイルが目立つ彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

逢坂ここの概要

©Akatsuki Inc.

かつて人気子役として活躍したものの、現在は舞台を降りている女優の卵(?)。
しかしその技術と情熱は衰えておらず、再び大スターとなることを夢見て日々自分磨きとアピールに励む、女子野球部屈指の目立ちたがり屋です。

担当声優の高木美佑さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

逢坂ここはどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

明るくサバサバとしていながら、元人気子役というキャリアと女優復帰という目標ゆえに非常に目立ちたがりな性格。野球でもプライベートでもとにかく目立つことが第一であり、あらゆる場面で登場しては自己主張を繰り返し、それが上手くいかないとブーたれるなどわがままで自己中心的なところが目立つ問題児の一人でもあります。

しかしあくまで自分の力で目立つという考え方も持っているようで、他者を踏み台や引き立て役にするなどの悪意ある言動はほとんど見られません(一部度が過ぎたイタズラの類もありますが…)。友人関係では人懐っこい面を見せて様々な相手と絡んでいることからも、普段の行動指針や自己肯定感の高さは女優復帰を目指しているがためのアピールという側面もありそうです。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが、ストーリーが進むにつれて自身の目標について真剣に考えたり、それに対して不安や迷いを見せたりと普段とは違う一面を覗かせることも。そこから垣間見える本心を知れば、ただのワガママ娘という印象も変わって見えるかも…?

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは右翼手。入部当時は完全な初心者でしたが、元子役の演技力の賜物か意外にも基本的なプレーそのものに苦戦している様子はあまり見られません(花山などと比較すると顕著)。一方で自身が目立ちたいがためのスタンドプレーがしばしば見られるなど、問題児要素も隠せていませんが…。

しかしながら同ポジションの九十九の壁はやはり厚く、現状は控えという立ち位置。それでも一年時と二年時の夏の二大会でベンチ入りするなど、未経験者が集う右翼手の中ではそれなりの位置につけています。
とはいえ二年時の夏大会もベンチ止まりであり、最終的に逢坂は彼女に勝てなかった(上級生の九十九はこの大会で引退するため)わけですが…本人はあまりそのことは気にしていない様子。その理由は後述のおすすめエピソード項目にてわかりますのでぜひ。

逢坂ここの入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「貫き通す意地と夢」。

花山とともに演劇部の公演を見ていた逢坂。演劇の内容に夢中になる花山とは対照的に、元子役である彼女はいまいち魅力を感じられずにいました。
もっと派手な舞台で再び女優として返り咲きたい…そんな思いを抱いていると、新入部員の勧誘をする塚原の声が聞こえてきたのです。

©Akatsuki Inc.

その時の会話から逢坂が剣道経験者だと早とちりし、強制的に剣道場へと連行する塚原。上級生が引退し部員が自分一人になってしまった剣道部への思いを語りますが、逢坂は最終的に誤解を解いた後「女優だから顔が隠れるのはNG」と言い残して去ってしまいました。

後日、逢坂は担任教師に「今は芸能活動を休んでいるのなら、部活に入ってみるのはどうだ」と提案されるものの、あくまで女優として活動するんだと逆に意固地に。そんな矢先に偶然泉田と出会い、彼女が所属する女子野球部が本気で甲子園を目指していることを聞かされます。

©Akatsuki Inc.

そこから芸能界への華麗な返り咲きを果たす未来予想図(という名の妄想)を思い描いた逢坂は、「これが自分の道」だとその場の勢いで女子野球部に入部することになったのです。

©Akatsuki Inc.

一方塚原は新入部員の勧誘が上手くいかないことに悩んでおり、その日の放課後の練習にも身が入りませんでした。そんな様子を見ていた掛橋先生は「気分転換が必要」と伝え、顧問を掛け持ちしている女子野球部の見学を提案します。

©Akatsuki Inc.

その日は提案を承諾し実際にバットを振りもしたものの、塚原は翌日にはまた剣道部員として部員勧誘に励みます。そこに再び逢坂が現れ、「見学の時に楽しそうだったから野球部に入るのかと思った」「ひょっとしたら剣道より野球の方が向いているのかも」と素直な感想を述べられますが、塚原それを強く否定
さらには女優を目指しているという逢坂になぜ野球部にいるのか芸能という目指すべき道があるならそれに向かってまっすぐ進むべきではないかと苦言を呈します。

©Akatsuki Inc.

それを受けた逢坂はすかさず反論。「それでは何もかも中途半端に終わってしまう」という塚原に、中途半端かどうか試してみてほしいと勝負を申し込んだのです。

©Akatsuki Inc.

自ら攻撃はせず、逢坂に一本でも取られたら負けというルールのもと勝負を受けた塚原。初心者同然の逢坂では勝負にならないかと思いきや…。

©Akatsuki Inc.

彼女は「これだけは子役同士で練習した」という鋭い突きで、ひたすら塚原を攻め立てたのです。

とはいえ流石に経験者の塚原相手ではそうやすやすと一本は奪えず、次第に息は上がり疲労も溜まっていく逢坂。それでもひたすらがむしゃらに突きで一本を狙ってくる彼女に、塚原は「なぜそこまでするのか」と問いかけます。

©Akatsuki Inc.

必死に積み上げたプライドとともに、再び決死の突きで塚原へと立ち向かう逢坂。勝負の行方は…?

 

そんな勝負を繰り広げた日の帰り道で、塚原は掛橋先生に語りました。

©Akatsuki Inc.

彼女との勝負を通じて、友と研鑽する大切さを感じ…もう一度女子野球部の見学をさせてほしい、と。

塚原と逢坂、道は違えど高みを目指す二人の根底と初心が描かれたエピソードですね。

逢坂ここと関係の深い人物

特定のグループには属していないものの、前述の通り人懐っこく様々な相手と絡めるため交友関係は広い逢坂。その中でも特に目立つ相手を紹介します。

椎名 ゆかり
自身のわがままにも付き合ってくれる間柄にして、演技派でもある逢坂が腹を割って話せる何気に貴重な人物。野球だけでなくプライベートでも一緒にいる場面がしばしば見られ、親友と呼んで差し支えない関係を築いています。

©Akatsuki Inc.

一方で椎名はよき友人として接しつつも、逢坂の向上心やまっすぐさに対して時折複雑な表情を見せることも。
それが意味するものも含め、今後もさらなる関係性の掘り下げに期待したい一人ですね。

九十九 伽奈
同じ右翼手かつ野球未経験者でありながら、持ち前の才能でレギュラー奪取の高い壁となっている人物。感情表現豊かな逢坂とは対照的に常に冷静な性格ということもあり、彼女に対して強く反発したこともありました。

©Akatsuki Inc.

しかし後述のとあるエピソードを期に逢坂は九十九の才能を、九十九は逢坂の情熱を素直に認めるようになります。結果として九十九の才能に対抗心を剥き出しにする逢坂逢坂のがむしゃらな情熱に心動かされる九十九という良好なライバル関係を築くに至りました。

前述の通り最後まで彼女を押しのけてレギュラーとはいかなかった逢坂ですが、関係の掘り下げができそうな舞台はまだまだあります。ベンチに入ってともに戦う夏大会、そして九十九ら上級生組の引退…その時に逢坂が何を思うのか、楽しみにしたいと思います。

©Akatsuki Inc.

それともう一人逢坂を語る上で欠かせないのが、明條学園のキャプテンである大咲みよ。入部エピソードで少しだけ触れられた「大黒谷」とは彼女のことで、かつては子役として逢坂の後塵を拝し続けていたのですが、現在は野球アイドルとして芸能界では逢坂の一歩先を行っています。
再会して間もない頃はそんな大咲を下に見ている節もありましたが、彼女の活躍を見ていくうちに逢坂にも気持ちの変化が起こります。そこもまた注目ポイントの一つですね。

これを読もう!逢坂ここおすすめエピソード

目立ちたがりな性格からあらゆるエピソードに出張る逢坂。その魅力はストーリーを読み進めていくだけで感じることができるため、ここでは彼女にとって転機となった真面目なエピソードを紹介します。

・勝ち取るべき居場所(1年生編サイドチャプター・9月下旬)
右翼手のレギュラーを争う九十九との戦い(?)が描かれるエピソード。

ある日オーディションの情報誌を読んでいた逢坂は、ふと最近自分が目立てていないという危機感を覚えました。野球では有原東雲に勝てず、一番目立てる投手としても彼女ら主力選手には敵わない…そこで今度の練習試合では本職の右翼手としてスタメン出場し注目を浴びようと画策しますが、一緒にいた椎名に「伽奈先輩がいるしかなり厳しいと思う」と言われてしまいます。

©Akatsuki Inc.

それでも諦めることはせず、椎名も巻き込んで九十九の偵察や自身の特訓に精を出す逢坂。しかしある日、当の九十九本人が冷静な口調で指摘してきたのです。
自分と逢坂の実力差は明白であり、そんな状況で次の試合に備える意味はない。だったら今のような特訓ではなく、基礎を鍛えた方が今後に繋がるはず…。それは今まで数多くの部活動を経験し、経験が浅くともすぐにレギュラーに選ばれていた九十九だからこそ知っている、才能が示す残酷な事実でした。
同時にその言葉で、逢坂はかつて子役として他の子達を押しのけて活躍していた自分は九十九側の人間だったこと、そして今は自分がその「他の子達」の立場であると実感します。

©Akatsuki Inc.

だからこそ才能に負けたくないと発奮した逢坂は、九十九に宣戦布告をしたのでした。
しかしそんな彼女の姿に、パートナーの椎名はどこか複雑そうで…?

そんな椎名との本気のぶつかり合い、そして九十九との真剣勝負…ぜひゲーム本編で結末を確かめてほしい、個人的に強くおすすめできるエピソードの一つです。

・徒道に光る意思(2年生編メインチャプター・7月中旬)
二年目の夏大会を前にした逢坂の揺れ動く心が描かれるエピソードです。

夏大会前の非公式戦、AGBL(紫陽花ガールズベースボールリーグ)で注目度が上がった大咲にライバル心を燃やして練習に励む逢坂。その甲斐あってか、見事夏大会でベンチメンバーに選ばれます

©Akatsuki Inc.

しかし逢坂は、モチベーションの上昇とは裏腹に自身の目標に対するブレのようなものを感じていました。試合で大活躍して目立ちまくり、チームの勝利に貢献するという目標は変わらないはずなのに、その先をどうしたかったのかがわからなくなっていたのです。

©Akatsuki Inc.

逢坂がそんな迷いを抱えていると、件の大咲がグラウンドに現れました。彼女は有原に先日(詳細は2年生編メインチャプター・7月中旬「心を広げる言の葉」で)撮影した女子野球部の動画を通じて有原らの情熱が広がりつつあること、当初の目標であった女子野球大会のテレビ中継の実現に向けて一歩前進できたことへの感謝を伝えます…が、一方でかつてライバル視していた逢坂にはまったく興味がなさそうでした。

そんな大咲の様子を見て逢坂は腹が立ち、練習後にストレス解消も兼ねてバッティングセンターで自主練することに。しかしそこで偶然大咲を見かけ、その努力する姿を目の当たりにした逢坂は…。

©Akatsuki Inc.

この後に描かれる、かつて子役同士でしのぎを削ったライバルだからこその語り合いは必見。逢坂が目指す「女優・逢坂ここ」の理想像の話も含め、彼女を語る上で外せないエピソードといえるでしょう。

個人的考察とまとめ・椎名に見出す母性?

ここまで逢坂ここというキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「母親との関係の推察から導かれる、椎名と親友になったわけについて」。

前述の通り、逢坂は椎名と親友として深い信頼関係を築いています。しかし逢坂は元々特定のグループには属さず、気まぐれに現れてはあらゆる相手と絡むというスタンスでした。
今回はそんななかで(目立った共通点があるわけでもない)椎名とここまで深い関係になった理由について、いつものように妄想を重ねつつ作中の描写も拾いながら考察してみたいと思います。

まず椎名が他のキャラクターと違う点として、逢坂のわがままを基本的に受け入れているということがあげられます。練習に付き合ってほしい、一緒にチョコレートケーキを作ろうetc…そんなリクエストに何度も笑って応えてくれるのは椎名だけであり、そのようなことを繰り返していれば逢坂が彼女を信頼するのも必然といえるでしょう。

加えてもう一つ大きな要因として考えられるのが、おすすめエピソードで紹介した「勝ち取るべき居場所」をはじめ、時折言及される逢坂の母親の存在です。
作中での「こんな役(脇役)じゃママが許してくれるはずない」「事務所とお金の話で揉めた」といった逢坂の台詞から、普段はともかく芸能活動に関してはシビアな印象を受ける逢坂の母親。子役の活動に関しては、本人も「自分に向いていた」と言っているので嫌々させているわけではないとはいえ、前述の台詞を見るに完全に逢坂のやりたいようにやらせているということもなさそうです。

そして女子野球部も、本人にとっては(必要性は理解しているとはいえ)地味でやりたくない基礎練習に励まざるをえない、試合に出場して活躍するのも難しいなど、やりがいはあれどわがままな逢坂にとっては何かと抑圧されることも多い環境。自由人に見られがちな彼女ですが、それは過去、そして現在に至るまで意外にも束縛が多い生活を送ってきた反動だったのかもしれません。

そんななかで椎名は逢坂のやりたいことを頭ごなしには否定せず、時には笑って付き合ってくれました。それはすなわちありのままの自分を肯定してくれることに他ならず、何かと不満も多い生活の中での大きな癒しとなったことが想像できます。言うなれば実の母親にはやや感じづらかったバブみ母性のようなものを椎名に感じたからこそ、本気で話し合える間柄にまで関係が発展したのかもしれないと感じました。※妄想です!
実際のところ、「勝ち取るべき居場所」のラストシーンは友人というよりは親子のようなやりとりにも見えますしね…(笑)

何をしても目立つ明るさに加えて物語を盛り上げる賑やかし役、そしてライバル達との対決や親友に漏らす本音など、女優らしいマルチな活躍が魅力な逢坂。そんな彼女の輝きは、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました