自由奔放な勝負師!阿佐田 あおいの紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは阿佐田あさだ あおいです。天真爛漫な印象を受けるビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

阿佐田あおいの概要

©Akatsuki Inc.

有原らの一つ上の上級生で、「~なのだ」という語尾が特徴の自由気ままな遊び人です。干し芋が大好物。

担当声優の立花理香さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

阿佐田あおいはどんなキャラ?

堅苦しいことを嫌い、気の向くままに行動することを良しとする自由人。博打好きの祖父母の影響で勝負事や心理戦が大好きで、その範囲は野球のみならず麻雀やトランプゲーム、日常の何気ない賭け事など多岐にわたります。
さながら気まぐれな猫のように自由奔放な彼女は食べ物の嗜好も猫っぽく、シンパシーを感じるのか(?)猫が大好き。彼女が歩く後には不思議と猫がついてくるらしく、本人もじゃれあったり世話をしたりと分け隔てなく可愛がっています。

©Akatsuki Inc.

その気分屋ぶりから何も考えていないように見える彼女ですが、実は他者のことをよく見ている描写がたびたび見受けられ、場合によってはさりげなく手助けするなど面倒見のいい一面を見せることも。そんな「いざという時に頼れる先輩」という普段とのギャップも彼女の魅力ですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは二塁手。入部時は野球未経験だったものの、猫のごとき身軽さと持ち前の勝負勘、そして奇想天外な発想を活かした奇抜なプレーが持ち味。相手投手との駆け引きを楽しむなど勝負師としての面に加え、味方の動揺を察してファインプレーでカバーするなど面倒見のよさも存分に発揮します。
しかし自由すぎるがゆえに、時折無茶なプレーをして雷を落とされることも…。

同ポジションには経験者の坂上がいるものの、彼女を差し置いてスタメンの座につくことも珍しくない阿佐田。頼れる上級生として、ここ一番で流れを引き寄せるビッグプレーに今後も期待したいところです。

阿佐田あおいの入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「生徒会への部活申請」。

九十九の入部から数日後のこと。部活を休む際の連絡をしない阿佐田を月島らが問い詰めていたところ、それを見ていた九十九の発言により実は阿佐田は部員ではないことが明らかになります。あまりにも堂々とユニフォームやロッカーを要求していたため、彼女が活動に参加していることを誰も疑問に思わなかったゆえの事態でした。

©Akatsuki Inc.

ならば正式に入部しようと提案する部員達でしたが、当の阿佐田は自由がなくなるからと渋ります。しかしそこに中野が乱入し、勝負事が好きな阿佐田を誘い出すべく直接対決を提案。それに乗った阿佐田と有原との三打席勝負が幕を開けました。

©Akatsuki Inc.

一打席目こそ三振に打ち取られた阿佐田でしたが、二打席目になると一変。しつこく食らいついてファールを連発し粘ります。それにしびれを切らした有原が打たれてしまうことを部員達が危惧し始めたタイミングで、ある人物が投手交代を名乗り出ました。

©Akatsuki Inc.

その人物とは、先日の紅白戦でも対戦した九十九。試合の際に彼女のクセを分析していた阿佐田は余裕だと考えますが、その予想とは裏腹にあっさり三振を奪われてしまいました。
動揺する阿佐田に、九十九は阿佐田が投手のクセを分析していることそれを基にバッティングを行っていることを指摘。同時に投球フォームを変えた今、あとは自分との純粋な実力勝負だと言い放ちます。
その物言いに燃える阿佐田の最終打席、ツーストライクまで追い込まれた阿佐田がヤマを張ったのはカーブでした。その読みは見事に的中、あとは当ててヒットにするだけ…。

©Akatsuki Inc.

伸るか反るかの勝負には負けないというプライドを振り絞って打ち返した打球はヒットとなり、阿佐田は対決に勝利したのです。
負けて落ち込む部員達を横目に、今の勝負を振り返る阿佐田。相手との読み合い、その末に見出したワンチャンスへの賭け…勝負師の自分を楽しませる要素が野球にはあると感じた阿佐田は、勝者の命令という形で翌日あっさりと入部届を提出したのでした。

©Akatsuki Inc.

…そのついでとして、九十九に絡むのも面白そうという理由を付け足して。

全編通して阿佐田らしさ全開の展開と、今後関係を深めていくことになる九十九との始まりを見ることができるエピソードですね。

阿佐田あおいと関係の深い人物

気まぐれな性格ゆえに固定された人間関係とはあまり縁がなく、あらゆる人物と絡む阿佐田。そんな彼女と特別深く関わっている人物について紹介します。

九十九 伽奈
お互いにこのキャラクターなしでは語れないといっても過言ではないほど深い関係にある人物です。
入部エピソードでの直接対決をきっかけにして互いに興味を持ち、阿佐田から距離を詰める形で一緒に過ごすようになった二人。性格的には正反対ですが、だからこそ新しい発見があるとお互いに感じているようです。
持ち前の面倒見のよさは彼女相手にも発揮しており、感情が揺れ動くことに不慣れな彼女に対して閃きをもたらす一言を何気なく発することも。

©Akatsuki Inc.

ちなみにほとんどの人物を名前をもじったあだ名で呼ぶ阿佐田ですが、九十九に対してだけは「九十九」と苗字呼びだったりします(上記の入部エピソードでは自分を名前で呼べと言っておきながら…)。一見よそよそしく見える呼び方ですが、阿佐田の場合はそれが逆に特別な相手である証になっているのが面白いところ。
この二人ならではの特別な関係がどう発展していくのか、今後も注目ですね。

宇喜多 茜
阿佐田のことを超師匠と慕う下級生。
主人公のために上達しようと努力する彼女を時には直接、時には距離をとって見守っています。動揺しやすい彼女の精神状態を見抜いて的確なアドバイスをするなど、阿佐田の面倒見のよさがもっとも発揮される相手といっていいでしょう。

©Akatsuki Inc.

その甲斐あって、本人も着実に成長している様子。彼女は奇しくも前述の九十九と同ポジションということもあり、もしかしたらポジション争いでそちらと絡めた展開があるかもしれません。期待したいところです。

これを読もう!阿佐田あおいおすすめエピソード

傾向としては中野に近く、様々なエピソードに出張するものの意外にもメイン格のエピソードは少なめな阿佐田。チョイ役の場合は自由人としての面が描かれがちなのに対し、メイン格では観察眼や面倒見のよさが色濃く出やすいのも特徴です。

・熱闘の幕開け Re:fine(1年生編メインチャプター・3月下旬)
夏、そして冬を越えた女子野球部が臨む春大会の初戦を描いたエピソードです。

気合十分の女子野球部が迎えた初戦は両投手の好投もあり、同点のまま終盤を迎えようとしていました。いよいよ試合も大詰めという局面で、戦術や継投について話し合う主力選手達。
そんな姿を見て、ベンチ入りしていた宇喜多は「どうして自分なんかがベンチに…」と萎縮していました。その真剣な姿に、まるで彼女らが自分とは違う何かを見ているように感じてしまったのです。
そんな様子を見た阿佐田は、彼女の心情をズバリ言い当てて発破をかけました。みんなと同じ景色が見たいなら、その隣に立てばいい、と。

©Akatsuki Inc.

そんな話をしていた最中、捕手として出場していた鈴木が体力の問題で交代することに。その代打に誰を出すか話し合っていたところに、宇喜多は自ら立候補しました。
結果こそサードゴロでしたが、宇喜多はその際に見せた気迫溢れるヘッドスライディングでチームを鼓舞。その甲斐あってチームは無事初戦を突破したのでした。

そして次の対戦相手を偵察すべく、優勝候補である向月高校の試合を観戦することにした女子野球部。夏大会で敗北した相手ということもあり、阿佐田は息巻く様子でスタンドに向かいますが…。

©Akatsuki Inc.

阿佐田が到着した時点で、なんと向月は三点差で負けていたのです。夏大会で女子野球部をノーヒットノーランに抑え、阿佐田が「高飛車キャンディ」と呼んで意識していたエースの高坂に至っては登板すらしていませんでした。結局高坂は最後までマウンドに上がらず、三点差を逆転することも叶わず、向月はそのまま初戦敗退という結果に終わります。

©Akatsuki Inc.

その後、お手洗いでたまたま高坂と再会した阿佐田と九十九。今日の内容を不思議がった九十九が声をかけようとしますが、阿佐田は彼女が目を赤く泣き腫らしていることに気付き強く制しました。しかし高坂は以前と同じ不遜な態度を崩すことなく、言葉少なにその場を後にします。

そんな彼女を見て阿佐田はぽつぽつと言葉をこぼし、それを不思議に思った九十九に高坂の利き腕について尋ねると…。

©Akatsuki Inc.

どこか寂しそうに、そんなことを口にしたのでした。

後に向月野球部ではこの大会の直前に部内の揉め事で主力が退部していたこと、そして高坂はこの時点で肘を故障していたことが明らかになります。阿佐田が高坂の利き腕について尋ねたのは、おそらく故障した右腕を不自然に庇うような仕草をしていたことを見抜いたからなのでしょう。
対象こそ異なれど、阿佐田の観察眼面倒見のよさという側面が非常に強く出ているエピソードといえますね。

・やきもきホワイトデー(1年生編サイドチャプター・3月中旬)
女子からもモテモテな相方の九十九とのホワイトデーを描くエピソードです。

例年通りバレンタインデーに大量のチョコをもらった九十九でしたが、阿佐田はその中に差出人不明という体で猫型のチョコを紛れ込ませ、リアクションを楽しむついでにお返しをくれることを期待していました。
そうして迎えたホワイトデー当日。友チョコなどのお返しで悲喜こもごもな野球部員と同じく、全員分のお返しをして回る九十九。それに阿佐田も同行していましたが、九十九は肝心の阿佐田のチョコに対しては何も言及しません
それに対して阿佐田がタイトル通りやきもきしていたところ、九十九に関する噂話が聞こえてきました。それに聞き耳を立てる阿佐田でしたが…。

©Akatsuki Inc.

その内容が九十九への陰口だと理解した瞬間、阿佐田は憤慨。この場面での阿佐田の言葉からは、本当に九十九のことを大切に思っていることが伝わってきますね。

最終的に陰口に関しては不意に現れた逢坂の小芝居で事なきを得たのですが、九十九はそのお礼として余分に持ってきていたというお返しを彼女に渡したのです。

©Akatsuki Inc.

自分がまだお返しをもらっていないこともありショックを受ける阿佐田。しかしそんなことを九十九が知る由もなく、その後はいつも通りの時間が過ぎていきます。

練習が終わってもお返しはなく、凹みながら九十九と一緒に帰る阿佐田。賭けは完全敗北で終了だと無念に思っていたところ、九十九から余り物のお返しを渡されます。ふてくされながらもそれを受け取ると、そこには一通の手紙が。
さては他の誰かに渡すはずだったものだろうと考えた阿佐田は、こっそり内容を確認してからかってやろうとしますが…。

©Akatsuki Inc.

そこには他の誰か宛ではなく、阿佐田のチョコに対するお礼が書かれていました。…そう、九十九は気付いていなかったのではなく、以前「九十九にだけは意地悪だ」と言っていた阿佐田にだけは自分も意地悪をしてみようという意趣返しをしていたのです。
そんな九十九を、阿佐田は心を弄んだ罰と称してバッティングセンターへと連行するのでした。意地を張っていた今までとは違う、素直な言葉とともに。

阿佐田と九十九がお互いに相手のことを特別視していることがわかる、微笑ましいエピソードですね。お前九十九のこと好きすぎだろ…

・阿佐田の野望(2年生編サイドチャプター・4月上旬)
新入生を迎えようとしている女子野球部と、その中で暗躍(?)する阿佐田を描くエピソードです。あとタイトルのアイコンがかわいい

新入部員勧誘も兼ねた紅白戦で活躍し、中野とともに「一年生のしもべ」を作ろうと画策する阿佐田。その目論見通り本人は守備で見事な活躍を見せたものの、弟子の宇喜多は試合でエラーをしてしまったことを気に病んでいました。
もっと上手になりたい、そのためなら厳しい特訓も頑張ると主張する宇喜多でしたが、阿佐田はそんな彼女の様子を見て特訓を一旦保留とします。

©Akatsuki Inc.

阿佐田は頑張りすぎるほどに一生懸命に頑張る宇喜多の姿を(直接言及はしていませんが)高坂と重ねていました。今日の紅白戦に向かう途中、阿佐田は中野の情報で高坂の故障について知ったのですが、きっと彼女があまりにも頑張りすぎて肘を壊してしまったのだと思ったのでしょう。
そして宇喜多に無理をさせることは、もしかしたら彼女に高坂と同じ道を辿らせることになるかもしれない。そんな思いを抱えて一人グラウンドで考え込んでいると、ひまわり畑の管理人であるおばあさんに声をかけられます。

©Akatsuki Inc.

阿佐田はおばあさんに相談しました。うちの野球部はみんな勝つために頑張っているけれど、それは本当に大事なことなのか。そのせいで疲れたり、ケガをしてしまう人もいるのに…と。その言葉からは、宇喜多のみならず女子野球部みんなに高坂のようなことになってほしくないという思いが感じられます。
そんな彼女に、おばあさんは「自分のように歳をとると、もしあの時もう少し頑張っていればと後悔することもある」「みんなにはそんな思いをしてほしくない」と言います。一見自身の希望とは相容れないようなその言葉に、阿佐田は思わずどうしたらいいのかと聞き返しますが…。

©Akatsuki Inc.

その言葉で吹っ切れた阿佐田は、一人帰路についていた宇喜多に特訓を授けます。
…が、その指示は激しい練習ではなく、疲れた体をゆっくり休めろというものでした。すでに十分頑張っている彼女には、練習よりも休息が必要だと考えたのです。
困惑する彼女に焼きそばパンを押し付け、阿佐田はその場を去っていきました。

©Akatsuki Inc.

それを見ていた中野にからかわれつつも、阿佐田は改めて甲子園出場を誓うのでした。少数精鋭…つまり今の仲間達を大切にするという思いを胸に、高笑いを響かせて。

物騒なタイトルとは裏腹に、阿佐田の面倒見のよさや相手を思いやる気持ちが前面に出た心温まるエピソードですね。

個人的考察とまとめ・面倒見のよさに見る阿佐田

ここまで阿佐田あおいというキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「面倒見のよさに見る阿佐田という人物について」。

気まぐれで何も考えていないようでいて、観察眼に優れ面倒見のよさが目立つことはここまで解説した通りですが、ここでは阿佐田がそういったキャラクター付けとなった理由について考えてみました。

前述の通り、阿佐田は勝負事が大好きで長いこと慣れ親しんでいます。そのなかで相手との駆け引きを楽しんでいたのであれば、他人の精神状態を推測するような観察眼が鍛えられるのは自然なことでしょう。相手の裏の裏を読むことが勝負の醍醐味といった主旨の発言もあります。
そしてそこから一歩進んだ面倒見のよさに関しては、一見その嗜好とは関係ない阿佐田本人のパーソナリティのように思えます…が、自分はそれに関しても彼女の勝負師としての一面が影響しているように思いました。

というのも、彼女が好む勝負事や心理戦は対戦相手がいないと成り立たないものであるからです。もちろん野球に関しても同様で、味方だけでなく相手となる別のチームがいなければ試合はできません。
生粋の勝負師である阿佐田はそのことを誰よりも理解しているからこそ、相手を尊重する態度が身についたという可能性はあります。かつて完敗した高坂が故障したことを知った際に、誰よりも彼女のことを慮っている様子からもそれが窺えます。阿佐田にとっては宿敵の高坂でさえも尊重すべき対戦相手の一人であり、その不幸を喜ぶ相手ではまったくないのです。

そして阿佐田がそんな思考であるとすれば、九十九と深い関係になったのも頷けます。なぜなら九十九は、女子野球部内ではお互いに深く思考を巡らせる勝負をした最初にして唯一の相手だからです。
もちろん他の部員のことも大切に思っているでしょうが、それ以上に一人の勝負師として九十九のことを尊重・尊敬すべき相手として見ているからこそ、あれだけ深い関係を築くまでに至ったのでは、と思うのです。
もしそうだとすれば、入部エピソードのラストでやけに距離を詰めてきたのも納得ですね。阿佐田にとっては、もうその時点で九十九特別な相手だったのですから。

そんな九十九との関係もすでに一年を超え、三年生として最後の大会へと臨もうとしている阿佐田。一見イロモノキャラクターのように見えて、その実ハチナイのテーマである「野球型青春体験」に相応しいスポーツマンシップを持つ彼女の活躍は、ぜひゲーム本編で楽しんでいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました