人情味溢れるヤンキー(?)娘!泉田 京香の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは泉田いずみだ 京香きょうかです。一目で記憶に残るリーゼントが特徴の彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

泉田京香の概要

©Akatsuki Inc.

立派なヤンキーを目指して、まずは形から入ったリーゼント娘。
毎日一時間以上かけてセットしている髪型には並々ならぬこだわりを持っています。

担当声優の生田善子さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

泉田京香はどんなキャラ?

派手なリーゼントヘアーが目を引く(自称)ヤンキー。その外見と荒っぽい口調から第一印象では怖く見られがちですが、義理人情や仲間との絆を重んじる姉御肌の頼もしい人物です。
外見こそ派手なために教師や風紀委員からの印象は悪いものの、前述の通り実際はかなりいい人ヤンキーなのにクラスメイトに遅刻しないよう注意したり、元気がない部員を励ましたり、他者の気遣いにきちんとお礼を言ったりするなど、根っこは不良というより善人そのものです。
野球部の練習もサボるどころか真面目に取り組んでおり、厳しい特訓にも進んで挑戦する熱血漢(女子だけど)な一面も。そんな第一印象との大きなギャップが彼女の魅力といえます。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが、実家が旅館であるため「お稽古」や「礼儀作法」といった締めつけの多い生活を送ってきたとのこと。高校入学を機にヤンキーらしく振る舞うようになったのはそんな家庭環境への反発だと思われますが、後述のエピソード群を見るにそれ以外にもいろいろと要因があるようです(もしかしたら期間限定エピソードなどで明かされているのかもしれませんが、いかんせん管理人が新参者なもので…)。
言動の端々に育ちの良さが滲み出ているのも、そういった環境からきているのでしょう。

©Akatsuki Inc.

ちなみにその経緯上ヤンキーキャラは演技だと思われますが、少なくともメインストーリーでは現状うっかり素が出てしまったという場面はなかったりします(最初期に意識している描写があるくらい)。
元来の性根がそうだったのか、それとも「お稽古」で鍛えられた演技力の賜物なのか…。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは左翼手。試合描写はあまり多くはありませんが、時には打席で、時にはベンチで、時にはスタンドでチームを鼓舞する姿を見せています。
選手としては素人ながら、左利きなところや恵まれた体格、持ち前のど根性など今後光りそうな要素は多数。特に打撃に関してはところどころで活躍を見せており、今後の成長に期待がかかります。

同じ左翼手としては経験者のの壁が厚いものの、独自の路線でポジションを掴めるのか注目ですね。

泉田京香の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「交わる道に決意の標」。

一人称、そして髪型を改め心機一転して高校生活に臨むことにした泉田。緊張しながらも「ヤンキー」らしい振る舞いを意識して過ごすものの、話しかけてくる人物も髪型に触れてくる人物もおらず、果たして自分が本当にヤンキーらしいのか確かめる術がなかったためモヤモヤとした思いを抱えていました。

©Akatsuki Inc.

そんな時に部員勧誘をする部活動生の声を聞き、一年生は入部必須であることから部活をどうするか考えます。今までは「おしとやか」な習い事ばかりだったから、どうせなら体を動かせるものがいいか…などと漠然と考えていたところ、職員室から出てきた人物とぶつかってしまいました。

©Akatsuki Inc.

その人物とは、風紀委員を希望していた月島。生真面目な彼女は泉田のリーゼントを見て大声をあげるほど驚きますが、当の泉田はようやく髪型に触れてくれる相手がいたと喜びます。そんな泉田に対して、規則に厳しい月島は宣戦布告のような言葉を叩きつけて去っていきました。

©Akatsuki Inc.

後日無事に風紀委員となったものの、部活については何も決めていなかった月島。そんな折に有原達が女子野球部の部員を募集しているというお知らせをしたため、そのことについて考えていると…。

©Akatsuki Inc.

貼り出されたポスターを見ている泉田を見つけたため、早速指導しようとしました。しかし泉田は話を遮り、「甲子園は女子でも出場できるのか」と問いかけます。

©Akatsuki Inc.

そんなことを尋ねた理由は、泉田が見ていたポスターでした。それは女子野球部が甲子園を目指していることがはっきりとわかるものでしたが、記憶の限りでは甲子園に出ていたのは男子だけだったはず…二人がそんな会話をしていると、どこからか男子生徒の話し声が聞こえてきました。

©Akatsuki Inc.

女子野球部を嘲笑うような内容だったそれに泉田は食ってかかりますが、そのやりとりの中で二人は女子の甲子園出場が認められていないことを知ります。

©Akatsuki Inc.

その事実を知って、泉田はそれでもなお目標を変えず本気で取り組む女子野球部の姿に惹かれ…。

©Akatsuki Inc.

月島は、規則というもののあるべき姿について考え…。

©Akatsuki Inc.

風紀を守る者と乱す(?)者としてお互いに宣戦布告をしながらも、最終的に同じ思いを胸に女子野球部への入部を決めたのでした。

泉田の決意、月島との関係、そしてそんな二人が同じ志を持って入部へと繋がる様子が描かれた、とても綺麗にまとまったエピソードですね。

泉田京香と関係の深い人物

姉御肌な人物像ゆえか、先輩よりも同年代以下との絡みが多めな泉田。その中でも特に目立つ相手を紹介します。

月島 結衣
入部エピソードから始まり、以降も事あるごとに泉田自慢の髪型について絡んでくる人物。
ヤンキー風紀委員という典型的な対立構造であり実際にそういった場面もあるものの、お互いに本気で悪印象は抱いておらず「喧嘩仲間」といった方がしっくりくる関係です。
むしろ泉田は自分をちゃんとヤンキー扱いしてくれることから、悪印象どころか良き友人として見ている節も。月島も悪人ではない彼女の本質を次第に理解したためか、現在は以前ほどの厳しさは見せていません(それでも髪型については常に修正の機会を窺っていますが)。

©Akatsuki Inc.

選手としても経験者のレギュラーが壁として同ポジションにいるところや、真面目に練習に取り組んでいるところなどの共通点がある二人。泉田の髪型を巡る対決(?)も含め、今後の描写が楽しみな二人ですね。

直江 太結
とても控えめな性格であり、一見泉田とは相容れないような人物。しかしそれが逆に功を奏したのか、現在ではかなり親交が深まり一緒にいる場面がしばしば見られる仲に。口調が伝染るなどちょっと変な影響も受けている様子

©Akatsuki Inc.

その関係については1年生編サイドチャプター「夜の帳を切り裂いて」をはじめとしたいくつかのエピソードや、期間限定イベントかつ復刻も不定期ではありますが「込める信念 繋がる絆」のエピソードでも描かれています。機会があればぜひ見てほしいですね。

これを読もう!泉田京香おすすめエピソード

試合での活躍は多くありませんが、そのぶん日常エピソードで存在感を示している泉田。彼女の魅力を感じられるものを中心に紹介します。

・あこがれのウェディング!?(1年生編サイドチャプター・7月上旬)
妄想が広がる(?)結婚式のエピソード。

夏に向けて他校と多く試合を組むために遠征を計画するものの、金銭面での問題が浮上してしまった女子野球部。その日の帰り道で、泉田・初瀬逢坂の三人は遠征費を稼ぐために短期のアルバイトを探そうと考えます(実際に乗り気なのは逢坂だけでしたが)。
そうして後日…逢坂が「条件ピッタリなバイトを見つけた」と言って二人に見せてきたのは、ウェディングドレスの撮影モデルでした。そこから部員達がこのバイトをこなす姿を想像して盛り上がった三人でしたが…?

©Akatsuki Inc.

(想像上の)部員達のドレス姿はもちろん、泉田の常識人らしい冷静なツッコミも見所(?)のエピソードです。

・修学旅行と私の将来(2年生編メインチャプター・6月上旬)
泉田ら2年生組の修学旅行を描いたエピソードです。

夏大会を前に修学旅行にやってきた2年生達。自由時間で各々が観光などを楽しむなか、泉田は直江とともに茶道体験会に参加していました。

©Akatsuki Inc.

泉田の出番はこの一話のみで終わりですが、茶道の体験を通して「ワビとかサビとか」を身につけようとする姿や、直江との会話で将来について考える姿から、短いながらも彼女なりの覚悟を感じられるエピソードといえるでしょう。

・プールオアリーゼント(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
タイトル通り、泉田のリーゼントをめぐるあれこれを描いたエピソード。

ある夏の日、午後の自主練時間の日程がプールに変更になりはしゃぐ部員達。泉田もそれに乗じてテンションが上がりますが、そこで月島があることに気付きます。

©Akatsuki Inc.

そう、プールは基本的に整髪料が使用禁止。つまりセットしているリーゼントヘアーの泉田はそのままでは泳ぐことができないのです。まさに好機と言わんばかりに髪型を改めるよう提案する月島でしたが、泉田はリーゼントの方をとりプールを諦めることにしました。

そんな彼女を見ていた月島に、天草花山が声をかけ…。

©Akatsuki Inc.

そうして一人で部室にいた泉田のため、プールに行っても問題ない髪型を模索することになります。

©Akatsuki Inc.

…しかし結局アイデアはグダグダ、髪型はグチャグチャ。健闘虚しく、泉田はまた一人で部室に残ることに。
ですがそこに「いつも我妻の髪型をアレンジしている」桜田が現れ…?

©Akatsuki Inc.

彼女の「魂」である自慢のリーゼントを巡る軽快なやりとりに加えて、月島との微笑ましい関係性も見ることができる楽しいエピソードですね。

個人的考察とまとめ・情に厚くなったわけ

ここまで泉田京香というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「泉田が情に厚いヤンキーを目指す理由について」。

ヤンキーキャラとして定着している泉田ですが、そうなった理由が家庭環境への反発であろうことは前述しました。
しかし単に窮屈な環境に反発するだけであれば、作中で彼女が言うような「義理人情と仲間との絆を大切にする」ヤンキーになる必要はありません。むしろわかりやすくグレた方が、家庭環境に不満を抱いていることをより家族に伝えられるでしょう。
にもかかわらず「友情・人情を大事にするヤンキー」を目指したのは、厳しい家庭において行っていたおしとやかな習い事が原因かもしれない…というのが今回の考察(という名の妄想)です。

(あくまで個人のイメージではありますが)華道・茶道・着付けなど、一般的におしとやかとされる習い事は基本的に個人技であり、相手について考えることはあってもチームプレイというものとは無縁なことが多いですよね。
また厳しい家庭ということもあり、習い事で忙しくて放課後に友達と自由に遊ぶ時間が少なかった…という可能性も考えられます。つまり泉田は「友達と一緒に何かをする」という経験に乏しいのではないか、と思うのです。
加えて習い事だけでなく日常生活でも「おしとやか」な所作を求められ続けていたとすれば、単に窮屈というだけでなく気楽に接する相手がいないという孤独感もあったでしょう。そんな環境だったからこそ、それから解放されようと心機一転した時も単純にグレるのではなく、人情と友情を大切にすることを目指したのかもしれません。

そんなバックボーンがあると仮定すれば、入部エピソードで周囲に「ちゃんとヤンキーらしく見えているか」と聞けない姿や、普段の(ヤンキーなのに)素行が良い姿、友情や魂について熱く語る姿にもまた違う印象を受けます。
外見と内面のギャップだけでなく、ヤンキーを演じている彼女の心中にも目を向けることで、より一層泉田京香というキャラクターの魅力が滲み出てきそうですね。

第一印象だけの一発屋に見えて、実は味わい深いキャラクターである泉田。そんな彼女の活躍は、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました