これぞメインヒロイン、愛すべき野球バカ!有原 翼の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回からキャラクターごとの個別紹介をやっていこうと思います。
記念すべき最初のキャラクターはやはりこの人、ハチナイの実質的な主人公にしてメインヒロインの有原ありはら つばさです。前置きでグダグダと語るのもなんなので、さっそく本題にいってみましょう!

有原翼の概要

©Akatsuki Inc.

プレイヤーの分身である主人公とともに、本作の舞台である女子野球部を創設。同野球部のキャプテンとしてチームを引っ張るリーダー的存在です。

担当声優の西田望見さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

有原翼はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

メインヒロインらしく明るく前向きで、人当たりのよい陽キャラのお手本のような性格。そして何より上のプロフィールからもわかるように、野球がすべてといっても過言ではないほどの生粋の野球バカな少女です。
部員もグラウンドもない状況から甲子園を目指すべく女子野球部を創設するなどその情熱は凄まじく、コミュ強な人物像と後述の高い実力も相まって多くの人物を野球部の活動に巻き込んできました。

©Akatsuki Inc.

選手としての実力は作中トップクラスで、走攻守投すべてに優れた遊撃手および投手として活躍しています。その実力はプロを目指している東雲をはじめ、他校の主力選手からも一目置かれるほど。
身体能力や技術だけでなくメンタル面も対戦相手の印象に残るほど強く、どんな逆境でも「野球を楽しむ」ことを第一に掲げ、なおかつその意識をチームに伝播させられるリーダーシップも併せ持っています。中学時代に有原のチームに敗れた東雲や柊にも(無意識に)多大な影響を与えるなど、まさに中心人物と呼ぶに相応しい選手といえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

一方で野球以外はからっきしであり、特に勉強は大の苦手。試験前は野球の際の強メンタルもすっかりなりを潜め、鉛筆ダイスに頼ろうとするなどの情けない一面を晒してしまいます。そんなザ・野球ゲームの主人公といった人物像こそが彼女の魅力といえるでしょう。

有原翼の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「君と目指す場所」。
前述の通り女子野球部の創設メンバーであり、彼女の一念発起から本作の物語は始まりました。

幼い頃からの夢であった甲子園に女子は出場できないということを中学時代に知った有原は、高校では野球をやめて憧れの選手であった主人公を応援することにしていました。しかし高校進学後に出会った彼は肩を壊しており、野球からも離れてしまっていたのです。
しかしそのことで逆に野球への情熱が再燃した有原は、自身は選手として、そして主人公を監督とすることで一緒に甲子園を目指すという新たな目標を見つけました。そんな彼女に感化され、主人公は再び野球へと携わることを決めたのです。

©Akatsuki Inc.

この出来事をきっかけに、主人公と有原は部員集めや部室・練習場所の確保、学校(というか教頭)との対立などを乗り越えて女子野球部を作り上げることになります。
野球への情熱とまっすぐな気持ちが周りを巻き込み突き動かすという、彼女らしさがギュッと凝縮されたエピソードですね。

有原翼と関係の深い人物

メインヒロインなだけありほとんどのキャラクターと多少の絡みはありますが、その中でも特に目立つ関係の人物に絞って紹介します。

河北 智恵
幼稚園の頃からの付き合いである幼馴染みにして大親友。有原があだ名で呼ぶ数少ない相手であり、その点からも仲の良さが窺い知れます。
野球部発足の頃から部員集めのためのチラシ配りに協力していた他、事情を知って気まずくなっていた主人公と有原が話し合う場をセッティングするなど、献身的に有原を支えています。選手としても二遊間でコンビを組んでおり、初心者ながら二人で息の合ったプレーを見せることも。

©Akatsuki Inc.

その一方で野球一辺倒すぎる有原を叱る場面もあり、そういった幼馴染みならではの距離感が微笑ましい関係といえるでしょう。
余談ですが、幼少期は毎日有原と一緒に入浴していたという設定は個人的に結構な衝撃でした。愛が重い

東雲 龍
有原と並んで野球部の主力選手であり、チーム内における最大のライバルといえる存在(やや東雲側からの一方通行感はありますが)。
中学時代に自身のチームを打ち負かした有原の実力を高く評価しているものの、登場当初は彼女の掲げる「楽しい野球」には反発。しかし紆余曲折の末に入部した後は口では反発しつつもよきライバルとなり、いい意味で夢見がちな有原にシビアな現実を伝える役目も果たすようになります。

©Akatsuki Inc.

この二人のスタンスの違いは、ストーリーにメリハリをつけるという意味でとても重要かつ魅力的なように思います。明るく楽しくプレーする有原と厳しく真面目にプレーする東雲が対等な実力・立場であるからこそ、緩いだけでもシビアなだけでもない緩急のある物語が展開できるのだと感じました。
ちなみに有原ほど視野が狭くないとはいえ彼女も立派な野球星人であり、練習メニューなど野球の話となると意気投合することもしばしば。実は仲良し?

竹富 亜矢
上記のプロフィールにある通り、有原は中学時代に陸上部にも所属していました。その大会で敗北したことから、有原に猛烈なライバル心を抱いているのが彼女です。

©Akatsuki Inc.

「有原が高校では野球をすると言うから、(推薦入部の陸上部を蹴って)直接勝負するために野球部に入る」というほどの執着ぶりとおバカっぷりを見せましたが、入部後は何だかんだ有原の実力の高さと自身の未熟さを認めつつ、チームメイト達と切磋琢磨している模様。
入部のきっかけになった割には有原との直接の絡みはそこまで多くない印象があるので、今後に期待したいところですね。

椎名 ゆかり
高校入学以前から有原のことを知る経験者組の一人。
姉が友人同士という間柄ですが、当人達はほとんど面識はなかったとのこと。しかし才気溢れる姉に引け目を感じて野球をやめたという過去があり、そんな自身とは対照的に姉のことを気にせず野球を楽しむ有原に対して複雑な感情を抱いていました。そして入部した理由も「いつか有原が自分と同じ思いになるところを見たいから」というなんとも言えないもの。激重感情ともいう

©Akatsuki Inc.

とはいえストーリーが進むにつれてそんな負の側面については吹っ切れてきたようで、現在ではバッテリーを組むこともあるなど(少なくとも表面上は)良好な関係。これから彼女が何かしらアクションを起こすのか気になるところです。

小鳥遊 柚
2年生編から登場する新入生。最初こそ有原のことを内心「いい人先輩」と呼ぶなど好意的でしたが、主人公を追って越境入学してきた彼女は、自身が在籍していなかった1年間で主人公と信頼関係を結んだ有原に対して複雑な思いを抱きます。

©Akatsuki Inc.

ポジションも同じ遊撃手ということもあり、主人公との関係も含め選手としてもキャラクターとしても今後に注目な2人ですね。

これを読もう!有原翼おすすめエピソード

エピソードでもやはりメインヒロインなだけあり登場回数はダントツ。その中でも彼女の魅力が詰まったものを厳選して紹介します。

・楽しさと真剣さの勝負(1年生編メインチャプター・4月下旬)
前述の東雲の入部経緯も兼ねるエピソード。有原が創設した女子野球部を「ぬるい」「お遊び」と一蹴した東雲との衝突が描かれます。
「みんなと野球を楽しむ」有原と「個人の能力を高めて結果を出す」東雲の対決はもちろんですが、個人的には両者が相手に対して対抗・反発しながらも一定の理解を示し、折り合いをつけて入部という結果に至るのが好きですね。

©Akatsuki Inc.

・学生の本分は勉強(1年生編メインチャプター・5月上旬)
宇喜多の入部経緯を兼ねるエピソード。テストという学生にとっては不可避な行事を前に、彼女の野球以外はまるでダメな一面が見られるお話です。真っ向から真摯に取り組む野球と違って、あの手この手でテストを乗り越えようとする有原は必見…かも?

©Akatsuki Inc.

・未だ見ぬ夏の夜は明けて(1年生編メインチャプター・7月下旬)
女子野球部にとって初の公式戦となる夏大会直前のエピソード。これまで純粋に野球を楽しんでいた有原が、キャプテン・主力選手としての責任を強く感じている珍しい場面でもあります。こと野球に関しては完璧超人な感があった有原も、内面はまだまだ未熟な普通の高校生であることが窺い知れる貴重なエピソードですね。

©Akatsuki Inc.

そんな有原率いる女子野球部の奮闘は、続きのエピソードである「熱夏は止まず」「熱夏に燃える矜持」にて。

個人的考察とまとめ・メインヒロインとしての有原翼

ここまで有原翼というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
テーマはキャラクターごとに変えていきますが、今回はズバリ「メインヒロインとしての有原翼について」。

いわゆる美少女ゲーというものは、プレイヤーの分身である主人公は男性であることが多いです(百合ゲーというジャンルもありますがそれは置いといて)。ハチナイもその例に漏れず主人公は男性で、女子野球部の監督という形で少女達と関わっていくことになります。
そして主人公との関わりが深いメインヒロイン…ハチナイでは有原がその立ち位置にいるわけですが、こういったキャラクターは何かしらのアクシデントで主人公と(物理的に)距離が縮んだり、それをきっかけに恋愛感情を抱いたりすることが少なくありません。

そういった恋愛要素も物語を楽しむためのファクターの一つではありますが、本作のメインヒロインである有原に関してはそういったことは一切なし。匂わせる描写すらほぼないに等しく、あるとすれば前述の『学生の本分は勉強』で宇喜多に主人公との恋愛関係について尋ねられた時くらいです(その際も照れ混じりなどではなくガチ否定しています)。他のキャラクターと比べて主人公と絡む機会が多いのは確かですがそれがメインになることはなく、あくまで彼女も一人の選手として、選手個人の葛藤・選手同士の関係を描くハチナイストーリーの一角を担っているのです。

主人公と信頼関係を築いてはいますが、恋愛に発展することはなく野球一筋、見えているのはチームメイトと共に目指す甲子園のみ。ハチナイという「野球型青春体験ゲーム」を楽しむ上では、そんな有原がメインヒロインなのはとても理に適っている、というのが個人的な感想です。恋愛要素がある作品もいいものですが、いろいろと登場人物の感情や関係性がごちゃごちゃしがちですしね。
そういった点で、いい意味で余計なことを考えず安心して見ていられる有原の存在は、決して少なくはない量のストーリーをスムーズに読み進めるうえで重要だと感じました。
野球に集中している彼女のように、見ているこちらも彼女とハチナイの物語そのものの魅力を堪能することに集中できるのが有原翼というキャラクターだと思います。そんな彼女の活躍を、ぜひゲーム本編で一緒に楽しんでいただければ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました