アーチを描きたいアーチスト!天草 琴音の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは天草あまくさ 琴音ことねです。おでこがよく見えるおかっぱが特徴の彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

天草琴音の概要

©Akatsuki Inc.

芸術家気質で、特に絵画に対して強いこだわりを持つ少女です。
独特の価値観を持っており、それに基づいた行動で周囲を振り回すこともしばしば。

担当声優の奥野香耶さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

天草琴音はどんなキャラ?

芸術家肌かつ非常にマイペースな性格で、良くも悪くも自分の価値観に正直に動く不思議ちゃん。運動経験がないにもかかわらず「美しい放物線を描きたい」という理由だけで野球部に入部したり、料理やお菓子を前衛芸術的な仕上がりにしたりなど、傍から見れば奇行のように映る言動がしばしば見られます。

©Akatsuki Inc.

加えて独特の美意識の持ち主であり、それを理解しない相手には辛辣な態度をとることも。基本的に自分の価値観に基づいた言動を曲げることはなく、特に後述の朝比奈とはそれが原因でちょっとした騒動に発展することも珍しくありません。
一方でほとんどの部員を名前呼びしていたり、イベント事には比較的顔を出していたりと、変人寄りなパーソナリティながら(失礼!)部内での交友関係は良好な様子。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは一塁手。貴重な左利きのプレイヤーでもありますが、基本は素人ということもあり選手としての実力はまだまだなようです。
後述の入部エピソードから美しい放物線(アーチ)を描くことにこだわっていますが、その思いとは裏腹に打撃よりも守備の才能に優れていることが作中で言及されています。そのため同じ一塁手で長打力があり、友人でもある朝比奈には特別な思いがある様子。

作中で描写された公式戦では未だベンチに入ったことがなく、選手としての活躍はあまり描写されない天草。レギュラーである朝比奈の影響を受けての奮起に期待したいところですね。

天草琴音の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「二人が描いた放物線」。

環境も整い部員も増えてきた5月上旬、有原の紹介のもと経験者という触れ込みで見学にやってきた朝比奈。しかし実際は野球をやっていたのは小学生までで、中学からはソフトボールをしており高校でもソフトのクラブチームに入るつもりだといいます。
結局早とちりだったのか…などと話をしていると、突然部室のドアがノックされてある人物が姿を現しました。

©Akatsuki Inc.

その人物とは、朝比奈と同じクラスの天草。芸術家気質である彼女は、昨日見た「青空に描かれた放物線」を誰が描いたのか尋ね、もう一度見たいと激しく追及したのです。

©Akatsuki Inc.

そのままの流れで一緒に練習見学に行くことになった二人。朝比奈は野球に興味があるという天草に練習内容やルールの解説をしますが、当の天草は土煙やグローブなどプレイとは関係ないところばかり見ていました。それにツッコミを入れるものの、本人は「この風景美の根源について教えてほしい」といたってマイペースな物言い。

©Akatsuki Inc.

そのさなかで打ち上げられた打球に見入った天草は、勢いのままに入部を宣言。そんな独特かつ破天荒な彼女の振る舞いに朝比奈は思わず「変なの」と言葉をこぼしますが、それを天草に追及されます。

©Akatsuki Inc.

いつも絵を描いていたのにいきなり野球を始めるのは変」という朝比奈に、天草は「いろはの方が変」と反論。そしてなぜ野球が好きなのにソフトボールをやっているのかと朝比奈に問いかけますが…。

©Akatsuki Inc.

…翌日、なぜそんな言葉が口をついて出てしまったのか考える朝比奈。天草はそんな彼女に声をかけ、

©Akatsuki Inc.

「変だ」とか「普通はこうだ」という物言いをする人を、そう形容したのです。

その日の放課後。未だにどのクラブチームに入るか決めていない理由を先生に尋ねられるも、うまく答えられず言い淀んでしまった朝比奈は、練習でボロボロになった天草とまた顔を合わせました。その姿を見て朝比奈なぜ放物線のためにそこまで頑張れるのか尋ねますが、天草は「美しいから」「綺麗だから」としか答えません。
朝比奈がそれに理解を示さないことにしびれを切らした天草は、(なぜか)彼女を美術館に連れていきました。

©Akatsuki Inc.

そこで目を輝かせて絵画の解説をする天草を見ながら、朝比奈は自分が同じように輝いていた頃のこと、そこからなぜソフトボールにこだわっているのかと思考を巡らせ…。

©Akatsuki Inc.

そして気付きました。自分がソフトボールをしていたのは、女子はそれが普通などとつい口にしたのは、自分が本当にやりたいことを押し殺していたから。野球ができる環境がないというだけでソフトボールに移って、それがいつの間にか当たり前になっていたために、普通という居心地のいい場所から外へと踏み出せずにいたのだと。

©Akatsuki Inc.

それから美術館を後にし、天草にとっての大事なものである「放物線の絵」を見せられた朝比奈は…。

©Akatsuki Inc.

自分にとっての「大事なもの」を思い出し、その情熱を女子野球部で再び燃やすことにしたのでした。

©Akatsuki Inc.

天草も見とれるほどの美しい放物線を、始まりの一歩として。

天草の情熱を見て自分が本当にやりたいことを思い出すという、王道ながらも熱い展開が魅力のエピソードですね。

天草琴音と関係の深い人物

孤高の芸術家タイプのように見えて、意外にも他の部員達とは分け隔てなく絡む傾向にある天草。しかしその中でもある人物は特別なようで…?

朝比奈 いろは
入部エピソードから始まり現在に至るまで、野球でもプライベートでも様々な絡みがある人物です。
しかし芸術家気質でマイペースな天草に対し、朝比奈は直情的な野球バカと性格は正反対。お互いに意外と頑固で負けず嫌いなところも相まって、時折周囲を巻き込んだ勝負にまで発展することも。

©Akatsuki Inc.

しかしそれは仲が悪いからではなく、むしろお互いを単なる友人を超えた特別な枠として見ているからこそという印象です。特に他の部員に対してはあまり強い感情表現をしない天草ですが、朝比奈にだけは(上の画像のように)遠慮なく思いの丈をぶつけていることからもそれが窺えます。
同学年同ポジションということに加え、後述のエピソードから選手としての絡みも期待できそうな二人。今後も楽しみに見ていきたいですね。

これを読もう!天草琴音おすすめエピソード

その気質から、エピソードでも何らかの形で芸術が関係する(無理やり関係づけるともいう)ものが多い天草。特に印象に残るものを紹介していきます。

・キャンバスに描く大切なモノ(1年生編サイドチャプター・9月上旬)
絵画と向き合う天草の姿を描いたエピソードです。

ある日の朝、天草は野崎秋乃に絵画コンクールのお知らせが貼り出してあることを知らされます。二人はいつも絵を描いている天草に応募を勧めてみますが、当の本人は「どうせ型にはまったいい子ちゃんな絵がほしいんだよ」と気乗りしない様子。

しかしその日の練習中、部員が増えて用具が足りなくなってきたのを解決する手段を考えていたところ、野崎が今朝の絵画コンクールのことを思い出しました。コンクールの特賞はまとまった額の商品券が副賞についていたため、それで用具を揃えるのはどうだろうかと提案したのです。

©Akatsuki Inc.

一応その分の対価はもらえるということで了承した天草ですが、やはり気が向かないせいか、野崎らの協力を得ても題材選びも筆の乗りもパッとしないまま。

©Akatsuki Inc.

しかしその過程で野崎野球部を思う気持ちに刺激を受け、本気で取り組むことを約束したのです。
そして…。

©Akatsuki Inc.

誰かのために描く」という不慣れな経験を通して、「自分の芸術」について考える天草の姿が印象的なエピソードですね。

・雪舞うイブの聖菓(1年生編サイドチャプター・12月中旬)
クリスマスの一幕を描いたエピソードです。

クリスマスが近付いてきたある日のこと。天草は海外の仕事から帰ってくる父親をクリスマスケーキで驚かせるため、当日のパーティに向けて構想を練っていました。
そんな折に、阿佐田から「知り合いの洋菓子店を一緒に手伝ってほしい」と頼まれます。よりによってクリスマスイブに人手不足に陥ったとのことだったのですが、天草は「ケーキ屋の手伝いなら自分でケーキを作れる」と思い即座に承諾。その思い込みに乗った阿佐田(と巻き込まれた九十九初瀬)とともに家庭科室でケーキを試作してみますが…。

©Akatsuki Inc.

天草作の外見は(本人曰く)綺麗ですが味が悪いケーキと、阿佐田達作の外見は悪いですが味はいいケーキができあがります。それを受けて納得いかない様子の天草に、阿佐田はある言葉を口にしました。

©Akatsuki Inc.

それを受けて「見た目よりも中身の芸術」について考えた天草が、クリスマス当日のために選んだケーキは…?

©Akatsuki Inc.

天草のちょっと純朴なところが見られるほっこりエピソードです。

・一心一意に一本足(2年生編メインチャプター・7月中旬)
二度目の夏大会前の合宿を描いたエピソード。

厳しい合宿も残り二日を切った日の夜、朝比奈のスマホに中学のソフトボール時代の友人からメッセージが届きました。その内容を見て、朝比奈はかつての自身の打撃スタイルと今の打撃スタイルについて考えます。

©Akatsuki Inc.

そんななかで直江に声をかけられ、朝比奈は今しがた受信したメッセージのことを話しました。しかし考え事をしていたせいで伝え方がまずくなり、直江に「ソフトボールに戻るかもしれない」という印象を与えてしまいます。
それを心配した直江はたまらず天草に相談しますが…。

©Akatsuki Inc.

そうして迎えた翌日。合宿の仕上げとして行われた紅白戦で出塁した直江は、一塁の守備につく朝比奈と塁上で話をしました。

©Akatsuki Inc.

その言葉を受け、「チームのために」という思いをより強めて残りの打席に臨んだ朝比奈。しかし結果は伴わず、自分のしたい打撃とすべき打撃の違い理想と現実のギャップに思い悩んでしまいます。
それでもチームのために自分ができることをしよう!と思い立った矢先、突然天草に声をかけられました。

©Akatsuki Inc.

その目的は居残りでのバッティング練習だったのですが…天草はわざわざマウンドに登って練習相手を務めつつも、朝比奈がどんな打球を放っても「理想の放物線を見せてくれるまで」と納得した様子を見せません。それにしびれを切らした朝比奈が「なんでそこまで放物線にこだわるのか」と尋ねると…。

©Akatsuki Inc.

天草は朝比奈の描くアーチへの思いと、それが自分で描けない葛藤…そして描けるはずの朝比奈がくよくよしていることへの苛立ちを吐露し、最後の一球を投げ込みました。
それを打ち返した朝比奈の打球にも、天草はまた苦言を呈し…。

©Akatsuki Inc.

最後にそう言葉を残したのでした。

このシーンの後に明かされる天草の思い、それを受けた朝比奈決意を新たにするシーンは、二人の関係の到達点ともいえる名場面。ぜひゲーム本編で見てほしいエピソードですね。

個人的考察とまとめ・意外と合理主義?

ここまで天草琴音というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「天草が意外と合理的だと思う理由について」。

管理人の持論ですが、天草は表面的な印象とは裏腹にとても合理的かつひたむきな人物だと思っています。芸術家というと無駄を好み、無駄に価値を見出すことが多い印象があり(偏見?)、実際彼女にもそういった面はあるでしょう。

しかし天草の場合、マイペースな振る舞いから変人だと思われがちですが、その言動を見ていると常に「自分の目的、自分の美意識のため」という一貫した指針があることがわかります。
上記で紹介したエピソードでも、コンクールで特賞を取ることではなく「自分の好きなものを描く」ことを主眼に置いて行動する、自分で作ると意気込んでいたケーキを最終的には目的を達成するためにお店のものにするなど、その思考が垣間見える描写がちらほら。

野球に対しても、入部エピソードでは「美しい放物線を描きたいから、そのために必死に練習する」姿を見せ、前述の「一心一意に一本足」でも「自分ではまだ打てないと理解し朝比奈に託す」など、とにかく合理的かつ目的のためにひたむきに行動し、結果的に朝比奈の心を動かしています。
バッティングに迷いがあった朝比奈に苛立っていたのも、彼女が「大好きな一本足打法でかっ飛ばす」という目的以外の余計なことで悩んでいたからなのでしょう。なまじ自身が目的にまっすぐになれるぶん、朝比奈がそうしていなかったことに立腹してしまったのかもしれません。

そんな天草でも、プライベートでは朝比奈に対して無駄に言い返したり意地を張ったりしているのが面白いところ。朝比奈との関係も含めた彼女の活躍を、ぜひゲーム本編でも楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました