オシャレが一番、野球は二番? 花山 栄美の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは花山はなやま 栄美えみです。ゆるふわギャルな印象を受けるビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

花山栄美の概要

©Akatsuki Inc.

恋に憧れ、オシャレ好きな今風の女子高生。
入部のきっかけとなった「見たことのないイケメン」を求め、自分磨きに余念がない日々を送っています。

担当声優の松嵜麗さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

花山栄美はどんなキャラ?

恋愛や青春といった女子高生ライフを謳歌することが第一という、良く言えば楽天家、悪く言えば脳天気な今時のギャル系人物。明るくて人当たりがよく、自分とタイプが違う(オシャレ等に無縁な)相手ともよく絡むのが特徴です。
とにかく「カワイさ」を追及しており、メイクやファッションの知識は部内でも随一。特に恋愛への関心が高く、部内でそれらしい話題が出た時は高確率で登場します。

©Akatsuki Inc.

一方で野球に関しては元々下心ありきの入部だったこともありやや不真面目で、練習をサボってしまうことも多々。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが、作中ではところどころで自分に自信がない描写が見受けられ、オシャレに熱を上げるのはそんな自分を隠すためだと暗示しているような台詞、明言したシーンもあります。それを理解したうえで彼女の言動を見てみると、また印象が変わることでしょう。
しかし現在はそんな自分の弱さを認めたうえで、彼女なりに「弱い自分を奮い立たせる方法」について考えている様子。そんな身近に感じられる成長物語が見られるのも彼女の魅力の一つですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは中堅手ですが、作中では投手としての描写の方が多め。入部以前の運動経験は皆無であり、厳しい練習に音を上げたりサボったりしてしまうこともしばしば。
投手としてはタイミングがとりづらい独特の投球フォームが特徴ですが、肝心の球威やコントロールがまだまだなこと、そして自分に自信がないという精神的な脆さが祟って痛打を浴びてしまったことも。

複数の意味で主力には程遠い存在ですが、チームメイトや他チームの選手の情熱、そしてそれに触発された新田の影響もあり、最近では比較的真面目に練習に取り組んでいるようです。
その過程で自身の特徴(投球フォーム)を活かす方法を模索するなど、サボりがちだった頃と比べると野球に対する姿勢にも変化が見られるように。その努力が実を結び活躍できる日が来るのか、今後が楽しみですね。

花山栄美の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「恋わずらいとキモチの共鳴」。

エピソードは充実した高校生活を夢見るも、その実あまり自分に自信がなく出会いもないと花山が嘆くシーンから始まります。そんな彼女と逢坂が話していると、様々な部活からラブコールを受ける仙波の姿が目に入りました。

©Akatsuki Inc.

その会話を聞いて思い立った花山は、出会いを求めて部活見学をすることに。そんな彼女がたまたま立ち寄ったバスケットボール部では、仙波が先輩相手にも臆することなく堂々としたプレーを見せていたのです。

©Akatsuki Inc.

自分とは違う自信に満ちあふれた姿を羨ましがっていた花山でしたが、そのさなかにボールが頭に直撃してしまい保健室に運び込まれる羽目に。そこで自身を運んでくれた仙波と話をして、彼女が運動好きにもかかわらず家の都合で部活に入れないこと、そして意外にも自身と同じく自分に自信が持てないことを知ります。

©Akatsuki Inc.

それを知った花山は、部活の入部と仙波のコーディネイトを兼ねて、二人でメイク研究部を立ち上げようと言い放ちました。

©Akatsuki Inc.

その翌日、仙波近藤に昨日のことを話しているところで会話に加わる花山。そこで近藤ができたばかりの野球部に所属していると聞いた花山は、メイク研究部の件を脇に置いて下心ありきで見学を申し出ますが…。

©Akatsuki Inc.

男子野球部のマネージャーだと思っていたところ、実際は女子野球部の選手としての参加。案の定うまくいかず、あっさり諦めてしまいます。

©Akatsuki Inc.

一方で練習を終え帰宅した仙波は、練習中にキャッチボールを楽しんでいるのを近藤に見抜かれたことが頭に残っていました。そのせいでいつもの家事にも身が入らず、凡ミスを連発してしまう始末。
そんな彼女の様子を見た妹に「自分も家事を手伝うから、自分のやりたいことをやってほしい」と言われ、野球部に入部することを決意します。

©Akatsuki Inc.

翌日近藤に入部の件を伝えたものの、せっかくだから一緒にやりたいと思っていた花山はもうこりごりといった様子。仕方ないと思いつつも一回ちゃんと自分の気持ちを伝えてみようと考えていたところ、今度は演劇部に拉致されゲリラ公演に出演することになってしまいます。
そして花山もまた、逢坂に誘われてゲリラ公演を見に行くことに。そんなこんなで迎えた公演で、花山にある出来事が降りかかり…?

©Akatsuki Inc.

漫画のようなラストシーンの展開が印象的ですが、それ以外にも花山の視点で語られる仙波のパーソナリティなど面白い見所が詰まったエピソードですね。

花山栄美と関係の深い人物

コミュ強な人物像ゆえに絡む相手は幅広い花山ですが、意外にも関係の深い相手は少なめ。そんなところもある意味今時ギャルっぽいかも?

新田 美奈子
通称「サボり同盟」としてしばしば行動を共にする人物。やや方向性は異なるものの今風の女子高生キャラという共通点もあって馬が合うらしく、一緒にサボろうとしては東雲や後述の柊に見つかって絞られるのがお約束となっています。
しかし時折ひどく冷静な新田に比べると花山は輪をかけて楽天的であり、それが原因で若干のすれ違いが起きたことも。とはいえお互いサッパリした性格なので、後に引きずることなくすぐに和解できています。

©Akatsuki Inc.

選手としても似たような立ち位置であり、現在はブーブー文句を言いながらも練習にはしっかり取り組んでいるところも同じ。いつかサボり同盟の本気を見ることができるのか、楽しみに見ていきたいですね。

仙波 綾子
複数の意味で入部のきっかけとなった人物。
自分にないものを持っている相手のことをお互いに尊敬しあう中で、花山が「仙波でも自分に自信がない」という共通点を見出したことが二人の野球部生活の始まりとも言えます。

©Akatsuki Inc.

直接的な絡みこそ入部エピソード以外ではやや少なめですが、個人的にはとてもいい対比性のある組み合わせだと思っています。後述のエピソードから彼女が花山のことを頼っている様子も見受けられるので、今後もっと描写が増えることを期待したいですね。

これを読もう!花山栄美おすすめエピソード

出番自体は特別多くはないものの、そのキャラクター性を活かした日常エピソードや平凡でも頑張る試合エピソードなど要所で存在感を示す花山。その中から目立つものを紹介します。

・彼女に秘められた力(1年生編メインチャプター・3月中旬)
春大会前の女子野球部を描いたエピソード。

春大会が近付くにつれてメンバー争いが激しくなってきた女子野球部。花山も投手として練習試合に登板するものの、失投や味方のエラーもあり逆転を許してしまうなどアピールには程遠い結果に。
それでも翌日クラスメイトには「二刀流だからワンチャン」などと見栄を張りますが、結局選ばれることはありませんでした。

メンバー発表の際に「精神的に脆い」と東雲に指摘された花山。彼女のストレートな物言いに腹を立てつつも反論できなかった花山は、度胸をつける一環で見栄を張ってしまったクラスメイトに一緒に応援してくれるよう頼んだのです。

©Akatsuki Inc.

たとえカッコ悪くても、とことん図々しくなって見返してやるために。

自分の弱さを認めつつも、強がりだろうとそれを克服するために前向きになれる花山の強さが見られるエピソードです。

・オシャレに勝ち組大作戦(1年生編サイドチャプター・2月中旬)
花山を取り巻くバレンタインのあれこれを描いたエピソード。

クラスメイトとバレンタインの買い物をしていたところ、偶然野崎を見かけた花山。翌日話を聞いてみると彼女もバレンタインの買い物だったことがわかったため、当日はチョコを渡すのを一緒に頑張ろうという話になります。

©Akatsuki Inc.

それに勢いで割って入ってくるも、(花山曰く)乙女心がわかってないうえに「見た目が変わるだけ」とオシャレを軽視する竹富に、花山は野崎がオシャレの力で勇気を出してチョコを渡せるかという賭けを持ちかけました。
その日の帰り道で野崎が渡す相手が倉敷と知るも、それはそれで本人のオシャレに集中できるとやる気を出す花山。

©Akatsuki Inc.

後日一緒に買い物に行ってコーディネイトをしていると、野崎に「いつも輝いている」「オシャレについてとてもいきいきしながら話す」と言われ、彼女を勇気づけるつもりが自分まで自信をもらうことに。

©Akatsuki Inc.

この台詞の前にある間が、野崎の言葉が本当に嬉しかったことを表しているように思えて心温まりますね。

©Akatsuki Inc.

そんなこんなで迎えた当日。野崎は無事にチョコを渡せたものの、花山はお返し前提の義理チョコを配るだけに終わってしまいました。
野崎が上手くいったことは喜ばしい花山でしたが、入部時の「見たことのないイケメン」を探し出して渡そうと考えていた本命チョコは宙ぶらりん。しかしそんな帰り道で出会ったのは…?

花山の人の良さやオシャレに対する考え方が見られるだけでなく、入部エピソードのことを知っていればニヤリとするラストシーンが印象的なエピソードですね。

・あの子と結んだ約束(2年生編メインチャプター・7月上旬)
ある約束を通じて、花山の根幹となるものを描くエピソード。

夏大会に向けて投手の枚数を増やしたいということもあり、次の練習試合で登板することになった花山。そんな彼女に、仙波がある相談を持ちかけました。
その相談とは、妹の麻友子に好きな人ができたのだが姉としてどうすればいいかわからない、というもの。それを聞いた花山は、まず麻友子本人と話をしてみることにします。

©Akatsuki Inc.

そこで「自分には告白する勇気が足りない」という麻友子に、花山は「今度の練習試合で自分が0点に抑えたら勇気を出してもらう」という約束をしました。その約束を果たすべく翌日からやる気満々で練習に取り組む花山でしたが、それを通じて急速に成長はしないことを改めて思い知りややブルーに。
しかしたとえ付け焼き刃だろうと武器を作るべく、投球のリズムを変えることで打者を惑わす方法に挑戦。約束の練習試合に向けて努力を重ねていきます。

©Akatsuki Inc.

…しかし練習試合の前日、麻友子からのメッセージを受けて会いに行った花山は、「友達の計らいで告白したもののフラれてしまった」と麻友子に伝えられました。
本当は自分の問題だから、花山に勇気をもらうのではなく自分で頑張らないといけなかったのに…という麻友子に、花山は自分のことを語ります。
本当は恋愛なんてしたことないから、こういう時になんて言ってあげればいいかわからないこと。いつも失敗したらどうしようという考えばかりがよぎり、自分に自信が持てないこと。友達に励まされても、不安は絶対になくならないという本音。

©Akatsuki Inc.

そして…それでも頑張ろうと思えるタイミングがあり、今回は麻友子がそれをくれた、ということも。
だから明日の試合を見ていてほしいと、最後に麻友子に伝えました。

そして迎えた当日の試合。僅差の状況で登板したもののピンチを迎えてしまった花山ですが、試合を見に来ていた麻友子の姿を見て勇気を取り戻します。
彼女に勇気を持ってほしいと言いつつも、本当は自分がそれを通して勇気をもらいたかったのだということに思い至りながら。

©Akatsuki Inc.

彼女の「頑張ること」への姿勢が窺えるその独白は、個人的に花山屈指の名台詞。その思いをぶつけた結果は…。

©Akatsuki Inc.

花山の人柄弱さを内包した強さを見ることができる、名エピソードの一つですね。

個人的考察とまとめ・孤独な過去?

ここまで花山栄美というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「現在の性格へと至った花山の過去について」。

花山は脳天気なようでいて実は自分に自信がなく、オシャレはそれを隠すための手段ともとれる描写があることはここまでに解説しました。そうなった理由は積み上げてきた努力や生まれ持った才能がない(と本人は考えている)からだというような描写が作中でもありましたが、自分はもしかしたら別の原因もあるのではないかと考えたのです(ええ毎度のことながら考察という名の妄想ですハイ)。

そう考えた理由は、プロフィールの苦手なものにある「孤独」。順当に考えれば好きなものにある「賑やかな場所」との対比として設定されていると思われますが、それを見て自分はある可能性について考えました。
その可能性とは、「孤独が苦手ということは、過去に仲間はずれや独りぼっちになることで自己肯定感を失ってしまう出来事があったのでは?」ということです。

具体例を挙げるなら、運動が得意な子が中心のグループに入っていけなかったとか、可愛くないと貶されてのけ者にされたとかでしょうか。
もしそうだとしても作中での普段の行いを見ればそこまで深刻な事情ではなさそうですし、本人もさほど気にしている様子は見られません。しかし楽天家な彼女のパーソナリティがそういった経緯を経て後付けでできたものだとすれば、また彼女を見る目が変わりそうじゃないですか?自分は変わりそうです。
最初は自分が綺麗になるのが楽しくてしていたメイクが、いつの間にか何も誇れるものがない自分を隠すため誰かに注目されて独りぼっちにならないようにするためのものになっていた…なんてこともあるかもしれません。いろんな相手とよく絡むのも、人当たりがいいからというだけでなく無意識にそんな思いが行動に表れているのかも…(やたらと闇を深くしようとするな)。

考察というより妄想ばかりになってしまいましたが、こんなことを考えながらハチナイのストーリーやキャラクターを見ている人間もいるんだなー程度に考えてもらえれば幸いです。
そんなバックボーン考察(妄想)を抜きにしても魅力的な彼女の活躍は、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました