一本足打法とラーメン命!朝比奈 いろはの紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは朝比奈あさひな いろはです。スタイリッシュなショートカットが特徴の彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

朝比奈いろはの概要

©Akatsuki Inc.

かつては野球をしていましたが、中学時代はソフトボールに転身していた経験者組の一人。
憧れの選手の打法である一本足に強いこだわりを持っています。

担当声優の影山灯さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

朝比奈いろははどんなキャラ?

明るくサッパリとした性格で、有原らと同じく野球が大好き。中学時代は周囲の環境もあって野球ではなくソフトボールをしていましたが、高校入学後のとある出来事を機に再び野球への情熱を取り戻しました。
あるプロ野球選手に憧れており、その選手が活躍していた世代の映像を見るのが趣味。その影響で一本足打法に強いこだわりを持っていて、憧れの選手のように特大のホームランをかっ飛ばすことを理想としています。明言こそされていませんが、作中の描写を見る限りその選手とは十中八九このお方のことでしょう。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが、(憧れの選手の影響か)無類のラーメン好きという一面も。その情熱は一本足打法に勝るとも劣らないほどで、試合で打てなかったらラーメン禁止と言われて張り切ったり、厳しい練習を終わった後のラーメンのことを考えて乗り切ったり、「TONKOTSU」という文字とラーメンのイラストが描かれたエプロンを着用したりなど公私ともに愛していることが窺えます。
ただし野球とラーメンへの情熱が凄まじいぶん他のことには疎く、作中でも慣れないお菓子作りで失敗を繰り返すシーンなどが散見されます。そんな普段の情熱的な姿とのギャップも彼女の魅力ですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは一塁手。ソフトボール時代もあったとはいえ野球経験者であることと、自慢の一本足打法による打棒を買われてクリーンナップを任されることも多い主力選手の一人です。
…なのですが、よくよく描写を見ると実はイメージほどの結果は残せていない様子。主力として扱われているのは確かなのですが、他の経験者組と比べるとチャンスでの凡退などが目立っています。一部エピソードを見るに本人も自覚してはいるようですが、それを気にした結果自分のバッティングが崩れてしまうなど簡単に活躍というわけにはいかないようです。
それでも作中で描かれた大会では(二年生全員が参加できなかったAGBLを除き)すべてでレギュラーとして出場するなど、純粋な能力とポテンシャルは十分。今後の飛躍に期待したいところですね。

朝比奈いろはの入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「二人が描いた放物線」。

環境も整い部員も増えてきた5月上旬、有原の紹介のもと経験者という触れ込みで見学にやってきた朝比奈。しかし実際は野球をやっていたのは小学生までで、中学からはソフトボールをしており高校でもソフトのクラブチームに入るつもりだといいます。
結局早とちりだったのか…などと話をしていると、突然部室のドアがノックされてある人物が姿を現しました。

©Akatsuki Inc.

その人物とは、朝比奈と同じクラスの天草。芸術家気質である彼女は、昨日見た「青空に描かれた放物線」を誰が描いたのか尋ね、もう一度見たいと激しく追及したのです。

©Akatsuki Inc.

そのままの流れで一緒に練習見学に行くことになった二人。朝比奈は野球に興味があるという天草に練習内容やルールの解説をしますが、当の天草は土煙やグローブなどプレイとは関係ないところばかり見ていました。それにツッコミを入れるものの、本人は「この風景美の根源について教えてほしい」といたってマイペースな物言い。

©Akatsuki Inc.

そのさなかで打ち上げられた打球に見入った天草は、勢いのままに入部を宣言。そんな独特かつ破天荒な彼女の振る舞いに朝比奈は思わず「変なの」と言葉をこぼしますが、それを天草に追及されます。

©Akatsuki Inc.

いつも絵を描いていたのにいきなり野球を始めるのは変」という朝比奈に、天草「いろはの方が変」と反論。そしてなぜ野球が好きなのにソフトボールをやっているのかと朝比奈に問いかけますが…。

©Akatsuki Inc.

…翌日、なぜそんな言葉が口をついて出てしまったのか考える朝比奈。天草はそんな彼女に声をかけ、

©Akatsuki Inc.

「変だ」とか「普通はこうだ」という物言いをする人を、そう形容したのです。

その日の放課後。未だにどのクラブチームに入るか決めていない理由を先生に尋ねられるも、うまく答えられず言い淀んでしまった朝比奈は、練習でボロボロになった天草とまた顔を合わせました。その姿を見て朝比奈はなぜ放物線のためにそこまで頑張れるのか尋ねますが、天草は「美しいから」「綺麗だから」としか答えません。
朝比奈がそれに理解を示さないことにしびれを切らした天草は、(なぜか)朝比奈を美術館に連れていきました。

©Akatsuki Inc.

そこで目を輝かせて絵画の解説をする天草を見ながら、朝比奈は自分が同じように輝いていた頃のこと、そこからなぜソフトボールにこだわっているのかと思考を巡らせ…。

©Akatsuki Inc.

そして気付きました。自分がソフトボールをしていたのは、女子はそれが普通などとつい口にしたのは、自分が本当にやりたいことを押し殺していたから。野球ができる環境がないというだけでソフトボールに移って、それがいつの間にか当たり前になっていたために、普通という居心地のいい場所から外へと踏み出せずにいたのだと。

©Akatsuki Inc.

それから美術館を後にし、天草にとっての大事なものである「放物線の絵」を見せられた朝比奈は…。

©Akatsuki Inc.

自分にとっての「大事なもの」を思い出し、その情熱を女子野球部で再び燃やすことにしたのでした。

©Akatsuki Inc.

天草も見とれるほどの美しい放物線を、始まりの一歩として。

天草の情熱を見て自分が本当にやりたいことを思い出すという、王道ながらも熱い展開が魅力のエピソードですね。

朝比奈いろはと関係の深い人物

経験者ながらも野球のみに突き抜けてはおらず、ラーメン好きなどの親しみやすい要素もあってか比較的他者との絡みが多い朝比奈。しかし明確に関係が深いといえる相手は意外にも少ない印象です。その中で代表的な人物を紹介しましょう。

天草 琴音
入部エピソードから始まり現在に至るまで、野球でもプライベートでも様々に絡んでくる人物。
独特の感性を持つ彼女にツッコミを入れたり振り回されたりするほか、時には負けず嫌いなところが災いしてか喧嘩(というより勝負?)にまで発展することも。

©Akatsuki Inc.

しかしそれは仲が悪いからではなく、むしろお互いを単なる友人を超えた特別な枠として見ているからこそという印象。他の部員に対してはあまり強い感情表現をしない天草ですが、朝比奈にだけは遠慮なく思いの丈をぶつけていることからもそれが窺えます。
同学年同ポジションということに加え、後述のエピソードから選手としての絡みも期待できそうな二人。今後も楽しみに見ていきたいですね。

これを読もう!朝比奈いろはおすすめエピソード

一本足打法という野球要素とラーメン好きという日常要素を併せ持ち、エピソードでもバランスよく出番がある朝比奈。その中から印象に残るものをピックアップして紹介します。

・波打ち際のトロフィー争奪戦!(1年生編サイドチャプター・7月下旬)
海水浴場でのドタバタを描いたエピソード。

夏大会に出場するために必要な遠征費を稼ぐべく、海の家でのアルバイトをしていた女子野球部の面々。そんななかで、休憩中の朝比奈があるポスターを見つけて大声を出しました。

©Akatsuki Inc.

そのポスターに書かれていたのは、ビーチバレーやビーチフラッグなど様々な種目が行われる大会の告知。優勝すれば賞金が出るこの大会で結果を残すことで、よりランクの高い宿舎に泊まれると考えテンションが上がっていたのです。

©Akatsuki Inc.

…しかしその本音は、宿舎の近くにあるラーメン店に行きたいがゆえだったのですが。
ちょうどその場に居合わせた部員達の協力もとりつけ、意気揚々と大会に臨む朝比奈の運命やいかに…?

©Akatsuki Inc.

・チョコのみぞ知るビターな結末(1年生編サイドチャプター・2月中旬)
バレンタインの一幕を描いたエピソード。

バレンタインが近付いていたある日、チョコレートについて話題にする部員達。その話を聞いていた朝比奈は帰り道でちょっとしたことから天草と口論になり、売り言葉に買い言葉で「美味しいチョコを作ってやる」と高らかに宣言してしまいます。

©Akatsuki Inc.

…しかし、料理もお菓子作りもまともにしたことのない朝比奈は当然四苦八苦するはめに。原因もわからないまま失敗続きに終わってしまい諦めかけていたところ、お店でチョコを買っていたの言葉を受けてやる気を取り戻します。

©Akatsuki Inc.

そうして迎えた当日。どうにか形になった朝比奈のチョコクッキーが辿った軌跡は…?

口喧嘩から始まる天草との関係性や、そんな彼女との不思議なマッチング力(?)を感じられる楽しいエピソードです。

・一心一意に一本足(2年生編メインチャプター・7月中旬)
二度目の夏大会前の合宿を描いたエピソード。

厳しい合宿も残り二日を切った日の夜、朝比奈のスマホに中学のソフトボール時代の友人からメッセージが届きました。その内容を見て、朝比奈はかつての自身の打撃スタイルと今の打撃スタイルについて考えます。

©Akatsuki Inc.

そんななかで直江に声をかけられ、朝比奈は今しがた受信したメッセージのことを話しました。しかし考え事をしていたせいで伝え方がまずくなり、彼女に「ソフトボールに戻るかもしれない」という印象を与えてしまいます。
それを心配した直江はたまらず天草に相談しますが…。

©Akatsuki Inc.

そうして迎えた翌日。合宿の仕上げとして行われた紅白戦で出塁した直江は、一塁の守備につく朝比奈と塁上で話をしました。

©Akatsuki Inc.

その言葉を受け、「チームのために」という思いをより強めて残りの打席に臨んだ朝比奈。しかし結果は伴わず、自分のしたい打撃とすべき打撃の違い理想と現実のギャップに思い悩んでしまいます。
それでもチームのために自分ができることをしよう!と思い立った矢先、突然天草に声をかけられました。

©Akatsuki Inc.

その目的は居残りでのバッティング練習だったのですが…天草はわざわざマウンドに登って練習相手を務めつつも、朝比奈がどんな打球を放っても「理想の放物線を見せてくれるまで」と納得した様子を見せません。それにしびれを切らした朝比奈が「なんでそこまで放物線にこだわるのか」と尋ねると…。

©Akatsuki Inc.

天草朝比奈の描くアーチへの思いと、それが自分で描けない葛藤…そして描けるはずの朝比奈がくよくよしていることへの苛立ちを吐露し、最後の一球を投げ込みました。
それを打ち返した朝比奈の打球にも、天草はまた苦言を呈し…。

©Akatsuki Inc.

最後にそう言葉を残したのでした。

このシーンの後に明かされる天草の思い、それを受けた朝比奈が決意を新たにするシーンは、二人の関係の到達点ともいえる名場面。ぜひゲーム本編で見てほしいエピソードですね。

個人的考察とまとめ・こだわりの強さ

ここまで朝比奈いろはというキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「朝比奈が強いこだわりを持つ理由について」。

前述の通り野球では一本足打法、私生活ではラーメンに強いこだわりを持つ朝比奈。その二つだけでほぼ語り尽くせてしまうほどそれらに強く入れ込んでいるのが彼女の魅力なわけですが、この手の作品でそれ以外の魅力(意外と手先が器用だとか、特定の分野に異常に詳しいとか)を打ち出さないのは少々珍しいように思います。

そんな描写をされている理由について考えてみたのですが(毎度ながら妄想です)、一番は「一度野球を捨ててしまった」という過去の経験が影響しているのかもしれません。
周囲の環境もあって「普通」に流され、一本足打法をしないソフトボールに逃げてしまったこと。一番大好きなものを知らず知らずのうちに捨ててしまったことへの後悔と、もう二度とそんなことをしないという覚悟が、彼女をここまで一本気なキャラクターにした最大の理由なのではないかと考えました。

そして前述の「一心一意に一本足」では、朝比奈の芯であるその姿勢が揺らいでいたために天草は苛立ち、あのような行動に出たのでしょう。天草もまた好きなものに対するこだわりが強い人物であるため、それを見失うことに対しては人一倍敏感だったと思われます。入部エピソードの時もそうでしたが、彼女の気付きは朝比奈にとって欠かせないものになっていますね。

また野球バカ的なキャラクターは何人かいる本作ですが、その中で特定のプレイスタイル(打撃フォームなど)に対して強い憧れとこだわりを持っているのは基本的に彼女だけ。なのでそこを押し出さなければキャラクターとして埋もれかねないというちょっとアレな事情もあるのかも…。

何はともあれ、そんな朝比奈の「好き」を貫き通す姿勢は見ていてとても気持ちいいものです。そんな彼女の活躍を、ぜひゲーム本編でも楽しんでほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました