引っ込み思案でも根性は本物!初瀬 麻里安の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは初瀬はせ 麻里安まりあです。眼鏡が目立つおとなしそうなビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

初瀬麻里安の概要

©Akatsuki Inc.

図書委員らしく本を読むのが大好き。物語の世界や主人公に思いを馳せはせだけに、自分もそんなふうになれたら…と憧れる文学少女です。

担当声優の八島さららさんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

初瀬麻里安はどんなキャラ?

引っ込み思案な性格で、見た目通りの文学少女。本の中でも特に童話やノンフィクションを好んでおり、その嗜好からも窺えるように良くも悪くもロマンチストな性格です。そのため物語の煌びやかな世界や華々しい主人公の活躍に憧れる一方で、現実の自身とのギャップに悩むことも。

そんな一見おとなしい印象を受ける彼女ですが、実は一度決めたことはやり遂げる芯の強さ、厳しい特訓にすすんで参加しボロボロになりながらもやりきる根性を持つというガッツ溢れる一面も併せ持ちます。

©Akatsuki Inc.

周囲の力添えで何度でも立ち上がるその姿は、さながらスポ根漫画の主人公のよう。他のキャラクターと比べても特に「努力を重ねて成長した」描写が強調される傾向にあり、そんな控えめな人柄とのギャップが彼女の魅力といえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは三塁手。入部時は野球未経験なうえに運動自体に苦手意識があったため不安も大きかったものの、持ち前の根性で泥臭く練習を重ねていくことで少しずつ上達していきました。
まだまだ技術面は荒削りなところもありますが、自身の努力を信じて果敢にプレーする姿は見ているこちらの胸を熱くさせてくれます

同ポジションの実力者である東雲は投手としての出場も多く、同じく三塁手の岩城は上級生で先に引退してしまうことから、今後はさらに選手としての出番も増えてくると思われます。積み上げた努力の成果を存分に発揮してくれることに期待したいですね。

初瀬麻里安の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「野球部と教頭の対立」。

女子野球部を正式な部活動として認めてもらうため、教頭が提示した条件をクリアしようと奔走する部員達。その一環として図書室に貼り出した部員・推薦者募集のチラシをたまたま初瀬が目にしていたところ、張り込んでいた中野に声をかけられます。

©Akatsuki Inc.

最初は気乗りしなかった初瀬でしたが、中野から女子野球部の事情を聞いたうえで「救世主」「勇者」とおだてられ、その発言でやや暴走した妄想のせいもありやる気になって承諾。体験入部という形で練習に参加することになったのです。

キャッチボールやランニング、筋トレやバッティングなど一通り挑戦してみるもなかなか上手くいかない初瀬。元々運動が苦手ということもあり満身創痍で練習を終えた彼女は、帰り道で今日の練習のことを思い返します。
体力は足りず、技術も劣り、他の人のようには全然できない自分。それでも有原や主人公(ハチナイの方を指します)は、少しだけ上手くできたことを褒めてくれました

©Akatsuki Inc.

そんな明るい記憶に加え、憧れる小説の主人公と同じような体験をしているということに初瀬は背中を押されます。もしかしたら、自分もあんなふうに変われるのかもしれない…と。
その思いを胸に、初瀬は翌日の練習にも参加しました。

©Akatsuki Inc.

今度は初めてのノックを受けることになりましたが、やはりなかなか上手くいきません。このままでは入部しても足を引っ張るだけではないか…と考えた初瀬は、憧れる小説の主人公の行動を参考に「主人公に一から鍛えてほしい」と特訓を申し出ます。

それからしばらく監督(主人公)とともに特訓を続け、少しずつ動きがよくなってきた初瀬。しかし本人にはあまりその自覚がなく、このままではだめだと焦る気持ちが強くなっていました。

©Akatsuki Inc.

そこに声をかけたのは、初瀬と同じく高校から野球を始めた部員達。みんな最初は上手くできなかったけど、少しずつできるようになった。だから大丈夫だ、という励ましを受けた初瀬は、再び気持ちを奮い立たせてノックを再開します。

©Akatsuki Inc.

そうして見事にキャッチできたボールは、彼女の気持ちをとても前向きなものにするきっかけとなりました。そして自分の特訓に一生懸命付き合ってくれた主人公に応えるため、初瀬は野球を続けて彼の力になることを誓ったのです。

控えめな彼女が踏み出す第一歩を描いた、爽やかで気持ちのいいエピソードですね。

初瀬麻里安と関係の深い人物

ど根性の持ち主とはいえ、普段は内気なために他者と深く関わることは少なめな初瀬。そんな彼女が他の人物とは少し異なる関係を築いている相手を紹介します。

宇喜多 茜
ともに「主人公がきっかけで野球を頑張ろうと思った」二人。
普段は引っ込み思案で緊張しいなところや、やる時はやる努力家なところなど共通点も多く、一部エピソードでその仲のよさを見ることができます。

©Akatsuki Inc.

ただ主人公に明確に恋愛感情がある宇喜多とは異なり、初瀬はあくまで主人公とは師弟関係に近いものと考えており異性としての意識は薄い様子。しかし後述するとあるエピソードでは…?
主人公との関係も含め、今後の絡みが気になる二人ですね。

リン レイファ
こちらはまだ絡みは少ないものの、個人的な期待も含めて紹介する相手。
目的は異なれど「様々な本を読む」という点で共通しており、リンの入部エピソードでは考えすぎて思考回路がショートしそうな彼女に微笑ましそうな様子を見せるなど、どこか将来の関係を予感させるような描写があります。

©Akatsuki Inc.

やや頭でっかちのきらいがあるリンに、本だけでなく実際の体験で培ったものがある初瀬がどう絡んでいくのか、今後の関係に注目したいと思います。

これを読もう!初瀬麻里安おすすめエピソード

やはり努力の人らしく、メイン格のエピソードでは何かしらの形で努力して困難を乗り越えるという描写が多め。そんな彼女の頑張る姿を楽しめるエピソードを中心に紹介します。

・星に願いを(1年生編サイドチャプター・9月下旬)
もうすぐやってくるという流星群と、それを取り巻く女子野球部を描くエピソード。

来たる流星群に向けて、校内新聞で特大号を出すと部員達の前で息巻く中野。それに掲載する連載小説の執筆者を探していると話すと、有原野球を題材にして書く!とその役を名乗り出ます。

©Akatsuki Inc.

…しかし、勉強が苦手な有原の文章力では当然その出来は壊滅的。そこでよく小説を読んでいるからと初瀬に白羽の矢が立ちます。自信がなかった初瀬は咄嗟に「友達に書いてもらう」と口にしましたが、実際にそんな友人はいないので仕方なく自分で書くことに。
そうしていざ実際に書いてみると、思いのほか筆が乗りスラスラと書き進められた初瀬。しかし野球描写に関してはなかなかリアリティが出なかったため、悩んだ末に自分で書いていることを打ち明けて有原に相談します。
快く協力を申し出てくれた有原のアドバイスもあり、納得のいく野球描写に仕上げた初瀬。書き上げた小説を部員達に読んでもらいますが…。

©Akatsuki Inc.

野球描写こそ好評なものの、部員達からは肝心のそれ以外の評価が今ひとつでした。
せっかく有原に協力してもらってまで書いたのに…とショックを受けて諦めかける初瀬でしたが、そんな様子の彼女を見た有原は、大好きな野球に例えながら諦めないことの大切さを説いたのです。
その言葉に心動かされ、初瀬はもう一度書いてみることを決意しました。

©Akatsuki Inc.

その翌日、二人は部員達に率直な感想とアドバイスについて聞いて回ります。中には厳しい意見もありましたが、初瀬はそれに挫けず前向きに受け止めるよう努めました。
そうして再び書き上げた小説を今度は東雲鈴木に読んでもらうと、彼女らは「野球描写が現実的で、効果的な練習のアイデアに繋がりそうだ」と評価し(想定とは別の形で)熱中。読み終わったら部室に置いておくと言われたので、初瀬はそのまま部室を後にしました。

©Akatsuki Inc.

さらにその翌朝に部室へと向かうと、先に来ていた倉敷がその小説を読んでいました。どんな反応をされるのか不安な初瀬でしたが、「続きができたら教えて」と言われたことで一気に気持ちが軽くなります。同時に楽しみにしてくれる人がいるということに背中を押された初瀬は、頑張って書こうと気合を入れ直しました。

©Akatsuki Inc.

そんな経緯を経て、ついに小説は完成。様々な指摘や助言を活かして書き上げた物語は、部員達にも太鼓判を押されるほどに好評を得ることができたのでした。

またその日はちょうど本命の流星群が見られる日でもあったので、有原の一声もあり部員みんなで見に行くことになります。
空に広がる流星群を見ながら、有原に感謝の言葉を伝える初瀬。そんな彼女が流れ星に願ったこととは…。

©Akatsuki Inc.

 

©Akatsuki Inc.

…その数日後、好評を受けて続編を書くことになった初瀬。今度はもっと野球の楽しさを知ったうえで書こうと考え、そのための練習が楽しみで仕方なくなるのでした。

初瀬の挫折やそれを乗り越える努力といった描写はもちろんですが、個人的に創作者として共感できる描写が多いためとても印象に残るエピソードですね。

・馳せる想いとチョコの行方(1年生編メインチャプター・2月中旬)
この手の作品では外せないバレンタインのエピソードです。

バレンタインが近付いてきたある日のこと。少し足を伸ばした図書館で友チョコを渡すことについて考えていた初瀬は、偶然同じ図書館に来ていた宇喜多と出会います。その手にはお菓子作りの本を何冊も持っていたため、初瀬は彼女も部員達や主人公に友チョコを渡すのかと思い尋ねてみました。

©Akatsuki Inc.

その問いかけに微妙なリアクションをする宇喜多。それを不思議に思いつつも、真剣な様子でチョコを作ろうとしている彼女を見た初瀬はよかったら一緒に作ってみないか、と提案します。

後日、宇喜多はトリュフチョコ、初瀬はチョコスコーンを試作。しかし失敗が重なってしまったためか出来はどちらもイマイチで、初瀬は作るよりも買った方がいいかも…とつい弱音を吐いてしまいました。

©Akatsuki Inc.

しかし宇喜多は、「大切な人に渡すものだから諦めずに頑張りたい」と言います。その言葉を受けて、初瀬もとことんやることを決意したのでした。

そんなある日、初瀬と宇喜多は部員達が部室でチョコを渡すことをフランクに話しているのを見かけます。そうした方が当日渡しやすくなるかもしれないと考えた初瀬は、宇喜多と一緒にチョコ作りの練習をしているということを話しました。しかし宇喜多は初瀬の思惑とは裏腹に、逃げるようにその場を後にしてしまいます。
それが気にかかっていた帰り道で、初瀬は坂上天草に「なぜ手作りにしようと思ったのか」と尋ねました。それを受けた天草の妄想でやや話が脱線するも、坂上に「普段言葉では伝えられない気持ちを届けるため」と言われ、先程宇喜多が帰ってしまった理由と彼女の気持ちを察します。

©Akatsuki Inc.

翌日の昼休み、初瀬は宇喜多に昨日のことを謝罪しました。主人公への気持ちは宇喜多と自分で同じだと思い込んでいたけれど、本当は違うとわかったこと。そんな気持ちを込めた贈り物を友チョコと言ってしまって本当に悪いことをした、と。
それと同時に、自分が図書館で声をかけたのは友チョコを手作りしたかったからではなく、宇喜多と友達になりたかったからだと告白。それを受けた彼女は元々友達だと思っているし、そうじゃなければ一緒に作らないし喧嘩も仲直りもできない、だからもう友達だと言って初瀬をフォローし、無事に仲直りをします。
そうして関係を結び直した二人は、今まで一緒に練習した仲だからと当日一緒にチョコを渡す約束をするのでした。

©Akatsuki Inc.

そしてついに迎えたバレンタイン当日。最初は昼休みに主人公を呼び出すつもりだった二人でしたが、宇喜多だけでなく初瀬まで緊張してしまい呼び出しに失敗。時間を放課後に変更することになります。
その際に、初瀬はなぜ自分までこんなに緊張しているのかという疑問を抱きますが…。

©Akatsuki Inc.

いざ放課後になっても未だに緊張している宇喜多。そんな彼女に、初瀬は「一緒ではなく一人で渡す方がいい」と伝えました。宇喜多の気持ちがこもったチョコは、自分の友チョコとは違うものだから一緒にしてはいけないと言うのです。
その言葉でさらに緊張して尻込みする彼女に、初瀬は好きな小説の一説を伝えて背中を押しました。

©Akatsuki Inc.

その場を離れた初瀬は、一人自分の気持ちについて考えていました。
自分が主人公に渡すチョコはあくまで友チョコで、それ以上の感情はないはずだった。しかし主人公を呼び出そうとした時に感じた胸の高鳴りが、この気持ちが、嘘じゃないとしたら…。

©Akatsuki Inc.

そんな初瀬に、宇喜多無事にチョコを渡せたという報せを持ってきます。味について不安は残りつつもひとまず渡せたことに安心している彼女に対して、初瀬は胸の中で自分のチョコとの想いの差を実感し…「一つだけ家に置き忘れてしまった」と嘘をついて、自分のものは渡さないことに決めました。

©Akatsuki Inc.

帰りの電車の中でいつも通り本を読む初瀬。しかしその内容が頭に入ってくることはなく…ただ一つだけ渡せなかった「友チョコだったもの」のことが、いつまでも胸に引っかかっていたのでした。

宇喜多との友情に加え、主人公に対する感情の表出という衝撃の展開が印象的なエピソードです。今後の彼女の振る舞いにも注目したいところですね。

・努力が導く先(2年生編サイドチャプター・4月中旬)
新入生を迎えようとしている女子野球部での初瀬の姿を描いたエピソード。

体験入部に集まった新入生を前に緊張してしまい、頼もしい先輩になるにはまだまだだと少し凹んでしまう初瀬。そんななかで自分と同じように緊張した様子の大沢という新入生を見かけ、よかったら一緒に練習しないかと声をかけました。

©Akatsuki Inc.

練習を通じて大沢と意気が合うように感じた初瀬は、もっと話してみたいと思い彼女と一緒に帰ることにしました。しかしその帰り道で、初瀬は彼女が小学生の頃からずっと続けてきたテニスで結果を出せず、諦めてしまったことを知ります。
でも初瀬と一緒なら頑張れるかもしれない、と野球部入部に積極的な彼女に、初瀬は複雑な表情を見せたのでした。

そのことが気にかかったままだった翌日、東雲から渡された(新入生と一緒に行う)練習メニューは、なんと二日目にもかかわらず現役の部員達と遜色ない厳しいものでした。それに戸惑う部員もいましたが、初瀬はそれに賛成して大沢に厳しく指導することにします。ある思いを胸に秘めて…。

©Akatsuki Inc.

心を鬼にして指導に励む初瀬でしたが、心のどこかでは迷いも抱えていました。その胸中を知ってか知らずか、そんな彼女を上級生の岩城が応援しにきます。

©Akatsuki Inc.

その時に交わした会話で、初瀬はあることを思い出しました。
同時に自分が今すべきことに思い至った彼女は、自ら厳しい練習に全力で臨む姿を大沢に見せたのです。

…翌日、初瀬は同じクラスの新田に大沢が野球部をやめたことを伝えられました。新田は初瀬が落ち込まないかと心配していましたが、当の本人は「なんとなく予想していた」とあまり気にしていない様子。

©Akatsuki Inc.

そしてその日の放課後。練習に向かう初瀬の前に、大沢が現れました。
彼女は初瀬に「やっぱり野球はできない」と伝え、「昨日の初瀬の姿を見て、本当にやりたいことから逃げていたことに気付いた」と言葉を続けます。
そんな彼女の姿を見た初瀬は…。

©Akatsuki Inc.

ほっと安心したような、穏やかな笑みを浮かべたのでした。

初瀬は、大沢が結果を残せず諦めてしまったテニスに対して心残りがあることを感じ取っていました。だからそれに気付いてくれるように、好きなことを悔いのないようにやりきる選択をしてくれるように、好きな野球に全力で打ち込む自分の姿を見せたのです。
どんなに辛くても、いつか思い描いた理想の自分になるために。

©Akatsuki Inc.

たとえ競技は違っても、その目標に向かって頑張る気持ちは同じ。その想いを自身と共有した大沢の表情は、影一つない本当の笑顔でした。

ひたむきに努力する初瀬の姿勢と、それがもたらした新入生の再起という展開に胸が熱くなる、個人的名エピソードの一つです。

個人的考察とまとめ・努力が描かれる理由

ここまで初瀬麻里安というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「初瀬が努力の人として描かれることが多い理由について」。

解説してきた通り、本編において努力する姿が多く描写されている初瀬。しかしまだ下手な選手が努力することを描写したいのであれば、彼女について特別多く描かずとも女子野球部に数多く在籍している他の初心者でもいいはずです。
また初心者に限らず、経験者組に関しても成長が鈍化したなどの苦悩やそれを乗り越える努力を描くことはできるでしょう。

そんななかでなぜ初瀬が特に「努力の人」として扱われ、そういった描写が多くなったのか。その理由として、自分は彼女の人物像が持つ親近感、共感性の高さがあげられると思っています。

例えばメインヒロインである有原やそのライバルの東雲などはとてもキャラが立っており、物語のメインに据えるにはまさにうってつけといえます。しかし一方で彼女らのキャラ造形は目立つがゆえに、ともすればやや非現実的なように受け取られかねないものでもあるでしょう。
言い方は悪いですが、「現実にあんな野球バカな子そんなにいるか?」と言われて「いるいる!」と答える人はなかなかいないのではないでしょうか。

しかし初瀬は元は本が好きなだけの普通の人物であり、今まで自覚していなかっただけで実は隠れた才能が…というありがちな設定もありません。現在の彼女の実力は、ただ運動が苦手な少女がひたむきな努力で築き上げただけのものにすぎないのです。
また努力する対象やその先の目標も「物語を書いてみる」「理想の自分になりたい」といった(物語として映える特異なものではなく)現実的なものが多く、ユーザーである自分達からの視点で身近に感じられるシチュエーションもちらほら。

加えて確かに彼女は根性こそありますが、それはあくまで「周囲の助けがあってこそ」であり、自分一人で超人的な努力ができるというわけではありません。そんな完璧ではない面をちゃんと見せているところも、また彼女に共感させられる要素の一つですね。
これらの要因が合わさって親近感を覚えられるキャラクターに仕上がっているからこそ、努力で困難に打ち勝つという描写が多くなったのでしょう。

特別な才能を持ったキャラクターが活躍するというのはフィクションの醍醐味ですが、初瀬のような「普通の人物」もそれとはまた違った魅力を持っています。
そんな彼女が熱く奮闘する姿は、ぜひゲーム本編で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました