頼れる繋ぎ役の本音は…? 柊 琴葉の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターはひいらぎ 琴葉ことはです。クールそうな印象を受ける雰囲気の彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

柊琴葉の概要

©Akatsuki Inc.

中学時代にリトルシニアの全国大会で有原に敗れ、才能の差を痛感したことから当初は野球から離れるつもりだった経験者組の一人。
親元を離れて一人暮らしをしていますが、野球を教えてくれた父親とはしばしば手紙でやりとりをするなど仲がいい様子が見受けられます。

担当声優の早瀬莉花さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

柊琴葉はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

ややツンケンした印象を受けるビジュアルとは裏腹に、温厚で落ち着いた性格。加えて真面目かつ面倒見がよく、有原の指導が感覚的すぎることもあり経験者組の中でも特に初心者のコーチ役としての描写が目立つのが特徴です。
一方で真面目ゆえにやや不器用なところも見られ、他人を慮るあまり自分の本音を隠しがちなところも。しかしながら高い実力と冷静さ、親身になってくれる心優しさを併せ持つこともあり、経験者からも初心者からもあらゆる面で頼れる存在として認識されています。誰が呼んだか中間管理職

©Akatsuki Inc.

また一人暮らしをしているからか家庭的かつ倹約家でもあり、お好み焼きの焼き方にこだわりを見せたり100種類以上のもやし料理のレパートリーがあったりとその情熱は野球に勝るとも劣りません。
ゲーム中の「タウンマップ」でも家計簿タイムセールといった単語が出るあたり、どこか母親のような親しみやすい雰囲気も感じられるのが彼女の魅力といえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは左翼手。中学時代は有原に敗れたとはいえ高い実力の持ち主であり、有原東雲らに続くレギュラー級の選手として活躍しています。
普段は落ち着いた言動が多く試合中も冷静な彼女ですが、時に熱いプレーでチームを鼓舞することも多々。その姿は初心者組にとっても良いお手本となっていることでしょう。

進級後は同じく経験者の左翼手である草刈が入部しましたが、彼女がチーム事情から中堅手にコンバートしたこともありレギュラーの立ち位置に変化はありません。今後も主力の一人として、また初心者を支えるコーチとしての活躍が期待されます。

柊琴葉の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「陰に紛れる希望の明日」。

中学時代に有原に敗れて才能の差を痛感したことから、高校では野球から離れようと思っていた柊。しかしその有原が代表者として女子野球部を作ったこと、そしてクラスメイトの新田永井がその野球部に入部したことを知り、決意が揺らいで思わず口を出してしまいました。
アドバイスをした手前、どうしても彼女らのことが気になってしまった柊はグラウンドへと足を運びますが…。

©Akatsuki Inc.

そこで再会した有原は、的確なアドバイスをする柊を称賛しつつもかつて試合をしたことは覚えていなかったのです。それを知った柊の胸の中には、ある思いが渦巻き始めました。

©Akatsuki Inc.

才能溢れる有原にとって、自分は視界に入って興味を惹かれる存在ではなかった。自分にとっては大好きな野球から離れようと思うほどの出来事も、有原にとってはただの通過点でしかなかった。
そしてそれは、練習についていくのがやっとな新田達初心者もきっと同じ。本人に悪意はないにせよ、同じ高みを目指せない彼女らはいずれ自分と同じように有原の視界から消えてしまうだろう。

©Akatsuki Inc.

だったら、自分が彼女らを導く役目を担おう。才能があり、何でもこなせるゆえにアドバイスが苦手だという有原ができないことを自分がしてみせれば、有原を見返すことができるかもしれない…と。

©Akatsuki Inc.

そんな思いを胸に秘めて、柊は体験入部の誘いに応えたのでした。

©Akatsuki Inc.

そんな経緯もあり、以前にもまして新田達にアドバイスを求められるようになった柊。そんな彼女を見て坂上複雑な表情を浮かべますが、同時に会話の内容から柊がまだ正式に入部しているわけではないことを知り、安心してもいました。
坂上がそう考えるのには、何か理由があるようで…?

©Akatsuki Inc.

とはいいつつも、もし彼女が本当に入部を決めてしまえば自分が止めるのは難しい。だったらどうすれば…と考えていた矢先、坂上は廊下で椎名とぶつかります。
その際に落としたスマホに貼ってあるファンタジーズのシールに反応した椎名に、坂上は意気揚々と話題を振りますが…。

©Akatsuki Inc.

よりによって椎名はライバル球団であるチュリオーズのファンだったため、その場で軽い言い争いになってしまいました。

そこに件の柊が現れ、監督(主人公)が話をしたがっているとして椎名とともに向かおうとしますが…坂上は柊を呼び止め、野球部には入らない方がいいと口出ししたのです。

©Akatsuki Inc.

理由を尋ねた柊に、屋上へと場所を移して自身の経験を交えながら説得する坂上「柊が同じ目に遭うのを見ていられない」「いつか新田達も柊を疎ましく思い始める」とまで付け加えて、彼女の入部を止めようとします。
しかし柊は、新田達のことを知りもせずに決めつける坂上に苦言を呈し…。

©Akatsuki Inc.

無理強いはしなかったものの、そう伝えて去っていったのです。
また野球を始めたら、絶対に後悔する。そう思っていたはずなのに…気付けば坂上は、その背中を追いかけていました

…そしてそれからひと月ほどが経った頃、柊、坂上椎名の三人は正式な部員として女子野球部に在籍していたのです。

©Akatsuki Inc.

同じ経験者ながら、三者三様の思いを胸に…。

なんだかんだで他人を放っておけない面倒見のよさや、視野が狭くなっている坂上を諭す誠実で真面目なところなど、他者との関わりを通じて柊の気質がよく表現されているエピソードといえますね。

柊琴葉と関係の深い人物

経験者と初心者の橋渡し役という立ち位置もあり、絡む相手は比較的多い柊。その中でも特に目立つ相手を中心に紹介します。

有原 翼
入部エピソードからもわかるように、自身の根底を揺るがす存在として強く意識している相手です。
しかしあくまで「ライバル」としての側面が強い東雲竹富と比べ、柊は自分がなりたくてもなれなかった姿というようなある種の羨望・劣等感が入り混じっているのが特徴。そのため正面切ってぶつかることは少なく、柊が本音を隠す形で接することが多いです。

©Akatsuki Inc.

とはいえそう極端に根深くはなく、野球に関する話では普通にやりとりするなど険悪な関係ではありません。様々な経験をした現在は柊もある程度吹っ切れた様子を見せており、彼女にこだわらないアイデンティティを確立できた様子。
今後はお互い自分にないものを持っているチームメイトとして、より切磋琢磨する姿を見てみたいものですね。

坂上 芽衣
椎名 ゆかり
自身と同じく野球経験者にして、ある事情で野球から離れようとしていたという共通点を持つことから絡みが多い二人。彼女らも初心者との絡みが多めということもあり、時には一緒に指導にあたることもあります。
入部エピソードのよしみからか、最近では三人セットでの出番も増えてきました。

©Akatsuki Inc.

そんな共通点がある一方で、一度離れようとした野球に対する姿勢や考え方にはそれぞれ違いがあるのも特徴の一つ。入部時に抱いた思いは決して褒められたものではないと各々が考えており、そんな自分と野球に対する思いとの折り合いをどうつけるのか、という思考の過程も三者三様です。
単純な絡みだけでなく、そういった違いにも着目して見ていきたい関係ですね。

新田 美奈子
花山 栄美
入部エピソードで最初に絡んだということもあり、初心者組の中でも特に絡みが多い相手。最初はサボりがちだった二人に手を焼いていた時期もありましたが、そんな二人がやる気を出して成長を見せるようになったことは柊にとっても大きな自信となったようです。
有原よりもアドバイスがわかりやすく、東雲と違って穏やかな性格の柊は二人にとっても話しやすいらしく、気軽に声をかける場面も多々。同級生ながら、その関係からは成長を見守る母とその子という親子のようなものを感じられる…かもしれません。

©Akatsuki Inc.

そんな二人との絡みや活躍についての詳細は、後述のおすすめエピソード項目で解説しています。

これを読もう!柊琴葉おすすめエピソード

初心者に教える立場ということもあり、練習・試合エピソードでの出番が目立つ傾向にある柊。しかしただ教えるだけではなく、いろいろなことに気付かされてもいるようで…?
部員だけでなく、父親との関係にも注目です。

・手紙に綴る想いの行方(1年生編サイドチャプター・9月中旬)
初心者との交流を通じて、柊が野球との関係を見つめ直すエピソード。

野球を教えてくれた父親から、荷物とともに初めて手紙が返ってきたことを喜ぶ柊。その一方で、野球をやめるつもりで頼み込んで入学した高校でまた野球をしているのを伝えていないことに引け目を感じてもいました。

©Akatsuki Inc.

そんな折に、柊は椎名坂上とともに初心者の練習相手を東雲に頼まれます。聞けばボランティアや補習により主力の多くが今度の練習試合に出られないため、そんななかでも勝利という結果を出すためにということ。
それを引き受けた柊は早速サボり同盟こと新田花山に話をしますが、二人は「自分達には才能がないから無理」と言い訳を繰り返しサボろうとします。

©Akatsuki Inc.

そんな二人の物言いにコンプレックスを刺激されてしまったのか、柊は思わず声を荒げて本音を吐露してしまいました。結局その日は練習ができる雰囲気ではなく、そのまま解散することになってしまいますが…。

©Akatsuki Inc.

柊の言葉は二人の心に少なからず響いており、口ではあれこれ言いつつもやる気を出してくれたのです。

そうして練習を重ね試合当日を迎えたものの、柊と椎名電車の運休で足止めを食らってしまいます。それでも諦めることなく、たとえ少しだけでもみんなと試合がしたいという思いで球場まで走って向かいますが…結果はサヨナラ負けだったと、サボり同盟の二人に聞かされました(試合の詳細は新田の個別記事で紹介している「繋がる心、渾身の一打」で描かれています)。

©Akatsuki Inc.

そのことに悔しさを滲ませる二人を見て、柊は気付きました。自分が野球を続けているのは、有原の才能に負けたくないという気持ちだけではなく…ともに勝ちたいという目標を、夢を分かち合える仲間に会いたかったから。そしてともに努力して勝利を目指し、力及ばずに涙を流す二人は、もう柊にとって立派な仲間になっていたのです。

©Akatsuki Inc.

そのことに気付けた柊が、父親への手紙で綴った想いとは…。

周りから頼られる立場である柊の年相応の感情、そして成長が見られるエピソードですね。

・手紙に導かれて(1年生編サイドチャプター・12月下旬)
柊の指導する側としての葛藤が描かれるエピソード。

父親からの手紙で、年末年始を前に帰省の予定について尋ねられた柊。しかし彼女には今悩んでいることがあり、返事の前にそのことについて父親にどう相談したものかと考えていました。

©Akatsuki Inc.

その悩みとは経験者を中心とした一部の選手間で話し合われている、来年の女子野球部の練習方針について。東雲は部員を実力別にチーム分けし、その間でしのぎを削り昇格を目指すというシステムを提案しますが、柊はその意見を聞いて複雑な思いを抱えます。

©Akatsuki Inc.

他の部員を実力で判断し仕分ける、なんてことをする権利が自分達にあるのか。いくら部内で実力があるとはいえ、そんなことを話し合い一部の部員を下位に振り分けて傷付けうるようなことがなぜできるのか…と。たまたまその話を聞いていた仙波がショックを受けたのを見てしまったこともあり、柊はスポーツにつきものな順位をつける側に立つことを受け入れられずにいました。

©Akatsuki Inc.

しかし東雲の言葉で、柊は思い至ります。自分には父親に教えてもらった知識があるのだから、その知識をもって新田花山仙波といった初心者を導くのが自分の義務なのだと。とはいえそれを理解はしてもすぐには受け止めきれず、歯切れの悪いまま東雲と別れたのです。
そんな複雑な気持ちを抱えて帰省した柊でしたが、結局父親とは直接その話はできずじまい。しかし別れ際、駅のホームで父親は…。

©Akatsuki Inc.

それを受けた柊が、指導する側として胸に刻んだ決意。それは一片の迷いもなく、それでいてとても彼女らしいものだったのでした。

上に立つ者となってしまった柊の、等身大の姿が見られるエピソードですね。

上記の他には新田花山を放っておけない面倒見のよさが見られる「平凡な日々を飛び出して(1年生編サイドチャプター・9月下旬)」「泥だらけでも輝く瞬間(1年生編サイドチャプター・10月上旬)」、商店街の福引券を必死に集めて特賞の商品券を狙うという庶民的な一面が強調された「年の瀬の中の幸せ(1年生編サイドチャプター・12月下旬)」などもおすすめです。

個人的考察とまとめ・父親の大きさ

ここまで柊琴葉というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「柊にとっての父親という存在の大きさについて」。

上記のおすすめエピソードでもたびたび登場し、柊を導く役目を果たしている彼女の父親。作中の描写からも柊に信頼されていることは十分に伝わってきますが、彼女の性格と部内での立ち位置について改めて考えると、その存在は想像以上に大きいものなのかもしれない…というのが今回のテーマです。

柊は温厚かつ面倒見がいいこともあり、経験者と初心者の繋ぎ役として部員達から厚い信頼を寄せられています。しかし彼女自身に目を向けると、真面目ゆえの繊細さ不器用さが目につくことも少なくありません。記事上部にあるプロフィールでも「自分の気持ちに素直になること、伝えること」が苦手とあり、性格的には部員同士を繋ぐ役割に向いているとはいえないでしょう。
むしろ有原の才能を目の当たりにして野球をやめようとするほどに思い詰めてしまうあたり、本来は精神的なサポート役が必要なタイプなのではないかとすら思えます。他人に相談するのが不得手で一人で抱え込んでしまうという傾向は、作中の考え事が多いといった描写からもかなり見てとれますしね。

しかし皮肉にも二大巨頭に次ぐ実力があったことで、柊はなおさら弱音を吐けない立場になってしまいました。これがもし初心者であれば(それこそ新田花山に対する柊のように)支えてくれる人もいたかもしれませんが、入部時に「初心者を導く」という使命を抱いてしまったこともあり、むしろ自分が支える側にならなければいけなかったのです。
前述したおすすめエピソードにおいても他者に直接助けられることは少なく、何かをきっかけに自ら気付くシーンがほとんど。それは元来の性格に加え、他者に本音を見せづらい立場になってしまったことも影響しているのかもしれません。

そんな彼女にとって、(多少は包み隠しつつも)迷いや不安をぶつけられる父親の存在はとても大きいものでしょう。芯が強すぎてほとんどブレることなく邁進できる有原東雲ほど確固たる軸を持てず、自分自身や他者との関係で板挟みになり精神的に揺れ動く…そんな自身を支えてくれる相手として、父親は我々ユーザーの想像以上の存在になっていると思われます
またここまでに共通点が多い人物としてあげてきたと比較すると、坂上は自身の過去、椎名は身内へのコンプレックスが大きなテーマであるため身内を頼りにしづらい(自分で解決しなければならない側面が強い)ですが、柊にとってはその身内こそが数少ない頼れる相手。二人に比べて精神的に大人びた様子を見せているのは、その違いが大きいのかもしれませんね。

戦力的にも人格的にも頼もしく、みんなから頼りにされる…そんななかで父親との交流を通じて垣間見える、等身大の少女としての姿が柊の大きな魅力。そんな彼女の活躍は、ぜひゲーム本編で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました