美の探求者、その本心は…? 本庄 千景の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは本庄ほんじょう 千景ちかげです。ビジュアルからも大人っぽさが漂う彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

本庄千景の概要

©Akatsuki Inc.

美しさ」に対してこだわりがある探求者で、見たことのない美しさを求めて女子野球部に入部した淑女。
現在は両親が海外にいるため、愛犬のスフレとともにマンションで一人暮らしをしています。

担当声優の朝日奈丸佳さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

本庄千景はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

外見に違わず、年齢の割に非常に落ち着いていて大人びた性格。他者を気にかけ行動を起こしたり声をかけたりするなど面倒見がよく、上級生組の中でも一番年長者らしいところが目立つ野球部のお姉さん的存在です。
美しいもの、特に心や情熱といった「形のない美しさ」を持つものを追い求めており、女子野球部に入部したのも有原、そして直江ら部員達の振る舞いに心打たれたため。時には頼れる先輩として、時には美の探求者として、女子野球部の活動に尽力しています。

©Akatsuki Inc.

一方で家族がそばにいない一人暮らしに寂しさを覚えたり、将来への不安から今の状況に縋るような思いを抱いたりするなど、年相応の未熟な感情を垣間見せることも。周りが思う「大人っぽくて立派な」自分と本当の自分とのギャップに悩む場面もあり、根っこの部分は普通の少女であることを窺わせます。
本人にとっては苦悩するところですが、そんなギャップも彼女の魅力かもしれませんね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは左翼手。野球に関しては初心者だったものの、恵まれた体格と以前プレーしていたクリケットの経験を活かしたパワフルなバッティングは経験者組も一目置いています。

©Akatsuki Inc.

また指揮官としての能力にも優れており、いくつかのエピソードでは監督兼任選手の役目を担ったことも。その際には周囲の協力を得つつも、持ち前の広い視野や高い統率力を遺憾なく発揮していました。

©Akatsuki Inc.

…しかし選手としては経験者の、同ポジションで選手としての立ち位置も似通っている塚原の後塵を拝し続け、残念ながら最後の夏大会でもベンチ外。結果として上級生組で唯一、公式戦でベンチ入りすることが一度もないまま終わってしまいました。

一部エピソードでも語られていますが、彼女は輝くような美しさで自分を変えてくれた女子野球部、ひいては野球のことを誰よりも大切に思い続けていた部員の一人。にもかかわらず選手としては最後までチームの力になれなかったということであり、その無念さは察するに余りあることでしょう。
そんな彼女がどんな思いで夏大会に臨むのかは、ぜひ後述のおすすめエピソードで確かめてみてください。

本庄千景の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「星が導く未来の決心」。

四月も終わりが近付いてきた頃、直江秋乃にチラシを渡されて女子野球部に勧誘されます。しかし自分一人ではすぐに決められなかった直江は、何度か世話になっていた屋上の占い師こと本庄に相談することにしました。

©Akatsuki Inc.

気恥ずかしさから「友達の話」と偽って相談する直江でしたが、本庄の星占いによると運動部は向いていないという結論が出たため、その日は入部するのはやめておこうと決意。しかし結局、翌日には秋乃に引っ張られる形で女子野球部に入ることになってしまいます。
そんな彼女の様子を見た本庄は、「星の導きに逆らって大丈夫だろうか」と心配しますが…。

©Akatsuki Inc.

ソフトボール経験者ということで初心者組に注目される直江でしたが、それ以上に野球が上手くまた自信に満ちあふれている有原を見て「なんで自分と有原はこんなに違うんだろう」「どうしたら有原のようになれるんだろう」という思いを抱いていました。
その日の練習後に少し居残ってトンボかけをしていると、野球部が練習するところを見ていた本庄に声をかけられ、「辛かったらやめてもいい」というアドバイスを受けます。

©Akatsuki Inc.

しかし直江は「辛くても頑張っていれば、もしかしたら変われるかもしれない(と友達が言っていた)」とそれを断ったのです。そんな姿を見て本庄は「友達が変わることができるか見てみたい気もする」と言い残し、すでに変わりつつある彼女に思いを馳せるのでした。

©Akatsuki Inc.

さらにその翌日。昼休みに再び本庄に会いに屋上へとやってきた直江は、昨日の本庄の言葉を受けて本当のことを言わなければいけないと思い、今まで相談していた友達とは自分のことだったと告白します。加えて、自分には向いていないかもしれないけど野球部で頑張るということも伝えました。
それを受けた本庄は、「どうしてそこまでやろうと思えたのか」「その道の先に何があるのか」と尋ねますが…。

©Akatsuki Inc.

そこに有原が現れ、本庄を女子野球部へ勧誘したのです。
話の流れから「野球部の未来を本庄に占ってほしいが、もし暗い結果になったら困る」という話題になりますが、それに「たとえ占いが悪い結果であっても、もっと頑張ってひっくり返せばいい」と言い放つ有原を見て、本庄は直江が本当に素晴らしい仲間に恵まれたのだと知りました。
同時に占いを信じきっていた自分の情けなさに気付いた本庄は、直江有原とともに「美しい未来」を見ることを目指し、練習の見学を申し出たのです。

気弱ながらも変わろうという気持ちを見せる直江と、彼女を導いているようでいて実際はその姿勢に大切なことを教えてもらっている本庄。今も変わらぬ二人の気持ちと関係が描かれたエピソードですね。

本庄千景と関係の深い人物

その包容力から誰とでも絡む本庄ですが、一部の相手に対しては他の部員には見せない一面を覗かせることが多々あります。そんな関係の深い人物を紹介しましょう。

塚原 雫
同学年である上級生組の中でも特に気が合う相手で、部活動だけでなくプライベートでも一緒にティータイムを楽しむなどしている仲です。
その関係は非常に深く、本庄にとって重要なエピソードの多くに登場。普段は頼れる先輩として振る舞っている本庄が、彼女にだけはしばしば弱気や本音を語っていることからも信頼関係の強さが見てとれます。

©Akatsuki Inc.

引退、そして卒業後も続くであろう二人の関係がどうなるのか、今後も楽しみですね。

直江 太結
前述の通り、ある意味ではお互いに入部のきっかけとなった人物
落ち着いていて大人らしい淑女のような彼女に直江は憧れているわけですが、その実本庄の方も(無意識ながら)直江に教えてもらったことが数多くあるという、決して一方的ではない関係を築いています。
少女と淑女というビジュアル上の印象の対比も面白いですね。

©Akatsuki Inc.

引退が間近に迫った本庄に、彼女は最後に何を残すのか。最後まで目が離せません。

倉敷 舞子
彼女が入部する直接のきっかけとなったのが本庄であり、周囲を遠ざけがちだった彼女を入部後もしばしば気にかけています。
その理由としては倉敷の家庭環境を知っているということもあるでしょうが、それ以上に本庄自身が彼女と似た孤独感を抱えていることも少なからず関係しているように思います。理由や環境こそ違えど、自身と同じように寂しさを抱えているところにシンパシーを感じたのかもしれませんね。

©Akatsuki Inc.

しかし現在はそんな感情に折り合いをつけた倉敷に対し、本庄はストーリーが進むほど隠していた孤独感を露わにしていきました。この対照的な展開は、二人の歩んできた道が大きく違うことを意味しているようでとても印象的ですね。

これを読もう!本庄千景おすすめエピソード

人物像に違わず、年長者らしい振る舞いで選手やチームを引っ張ることが多い本庄。しかし彼女の本音が語られる一部のエピソードでは、そんな才色兼備な印象とは異なる一面も…。

・ほどける心 涙晴れる日(1年生編メインチャプター・9月中旬)
倉敷との関係の第一歩が描かれるエピソードです。

とある強豪校との練習試合前、先日の練習試合を自分のせいで負けたと思い込み引きずっていた倉敷は、強敵にも臆せず勝ちにいく姿勢を見せる部員達を見て「また自分のせいで負けるかもしれないから出ない方がいい」と考えていました。
そんな彼女のことを気にかけていた仙波と本庄は、先日のリベンジとしてもう一度同じメンバーで試合に臨むことを提案。倉敷は戸惑いつつもそれを承諾し好投を見せるものの、結果的には再びサヨナラ負けという結果に終わってしまったのです。

その日の帰り道、勝てなかったが意味のある結果になったという本庄に「勝ってこその試合」「成長より自分の責任を感じていた」と言い張る倉敷

©Akatsuki Inc.

そんな彼女を本庄は「みんなを信じてくれていない」と叱責し、その気持ちに寄り添って彼女の本音を引き出したのでした。

©Akatsuki Inc.

このエピソードでは倉敷を厳しくも優しく諭すなど、「大人の女性」らしい風格を見せていた本庄。しかしストーリーが進むにつれて、彼女もまた本エピソードの倉敷のように他者の言葉に導かれる立場になることが増えていくとは、この時は予想だにしませんでした。
二人の関係性に加えて、そういった現在との対比的な意味でも印象に残るエピソードです。

・覚束ない結束
・過日の影を切り裂く光
・霧中の道標
(いずれも2年生編メインチャプター・6月上旬)
本庄が選手兼任監督として奮闘するエピソード。

夏大会を前に開催された非公式の大会、AGBL(紫陽花ガールズベースボールリーグ)に出場した女子野球部。しかし有原ら二年生達はスケジュールの都合で不在だったため、本庄は監督兼任選手としてチームを率いることになります。
しかし「覚束ない結束」では出場校中トップクラスの実力を持つ帝陽学園に打ちのめされ、「過日の影を切り裂く光」では新戦力が躍動した清城高校に敗北。結果を出せずにいることを情けなく思う本庄でしたが、「霧中の道標」での明條学園との試合において、他の上級生組とともに「有原達がくれたものを、一年生に背中で見せてあげよう」という思いを抱いて試合に臨むことにしました。

©Akatsuki Inc.

一年生の中でも参謀役としてチームの状況を見つめ続け、上級生と一年生の違いを探していたリン。彼女がそんな上級生達を見て感じたものとは…。

・落陽に傾く向日葵(2年生編サイドチャプター・7月中旬)
夏大会メンバー発表後の本庄を描いたエピソード。

上級生組で唯一ベンチ入りが叶わなかった本庄でしたが、同じくベンチ入りできなかった部員達とともに率先して練習のサポートを行います。そのなかで竹富「気持ちを切り替えてもう将来のことを考えられるなんて大人」だという評価をされた本庄は、感謝をしつつも複雑な表情を浮かべていました。

©Akatsuki Inc.

その日の練習後、上級生組で揃って夕食をとった帰り道。塚原と二人きりになった本庄は、グラウンドが見える丘の上で彼女に本音を語ったのです。

©Akatsuki Inc.

それに対する塚原の言葉

©Akatsuki Inc.

春大会で自身がお守りとして贈ったミサンガで、改めて一つになったチーム

©Akatsuki Inc.

そして、グラウンドの向日葵にだけこぼした思い…それらをすべて胸に刻み、本庄はチームの一員として夏の大会を最後まで戦い抜くことを決意したのでした。

彼女の弱さや葛藤、後悔を克明に描いたうえでの最後の台詞と表情が、とても印象に残るエピソードです。ぜひゲーム本編で見てみてください。

個人的考察とまとめ・舞台装置としての役割

ここまで本庄千景というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「本庄の立場から見る、物語の舞台装置としての役割について」。

前述の通りクリケット経験者というアドバンテージがありながらも、最終的には一度もベンチ入りを勝ち取ることができなかった本庄。その理由については作中でも何度か言及されてはいますが、自分は彼女が最後まで選外となったのには「物語を引き立てる舞台装置としての役割」もあったからと考えました。今回はそれについて述べていこうと思います(妄想全開で!)

まず本庄と塚原は同じ左翼手かつ代打要員という役割も被っており、どちらかがメンバーから漏れることはほぼ確定事項のようなものでした。そうして最終的には塚原がベンチに入り本庄はベンチ外となったわけですが、監督兼任選手としてチームを見た経験や、AGBLで一塁手としての守備を無難にこなしバックアップ要員としても考慮できることを加味すると、たとえ実力が多少劣っていても本庄をベンチに入れる選択肢は十分にあったように思います(選ばれた塚原を貶しているわけではないですよ!念のため)。
それでもなお選ばれなかったことに対し、本人は「最後まで人のことを気にかけてばかりで強くなれなかった」、塚原は「優しすぎたのかもしれない」とそれぞれ思いを口にしていましたが、自分はその理由を聞いて彼女に舞台装置感を強く感じたのです。

最初は年長者らしい振る舞いとして捉えられていた「他者を導き思いやる」という行動が、選手としては最後まで足を引っ張ってしまったこと。しかし彼女のそんな思いがあったからこそ救われた選手もいて、結果的にチームは一つになれたこと。どちらも彼女が「人のことを気にかけてばかり」だったからこそであり、選手としての役割だけを見ていたら成しえなかったことでしょう。
また仮に選手に専念して塚原を押しのけメンバーに選ばれたとしても、本庄の性格を考えればそれもそれでまた思い悩むことになるはず。そんなジレンマを抱え、非情になりきれなかったプレイヤーとしての悲哀を表現するためには、最後まで選ばれなかった悲劇性が必要だったのかもしれないと思うのです。もし最後の夏で自身もチームも上手くいって万々歳となってしまったら、彼女の立場や苦悩に説得力がなくなってしまいますからね。
酷な話ですが、結論として本庄千景というキャラクターは「すべてが上手くいくわけではないという現実」「自己犠牲の難しさ」といった華やかな表舞台の陰に潜む要素を内包した、一種の舞台装置としての役割を果たしていたように思いました。

わかりやすくオトナなキャラクターのようで、実際は自分の弱さ、やるせなさといった青春のほろ苦い面を体現している本庄。ストーリーを進めていくうちにどんどん共感が強くなっていき応援したくなる彼女の姿は、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました