小さな体に溢れる男気!岩城 良美の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは岩城いわき 良美よしみです。学生帽に学ランという古風な出で立ちの彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

岩城良美の概要

©Akatsuki Inc.

学校で唯一の応援団員(一人なのに団?というツッコミは禁句)であり、有原らの一つ上の上級生。頑張っている人を熱く応援することを生きがいとしている熱血応援団長です。

担当声優の山下七海さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

岩城良美はどんなキャラ?

小柄で可愛らしい印象とは裏腹に、非常に豪快でまっすぐな性格。ヒーローに憧れており、その目標に向けて自身の研鑽と他者の応援に力を注いでいます。

©Akatsuki Inc.

学校唯一の応援団(非公認)として一人で様々な部活動の応援に駆けずり回っており、頑張っている人や困っている人は見捨てておけないなど義理人情に厚く男気溢れるところも彼女の魅力。
その言動や猪突猛進さのせいで一見声が大きく暑苦しいだけといった印象を受けますが、実際はボール拾い役を買って出たり部員達のために風邪予防のグッズを買い込んだりと、単に応援するだけでなくあらゆる方法で背中を押してくれるよき先輩です。

©Akatsuki Inc.

ただまっすぐすぎて細かい気遣いが苦手だったり、あまりにも純粋かつ情熱的に応援するせいで気弱な部員にはプレッシャーになったりするのはたまにキズかも…。あとやたら声がデカい

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは三塁手。入部以前の運動経験はないものの、幼少期のとある出来事がきっかけでバットだけはそれなりに振り込んでいた経験からバッティング、特に長打力に関しては非凡なところを見せる小さなパワーヒッターです。一方で確実性には欠け、まさに「当たれば飛ぶ」を地で行くロマン砲といえるでしょう(上のイラストは変化球に食らいつくシーンですが…)。
ちなみに前述の通り野球自体は素人だったもののなぜか左打ち。初試合でいきなり才能を見せつけたことも含め、野球を知らないふりして実は知っていた説が管理人の中で浮上中(何のこっちゃ)

三塁手としては唯一の上級生であるため、目前に迫っている(2020年3月現在)最後の夏大会での活躍が期待される選手の一人でもあります。純粋な実力では東雲の壁が厚いものの、投手兼任でもある彼女の穴を埋める存在となることを期待したいところです。

余談ですが、「いわき」という苗字・選手としてのポジションや豪快なプレースタイル・番長風の出で立ちなどから、彼女は某ドカッと大きな弁当箱の野球漫画における某登場人物が元ネタと言われています。とはいえ体格や性格面などの相違点も多く、元ネタというよりはオマージュキャラといった方が近いでしょうか。
ネタ元の「いわき」は破天荒ながらも最終的にプロ野球のスーパースターとしてヒーローになりましたが、果たしてこちらの「いわき」は女子野球部のヒーローになれるのか、注目ですね。

岩城良美の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「超熱血団長の応援」。

正式な部活動として認めてもらうための活動を続けつつ、練習にも励んでいた女子野球部。そこに突如として現れたのが岩城でした。
戸惑う部員達を前に、岩城は「応援団である自分への連絡なしに活動されると部のスケジュールを把握できない(応援できない)」とまくし立て、練習の段階から一方的に女子野球部の応援に励み出します。

©Akatsuki Inc.

最初はそんな岩城に(迷惑でこそないものの)困惑していた女子野球部でしたが、彼女の毎日応援に来るほどの情熱ボール拾いを進んで行うなどの行動もあり、ほどなくして自然とチームの輪に加わるようになりました。
ある日の練習後の集まりでは河北に「もうほとんど部員みたいなもの」と評され、野球経験はないもののバットだけは元気を出すためによく振っていた(本来の使い方は知らなかった)と語って総ツッコミを受けるなど、親しみやすい先輩としての立場を築いていきます。

©Akatsuki Inc.

そんな折に行われるはずだった練習試合の日、女子野球部は電車の遅延で試合に出場するメンバーが揃わないというアクシデントに見舞われてしまいました。全員合わせても8人しかおらず、このままではせっかく受けてもらえた練習試合が帳消しになってしまう…。

©Akatsuki Inc.

そう思われた矢先に、岩城が下駄を鳴らして颯爽と現れたのです。
正式な部員ではなく野球経験もなかった彼女ですが、四の五の言っていられない状況ということもあり急遽選手として練習試合に臨むことになり…。

©Akatsuki Inc.

結果、見事なホームランを放って勝利に貢献。
それ以降は「また呼ばれた時のために鍛えておく」という名目で、仮入部という形で練習に参加するようになったのでした。

 

※他のキャラクターではここで関係の深い人物について紹介する項目がありますが、特例として岩城の紹介ではその項目はなしという形をとらせていただきます。
というのも岩城は野球部員に対しては全体的に広く浅く…というより分け隔てなく関わっているために、明確に関係が深いといえる人物を挙げるのが難しいことと、何より以下で紹介するエピソードが彼女の根幹に深く関わっていることから、そちらの紹介にスペースを割いた方がいいと判断したためです。
既に他のキャラクターの紹介記事をご覧になっている方には違和感があるかもしれませんが、ご了承ください。

これを読もう!岩城良美おすすめエピソード

そのキャラクター性から出番自体は多いですが、ここでは彼女の根幹を成す重要なエピソードふたつを紹介したいと思います。

・誰かのためにできること(1年生編メインチャプター・11月下旬)
女子野球部のとある練習試合と、それに付随する岩城の活躍が描かれたエピソードです。
対戦相手である小河原高校は、以前諸事情によりメンバーを欠いた状態で戦い敗れた相手。それだけに部員達の気合も十分ななか、岩城はその練習試合について相談に来たという小河原の主力・鬼塚桐と出会うのですが…そんな彼女に、岩城はある人物の面影を見ます。

©Akatsuki Inc.

それはちひろという名の少女。中学時代に母親の入院をきっかけに出会い、終始ぶっきらぼうな態度をとられながらも岩城にとっては大切な友達だと思っていた相手でした。ですがある日マフラーを置き土産に突然転院してしまったため、その後の消息を掴めずにいたのです。出会った彼女は、そのちひろにそっくりでした。
当時はどこへ行くにも車椅子を使っていたはずの彼女が小河原高校の代表として現れた(と思った)ことに対して困惑しつつも、岩城は真相を突き止めるべく小河原との練習試合に出してくれと猛アピール、スタメン出場することになりました。

©Akatsuki Inc.

そこで再会した桐と話すことで(一応)誤解は解け、桐がちひろの妹であることも知った岩城。そうなると今度はちひろの居場所が気になってしまい、強引に「この練習試合に勝ったらちひろの入院している病院を教えてもらう」という約束を取り付けます。

そうして始まった試合は、相手の堅い守備に阻まれなかなか点が取れない展開が続きました。
当の岩城も勝利を意識しすぎて普段の豪快さがなくなっており、結果的にとはいえゲッツーでチャンスを潰してしまうなど精彩を欠きます。
その裏、ピンチを迎えた状況で岩城は考えました。ずっと信じていた応援の力でもこの状況は打開できない、だとすれば自分が皆のためにできることは何か…と。そんな矢先に相手打者がファールフライを打ち上げ、岩城は身を挺してベンチに飛び込みキャッチしようとします。

©Akatsuki Inc.

結果的に落球してしまいましたが、そのガッツ溢れるプレーで投手の直江をはじめとした選手達は奮起。ファインプレーなども飛び出してピンチを脱します。
…その直後の攻撃、ランナー二塁のチャンスで打席に入る前に、岩城は思い至りました。真の応援とは声を届けるだけではなく、決して諦めない強い気持ちを届けることが大事なのだと。そうすればきっと何かが起こせるはずだということを。

©Akatsuki Inc.

そして自分はその気持ちを、ちひろに届けたい。その一心でボールに食らいついた岩城の一打は、同点に追いつくタイムリーヒットとなったのです。

…しかし反撃もここまでとなり、試合は結局引き分けに終わりました。
それでもどうしてもちひろに会いたい。今度は自分の気持ちをしっかり伝えて、背中を押してやりたい。そう懇願する岩城の姿を見て桐もついに根負けし、ともにちひろの入院する病院に向かうことになったのですが…。

©Akatsuki Inc.

ちひろは病状がやや厳しいと偽って岩城との面会を拒否し、代わりに手紙を渡すよう桐に頼んだのです。

その手紙を読んで、岩城は安心しました。なぜなら試合中にベース上で桐と交わした会話によると、ちひろは「誰にでも優しく礼儀正しい姉」とされており、その食い違いに違和感を覚えていたのですが…手紙の内容は、かつての彼女の態度のままだったからです。
手紙には「応援の力で自分の病気が治せるというのなら、自分があなたを病室で応援すれば野球で一番になれるということのはず。それを証明してみろ」といったことが書かれており、岩城はそれを読んで発奮。野球で一番になって応援の力を証明してみせる、そしてちひろを勇気づけてみせると意気込むのでした。

©Akatsuki Inc.

…しかし一連の出来事の後、そこには一人になったところで鬱陶しそうな言葉を吐き捨てるちひろの姿が。
果たして彼女の胸中とその言葉の意味するところとは…?

・昔日の想いを君へ(1年生編メインチャプター・11月中旬)
上記の続編となるエピソード。
ちひろの手紙をきっかけに奮起した岩城は、以前にも増して練習に熱が入るようになります。しかしその一方で、ちひろの入院する病院に毎日のように足を運びながらも、未だに彼女と直接話すことはできずにいました。

©Akatsuki Inc.

そんなある日、同じように毎日病院へとお見舞いに来ていた桐に「姉の病状が気になるなら直接会ったらどうか」と言われ、岩城は複雑な胸の内を告白します。

ちひろの手紙を読んで、野球で一番になり応援の力を証明してみせると誓ったこと。しかし自分はまだまだ下手なので、そう誓った手前としては面と向かって話すのが恥ずかしいということ。それを桐に話すと、今度は桐が思うところを口にしました。

©Akatsuki Inc.

最近、姉を支えたいという気持ちが、知らず知らずのうちに姉の負担になっているのではないかと考えることがある、と。
そんな桐の悩みに自身も心当たりがある岩城は言葉を失い、翌日の練習でもそのことについてばかり考えてしまいます。他の部員達に尋ねてもそれを払拭するような答えは得られず、どうしたものかと頭を抱えていたところ…。

©Akatsuki Inc.

仙波が家族のために編んでいたマフラーを見て、これだ!と飛びつきました。マフラーはかつて自分とちひろを繋いでいた思い出の品であり、これを渡すことをきっかけにして話そうとしたのです。

練習後に部室で、そして訪れた病院で悪戦苦闘しながらマフラーを編んでいく岩城。その様子をちひろと見舞いに来ていた桐が目撃しますが、声をかけることはしません。しかしそんなことが続いたある日…ちひろは桐を病室に行かせて、自ら岩城に声をかけたのです。

©Akatsuki Inc.

ちひろは相変わらずぶっきらぼうな物言いでしたが、それに感激する岩城。場所を移してひたすら思いの丈をぶつけ言葉を交わしましたが、彼女の態度は軟化しません。

©Akatsuki Inc.

しかしそれを気にする様子もなく、岩城は複雑な心境を素直に吐露しながらも、いつも通り底抜けの明るさで友人との再会を喜んだのでした。

©Akatsuki Inc.

そうして病院の中に戻っていく時、岩城はちひろから来年の夏に海外で手術を受けると聞かされ、桐には自分から話すので黙っておくように言われます。それに対して岩城は、桐は毎日お見舞いに来るくらいちひろのことを大切に思っている、だからなるべく早めに話してやってほしいと伝えました。
しかしちひろ曰く「桐が見舞いに来るのは週に一回くらい」で、「毎日来られてもうざいだけ」といいます。それに反論する岩城でしたが、ちひろは病気で野球を続けられなくなった自分の代わりに野球を始め、その話をすることが自分の励みになると思っている桐に憎まれ口を叩き…。

©Akatsuki Inc.

妹の思いを、そんな皮肉めいた発言で締めたのです。

そのタイミングで自分を探しに来た桐と会い、いつもの姉としての姿に戻るちひろ。そんな彼女に、岩城はついに完成した手編みのマフラーを渡します。

©Akatsuki Inc.

それを受け取ったちひろが、桐の前にもかかわらずこぼした「素」の言葉。それに面食らう桐と、改めて決意表明をする岩城。そんなシーンでこのエピソードは終わりを迎えましたが、その中にはまだ明かされていない謎や疑問が残りました。
様々な思いが交錯するであろう三人の物語が、今後どう発展していくのか。その結末が描かれる時を楽しみに待ちましょう。

個人的考察とまとめ・岩城の人物像とは

ここまで岩城良美というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「岩城とちひろの思惑と、その関係から見る彼女の人物像について」。

上記項目で解説したエピソードにおいて深く関わっている岩城とちひろですが、特にちひろの本心などについては不明瞭な点がちらほら。ここではそのことについて推測しながら、それを元に岩城良美というキャラクターについて紐解いてみます。

まずはちひろの本心について。前述のエピソードや公式小説を見るに、岩城曰く「わがまま」な方が現在の彼女における本来の性格であることは間違いありません…が、だとしたらちひろはなぜ妹の桐の前で礼儀正しい姉を演じているのでしょうか。

あくまで推測の域を出ませんが、もしかすると桐が言う「誰にでも優しく礼儀正しい」性格は最初は演技ではなかったのかもしれません(つまりそちらが本来の性格ということ)。桐の発言によるとかつては野球で男子顔負けの守備を見せるほどの健康体だったということなので、そこから入院生活を余儀なくされた現在の状況とのギャップでやさぐれてしまった可能性はあります。

もしそうだとすれば、プレーできなくなった自身の代わりにと野球を始めた桐に対しての憎まれ口も合点がいきます。
桐はちひろと一つしか違わず、しかも岩城が見間違えるほど外見も似ているため、プレースタイルなども含めて選手としての桐はこの上なくかつてのちひろに似ているはず。そんな姿を見て「自分も昔はこうだった」「本当はこうなるはずだった」ということを考えるなという方が難しい話でしょう。そんな姿を見て、ちひろは自分をもはや姉であることでしか桐の上に立てないちっぽけな存在だと感じ、そのために理想的な姉を演じているのかもしれません。
本来の性格に関しては完全に推測ですが、岩城へのぼやきを見るに複雑な感情を抱くなかでも桐の前では理想の姉を演じているのは事実。それは選手としての価値を失い、本当はやさぐれている自分でも慕ってくれる妹への、彼女なりのお返しなのでしょうか…。

さてその一方で岩城は、元々本性を知られているということもあるとはいえ自分を対等に見てくれる相手。そして自分への先入観もなく、やさぐれているところを見てもなお「友達」と言い切ってくれる相手でもあります。
周囲の人間にあまり心を開いていないのが窺えるちひろですが、そんな岩城に対しては心を開くとまではいかずとも一定の感情は抱いていたのかもしれません。好きや嫌いの反対にある感情は無関心と言いますし、少なくとも彼女は岩城に対して無関心ではありませんからね。

またちひろは桐に対して「毎日来られてもうざいだけ」と評していましたが、言動を考えると(言い方は悪いですが)鬱陶しさは桐より岩城の方がはるかに上でしょう。その割に岩城は体調がよくないと伝えれば無理に病室には来ない聞き分けのよさもあるため、本当に鬱陶しく思っているのなら桐を通してそう伝え続けていればよかったはず。
にもかかわらず手紙で周りくどく諦めることを促したり、最終的には自分から話しかけたりしたのは、岩城に対して何かしら思うところがあったからだと考えられます。

個人的な予想ですが、ちひろは自身の病気やそれの比喩として用いた「岩城が野球で一番になる」ことに対して無理だと思うのは本心だとしても、一方で「もしかしたら」という思いがどこかにあったのではないかと思います。岩城の底抜けの明るさと前向きさには、ちひろに僅かでもそう思わせるだけの力があるように思うのです。
岩城は終始ちひろに対して変わらない態度で接しており、その姿勢と情熱がちひろの心を少しだけ動かした…と考えるのは、好意的すぎるでしょうか。

岩城とちひろと桐、この三者の関係が今後どうなっていくのかはまだわかりません。しかしここまでの物語から、岩城良美というキャラクターの魅力は明るさとまっすぐさだけではなく、その情熱で周囲の人間にも影響を与えられることだと自分は思いました。
自分にできることを精一杯やることに心血を注ぎ、その結果として誰かに勇気を与える。熱血応援バカというのはあくまで表面的なキャラクター像にすぎず、そんな「他者の力になる」人物として理想的な姿こそが彼女の本質のように思います。

そんな彼女は、果たして「野球で一番」になることができるのか。最後の夏が終わった時、ちひろとどんな言葉を交わすのか。ぜひ彼女の本質に目を向けながら、ゲーム本編で楽しんでいただきたいですね。

※2020/12/11追記
追加エピソード「雪片に伸ばした手(1年生編サイドチャプター・12月中旬)」において、また新たに三者の思いが描かれました。
詳細は実際に見てもらいたいのでここでは述べませんが、ちひろの本音とそれを受けた岩城と桐の決意を見ることができるエピソードとなっています。この三人の関係性が気になる人はぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました