元気いっぱいな野生児ムードメーカー!秋乃 小麦の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは秋乃あきの 小麦こむぎです。名前の通り健康的な小麦色の肌が印象的な彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

秋乃小麦の概要

©Akatsuki Inc.

小柄な体格ながらとんでもない身体能力を秘めた女子野球部きっての野生児。
動物と話せる(自称)という変わった特技を持ち、肩に乗せているリスのルーちゃんは一心同体の親友です。

担当声優の田中あいみさんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

秋乃小麦はどんなキャラ?

無邪気を絵に描いたような底抜けに明るい性格で、年齢の割に非常に幼い言動が目立つ元気っ子。とにかく走り回ることが大好きで、野球部に入部したのも走り回れるからという単純明快な理由からです。
そのためか(?)勉強は大の苦手で、野球バカとして知られる有原などを差し置いて女子野球部成績最下位を誇るほど。よく高校入れたな…

純粋無垢で裏表がまったくないため、誰に対しても非常に積極的かつフレンドリーに接します。部員達のことは例外なく下の名前で(ひらがなで)呼び捨てにしており、上級生に対しても変わらないあたり彼女の無邪気さは相当なものですね。みんな寛大でよかった

©Akatsuki Inc.

良くも悪くも無邪気すぎるために周りを振り回すこともあるものの、時にその明るさで様々な人物を(無自覚に)救ったり、チームの士気を上げたりすることも。そんな無邪気さ、無自覚さが彼女の魅力ですね。
また普段はまるで小さな子供を見ているかのようにハラハラさせられる彼女ですが、その性格ゆえに悪意ありきの行動をとることは一切ありません。そういう意味では、あらゆる言動をとても安心して見ていられるのも魅力の一つといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは一塁手。野球は初心者ですが身体能力は抜群で、入部エピソードでは陸上経験者の竹富と張り合えるほどの脚力を見せています。
時に味方の予想を裏切るほどの野性味溢れるプレーを見せますが、やはりというか何というか頭脳面がネックな模様。高い身体能力を持ちながら一塁手に配置されたのも、あまり複雑なプレーをしなくてもいいようにということかもしれません。逆に言うと、そこをカバーできれば一気に伸びる可能性を秘めているといえます。でもそうなったらもう別人な気が…

一年目は夏大会・春大会とベンチ入りを果たしていましたが、大一番となる二年目の夏大会ではついにベンチ外となってしまった彼女。悔しさをバネに飛躍できるか、そもそも悔しいという感情を知ることができるのか、注目していきたいところです。

秋乃小麦の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「宿敵を繋いだ小さな手」。

部員集めの一環としてチラシ配りに励む女子野球部。しかしある時、有原はそれを偶然手にしたある人物に詰め寄られます。

©Akatsuki Inc.

その人物とは、中学時代に陸上の全国大会で知り合った竹富。彼女は有原高校でも当然競い合えると思っていたため、女子野球部の代表として部員を募っていた有原に問い詰めに来たのです。しかしすぐに陸上部の先輩に引っ張られ、その場を後にすることに。
そんな竹富と入れ替わりにやってきたのは…。

©Akatsuki Inc.

翌日、有原は新入部員が来てくれたと言って部員達に紹介しようとしますが、本人はその前に部員募集のチラシを持って外に出てしまっていました。
それを追っていくと、件の新入部員である秋乃がチラシを配りまくっていたのです。

©Akatsuki Inc.

その過程で、秋乃がとんでもない身体能力を見せつけていくところで場面は切り替わります。

©Akatsuki Inc.

一方竹富有原と対決するだけなら別に陸上部にこだわる必要はない」と考え、高らかに転部を宣言していました。
しかし竹富は陸上での推薦入学者。陸上部をやめるということは、推薦による待遇がなくなるということを意味します。竹富パートで忙しい母親に心配をかけたくないという一心で、自分の中のライバル心を抑え「大人」になろうとしますが…。

©Akatsuki Inc.

そこでひたすらチラシを配り、無邪気に野球部へと勧誘する秋乃と出会ってしまいます。有原のことを思い出したくないためにその場を走り去る竹富でしたが、秋乃も負けじとそれについていき最終的に話をすることに。

©Akatsuki Inc.

有原への未練からか次々と言葉が出てくる竹富に、「そんなに言いたいことがあるなら一緒に野球部に入ろう」と言う秋乃。しかし竹富は自らに言い聞かせるように「大人の事情がある」と断ります。

©Akatsuki Inc.

しかしその気持ちを本人に全部話そう!という秋乃に引っ張られ、部室にいる有原のもとへ行くことになりました。
そうして対面した有原竹富は…。

©Akatsuki Inc.

決別のような言葉を言い捨てて去ってしまいます。

それを追いかけ、なぜあんなことを言ったのかと尋ねる秋乃すらも拒絶しようとする竹富

©Akatsuki Inc.

しかし竹富が「時にはやりたいことを我慢するのが大人」と言うと、秋乃は竹富のやりたいことである有原との勝負を今すぐしてしまおうと提案します。それを聞いていた有原が快諾したことで、竹富は未練を振り切るためにその勝負に臨むことに。

©Akatsuki Inc.

…しかし、結果は竹富の負け。中学時代と同じように、彼女はまた有原に負けてしまいました。
そうして騒ぎを聞きつけてやってきた陸上部顧問の教頭に、竹富は宣言します。

©Akatsuki Inc.

自分には走ることよりも、再び負けたことで蘇ったこの「悔しい気持ち」の方が大事だと。だから母親には全力で謝り、推薦の待遇を取り消してでも野球部に入りたいと言い放ったのです。
それを受けて、子供じみた甘えもいい加減にしろという教頭に…。

©Akatsuki Inc.

そう言い放って、秋乃とともに野球部に入ることを決意したのでした。

©Akatsuki Inc.

…先行きが不安になる、間の抜けた疑問とともに。

無理やり大人になろうとする竹富を、その無邪気さで結果的に納得いく結末に導く秋乃。最初の登場ながら二人の魅力が詰まったエピソードですね。

秋乃小麦と関係の深い人物

底抜けに無邪気でフレンドリーゆえに、特定の誰かに執着することも蔑ろにすることもほとんどない秋乃。上記の入部エピソードでも下記のおすすめエピソードでもまったく違う相手と絡んでおり、明確に関係が深いといえる相手はあまりいませんでした。
しかしストーリーが進むにつれて、ある人物との関係が発展してきたのです。

坂上 芽衣
シンデレラストーリー「小麦色の世界」にて、ライバルチームの一つであるさきがけ女子高校のキャプテン・芹澤結と出会ったことをきっかけに、三人ぐるみでの交流が増えました。

©Akatsuki Inc.

その後はチーム内でも個人的に関わることが増えていったのですが…二年時の夏大会を前に坂上がかつての後輩・樫野亜沙と再会したことで、その関係は一気に加速します。
詳細は後述のおすすめエピソードにて。

これを読もう!秋乃小麦おすすめエピソード

登場するたびに様々なキャラクターと絡む秋乃。その中でも特に彼女の魅力が発揮されているものを中心に紹介します。

・熱夏は止まず(1年生編メインチャプター・7月下旬)
女子野球部にとって最初の公式戦となる夏大会の初戦を描いたエピソードです。

初戦の対戦相手は野球アイドル・大咲 みよを中心としたチーム、明條学園。序盤の有原らの活躍もあり、4-1とリードしたまま最終回を迎えます。そこで相手がファーストフライを打ち上げますが、一塁の守備についていた秋乃は緊張でガチガチになっていました。

©Akatsuki Inc.

無事に捕球はできたものの、試合後に東雲から慌てていた理由を尋ねられると…。

©Akatsuki Inc.

普段は無邪気な彼女が野球に対して恐怖心を抱くという、貴重な一面を見ることができるエピソードです。

・キャンバスに描く大切なもの(1年生編サイドチャプター・9月上旬)
とあるコンクールをめぐる女子野球部を描いたエピソードです。

ある日の朝、天草が見ていた校内新聞の横に絵画コンクールのお知らせが貼ってあることに気付いた野崎と秋乃。絵を描くのが好きな天草に応募を勧めてみますが、本人は「虚栄と偽善のカタマリ」「型にはまったいい子ちゃんな絵が欲しいだけ」と取り合いませんでした。

©Akatsuki Inc.

しかし副賞の賞品券で野球用具を揃えるため、あまり気乗りしないながらも絵を描いて応募することに。そんな天草に、秋乃はあれやこれやと関わります。

©Akatsuki Inc.

絵を描くのに集中できるように手伝ったり、ルーちゃんをモデルにしたり…などなど無邪気に手を貸しますが、結局どれも成果には繋がらず。しかしその様子は天草のモチベーションの変化に一役買ったようで、どうにか納得いく絵を完成させようと奮起させることに成功しました。

しかしそうして完成した絵も、最終的にはコンクールには送らずに描き直すことにした天草。しかしそこに秋乃が現れ…?

©Akatsuki Inc.

秋乃の無邪気さが功を奏する代表例といえる、心温まるエピソードですね。

・聖夜に集う赤帽子(1年生編サイドチャプター・12月中旬)
クリスマスの様子を描いたエピソード。

近藤野崎直江とともに仙波家のクリスマスパーティを計画していた秋乃。そんな彼女らに感謝しつつも、仙波には元気盛りのきょうだい達が行儀よくできるかという懸念がありました。案の定それは現実のものとなり、サンタに扮した部員達にやりたい放題になってしまいます。

©Akatsuki Inc.

しかしそこで秋乃は(無意識に)一肌脱ぎ、ルーちゃんと一緒に人形劇をすることできょうだい達の気を引きます。その間に準備を進めることができ、ドタバタしつつもパーティを無事成功させることができたのでした。

キャンバスに描く大切なもの」と同じく、秋乃の他者を思いやる純粋な気持ちが事態を好転させたほっこりエピソードの一つです。

・硝子が割れても
・木の上でひとり(どちらも2年生編サイドチャプター・7月下旬)
坂上との関係性の発展が描かれるエピソード群です。

無事に初戦を白星で飾った女子野球部。その試合後、坂上は落とし物のキーホルダーをきっかけに中学時代の後輩・樫野亜沙と再会しました。

©Akatsuki Inc.

昨年度の活躍を見ていたという彼女と思い出話に花が咲きますが、ふとキーホルダーの話題になった際に中学時代の暗い思い出がフラッシュバックしてしまいます。坂上は当時誰にも打ち明けられず無言でチームを去るという選択しかできなかったため、自身を慕ってくれていた樫野に対して後ろめたさを覚えていました。

©Akatsuki Inc.

樫野と別れた後、坂上はその迷いを秋乃にこぼしますが…。

©Akatsuki Inc.

そんな迷いも含めて受け入れてくれた秋乃に、坂上一つの約束をしたのでした。

©Akatsuki Inc.

秋乃は坂上の意思を尊重し、自分から伝えられるようになるまで待つことを決めたのですが…翌日に秋乃も偶然樫野と出会ったことで、その気持ちが揺さぶられます。

©Akatsuki Inc.

かつて自分から話を聞くことができなかったせいで、坂上が何も言わずいなくなってしまったと考えている樫野。そんな彼女の言葉を受け、秋乃は自分がどうすべきか考えます。

©Akatsuki Inc.

タイトルの通り、木の上でひとり思い悩む秋乃。果たして彼女が出した結論は…?

坂上との関係を通じて、秋乃の友達を想う素直な気持ちを強く感じられるエピソードですね。

 

またここでは紹介していませんが、関係の深い人物の項目で触れたシンデレラストーリー「小麦色の世界」もおすすめ。低難易度のらいと版がないため初心者にはやや攻略のハードルが高いですが、坂上や芹澤との関係の始まりが描かれていますよ。

個人的考察とまとめ・負の感情を抱くことはある?

ここまで秋乃小麦というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「どうしたら秋乃は負の感情を抱くのかについて」。

ここまで繰り返してきたように秋乃はとにかく無邪気かつ裏表のない人物で、負の感情を見せるシーンは片手で数えられるほど。正に負をかけても謎の力で正になるくらいの無邪気さです(数学的例え)。

というわけで…考察というより妄想で恐縮ですが、そんな秋乃が何かしらの負の感情を抱くとしたらどういった要因があるのかをあえて考えてみたいと思います(悪趣味…)。

・野球の怖さを知る(恐怖)
まず思いつくのは恐怖の感情。前述の通り、作中で見せた数少ない負の感情の一つでもあります。たった一球ですべてが終わってしまう可能性もあるという野球の怖さは、それまで無邪気にプレーしていた秋乃さえも脅かすものでした。
より上達して高いレベルでプレーすることになれば当然プレッシャーも強くなるでしょうし、そうなれば「上達を素直に喜べない」という感情が生まれてくるかもしれません。また自身がプレーせずとも、チームメイトがプレッシャーに負ける姿を見て恐怖を覚えるという展開も…。
そもそもそんな感情が彼女に芽生えるかが不明ですが(慣れたらそれすらもはねのけそう)、可能性の一つとして考えておきたいと思います。

・誰かを特別視する(嫉妬)
もう一つ思いつくのは嫉妬の感情です。ただ秋乃は他人を羨むことがほぼなく、なおかつ誰とでも同じように接する人物。そんな彼女が嫉妬という感情を抱くには、誰かを特別視することが必要でしょう。
現状では誰かが誰かと親しくしていても平和な秋乃ですが、もしも特定の人物との関係が変われば独占欲が生まれ、その人物に対して親しくする相手に何かしらの感情が芽生えるかもしれません。
候補は多すぎて絞りきれませんが、個人的にはさきがけ女子の芹澤と交友があるという共通点を持つ坂上を特別視して、彼女と二遊間を組む有原に…とかどうだろうかと思います(この子もいいぞ!という意見があればぜひコメントお願いします)。

※2020/09/15追記 本日追加の新チャプター「硝子が割れても」にて、坂上との明確な絡みが描写されました。ここからさらに発展していくのか注目ですね。

・友達(動物)を傷付ける(怒り・憎しみ)
他者への怒りや敵意を見せることもほぼない秋乃ですが、流石に大切な友人を傷付けられたら怒るでしょう。部員に限らず、ルーちゃんをはじめとした仲のいい動物達でも同様です。
試合での意図的なラフプレーや、何かしらの動物虐待などのエピソードがあればと思ったのですが…あまり深く妄想しても不健全そうなので、今回はこのくらいにしておきます。

 

…いろいろ書いてはみましたが、秋乃は野球に対する考え方や他者との関わり方が変わらないからこそのキャラクターという気はします。かろうじてあるとすれば、誰かを特別視することによる嫉妬心が一番健全で微笑ましいでしょうか。やはり彼女は上記の展開とは無縁な「芯のぶれないキャラクター像」が最大の魅力だということを改めて感じました。

何かと二面性やギャップがあるキャラクターも多いなか、有原などと同じくいい意味で安心して見ていられる秋乃。そんな彼女の活躍はぜひゲーム本編で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました