すべては翼のために!河北 智恵の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは河北かわきた 智恵ともえです。メインヒロイン有原の幼馴染みである彼女は一体どんなキャラクターなのか、紹介していきます!

河北智恵の概要

©Akatsuki Inc.

有原の幼少期からの幼馴染みであり、上の画像にもあるように唯一無二の大親友。彼女とともに女子野球部を創設した初期メンバーの一人です。

担当声優の井上ほの花さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

河北智恵はどんなキャラ?

※キャラクター個別記事シリーズでは基本的にキャラクター名を苗字で表記していますが、本記事のこれ以降に限り有原翼を「翼」と表記します。愛ゆえに。
有原翼の記事はこちらにありますので、よければ併せてお楽しみください。

朗らかで気配りができ、野球以外はポンコツな翼のフォローやツッコミもこなす常識人。加えて一生懸命な努力家としての面もあるとてもいい子です。
しかし彼女の魅力にして最大の特徴は、翼がすべてと言っても過言ではないその行動指針。

©Akatsuki Inc.

最初のうちは友達想いのいい子だなぁという印象ですが(実際その通りではありますが)、物語が進むにつれて明らかに翼に対する言及や描写が他のキャラクターに比べて多いことに気付きます。
本編の舞台である高校に入学する以前から野球に打ち込む翼をサポートしていただけでなく、受験する高校選びや(女子野球部の創設、そして選手としての入部という)部活動の選択までも翼基準。それを裏付けるように、中学までは選手ですらないにもかかわらずプロフィールの特技欄には「野球用具に対する知識」とあり、それ以外にも何かと目につく「翼のために」「翼のおかげ」といった台詞などなど…。
ついでにゲーム中で確認できる「選手のヒミツ」では、幼少期は毎日一緒に入浴していたという事実まで明らかになります。

決して他を蔑ろにしているわけではないのですが、それを考慮しても翼を原理とした行動と翼への言及の多さは群を抜いているといえますね。

©Akatsuki Inc.

そのとにかく翼、あまりにも翼な言動を見ていると、彼女の深い愛情を感じると同時に微笑ましい気持ちになれます。同性愛者であるような描写はないのでいわゆるレズではない…はず

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは二塁手で、やはりというか翼と二遊間コンビを組むことも多いです。持ち前の素直さと一生懸命さで頑張る姿が可愛らしいという印象ですが、正真正銘の初心者でありながら難しいポジションである二塁手を大きな問題なくこなせるようになっているあたり、実はかなりのセンスの持ち主なのかもしれません。
事実、最近のストーリーでは東雲などからも成長を認められる描写があるなど、今後の活躍にも期待ができるキャラクターです。いずれは選手としても翼と並び立つことができるかも?

河北智恵の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「君と目指す場所」。
前述の通り、翼とともに女子野球部の創設に直接関わったある意味真の初期メンバーです。

主人公との出会いをきっかけに女子野球部の創設を目指す翼をチラシ配りなどでサポートする傍らで、翼と気まずくなっていると思っていた主人公に翼のこれまでの経緯を伝え、もう一度話してほしいと伝えました。それを受けて主人公が翼と再び向き合ったことで、彼女達は夢を目指してまた走り出すことができたのです。
彼女の気遣いがなければそもそも本作の物語が始まらなかった可能性すらあり、そういう意味では些細ながらもとても重要な役どころだといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

中学時代の翼の活躍を嬉しそうに話すところや、翼の本当の気持ちを感じ取っている描写など、まさに幼馴染みの本領発揮といったエピソードですね。

河北智恵と関係の深い人物

他のキャラクターとの絡み自体は豊富なものの、実は関係が深いといえるような相手は少なめ。その点でも翼一筋なところが窺い知れますね…。

有原 翼
ここまで何度も解説した通り、幼馴染みにして大親友にして行動原理といえる存在。河北は翼の力になるために一緒の高校を選び、女子野球部の創設に協力し、主人公と引き合わせたのです。その愛の深さは他のキャラクター同士の関係性と比べても右に出るものはいません。

©Akatsuki Inc.

一方で野球以外はさっぱりな翼に活を入れたり叱ったり介護したり(?)と、ただ仲良くするだけではない幼馴染みならではの距離感がこの二人の最大の魅力。今後も変わることなく共に歩んでいってくれるでしょう。

中野 綾香
シンデレラストーリー「練習なくして勝利なし!?」にてともに主役を務めるキャラクター。
練習だけでなく情報収集も重要だという彼女に対して、真面目に練習に取り組むべきだと考えていた河北は「不真面目だ」という印象を抱き、いがみ合ってしまいます。しかし周囲のフォロー等もあり、少しずつお互いを理解して歩み寄っていく二人。そして迎えた大会では、中野のデータを活かした河北の活躍でチームを優勝に導くことができたのです。

©Akatsuki Inc.

…しかし結局、ちょっとした一言をきっかけに再び喧嘩に発展。「喧嘩するほど仲がいい」を地で行くコンビとなったのでした。
基本的に人当たりがいい河北が感情を剥き出しにできる貴重な相手として、今後の絡みにも期待ですね。

これを読もう!河北智恵おすすめエピソード

登場するたびにとりあえず翼と絡むことがほとんどな河北。その中でも特に印象に残るものと、貴重なそれ以外のキャラクターとの絡みが見られるエピソードを紹介します。

・ノエルは微笑みの中で(1年生編サイドチャプター・12月中旬)
クリスマスエピソードの一つ。翼と一緒ではない珍しいエピソードでもあり、他の部員達とともに遊園地でのクリスマスを楽しむ姿が描かれています。
和気藹々とした雰囲気から翼以外とも仲がいいのが伝わってきますが、そんななかでも翼へのお土産を真っ先に探すあたり、やはり彼女の翼好きは筋金入りですね。

©Akatsuki Inc.

・闘志燃ゆる!炎天の大一番(1年生編サイドチャプター・3月上旬)
東雲とともにメイン格となる試合エピソード。
練習試合に人一倍気合を入れて臨む河北でしたが、チャンスでの凡退や不運なエラーなどが重なり、そのせいで余計に力んで気合が空回りするという悪循環に陥ってしまいました。しかしそこで見かねた東雲が厳しくも的確な発破をかけ、それを受けて目が覚めた河北は好守備で応えます。そして最後はそんな河北の懸命な姿に影響された東雲が好走塁を見せ、見事チームを勝利に導いたのでした。
技術や精神面はもちろんですが、東雲に認められた上で彼女に影響を与えることもできるという、河北の選手としての成長が感じられるエピソードですね。

©Akatsuki Inc.

・修学旅行と私の将来(2年生編メインチャプター・6月上旬)
二度目の夏を前にした修学旅行でのエピソード。幼稚園から現在までずっと翼一筋だった河北の想いの強さ、そしてその先を見据えた際の葛藤が描かれました。
翼一色の青春で構わないと断言するほど翼への気持ちを強く持っている河北。しかしその反面、上級生が引退する今年の夏のことを考えると、どうしても自分達の引退、そして卒業について考えずにはいられません。それは高校だけでなく、ずっと一緒だった翼からの卒業も意味するのです。
作中では翼の発言で思考が中断されてしまいましたが、そんな彼女がどのような道を辿るのか、見守っていきたいですね。

©Akatsuki Inc.

個人的考察とまとめ・翼一筋のわけ

ここまで河北智恵というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「河北が翼一筋なわけについて」。

多種多様な形で翼と関わる河北ですが、そうなるきっかけとなった出来事は作中では明確に描写されておらず、幼馴染みという関係から推測するしかないのが現状。しかし単なる幼馴染みというにはいろいろと距離が近くまたあまりにも献身的という印象を受けます。そこで彼女がそうなったわけについて何か情報がないかと調べてみたところ、公式サイトの連載小説にそのヒントがありました。 ※以下小説のネタバレ注意

ゲーム中では「翼は中学時代に女子は甲子園に出場できないことを知ってショックを受けた」という情報くらいしかありませんでしたが、小説ではその辺りの描写が掘り下げられています。
中学での野球が終わって、試合では大活躍したにもかかわらず翼のもとには高校のスカウトが一人も訪れなかったこと。ある日、女子でも甲子園を目指せるようにしたいと翼が思い立ったこと。そのための活動に河北も協力したものの、結局状況は変えられなかったこと。受験という人生の岐路を前に、やりたいことをやれないという事実を突きつけられた翼と、翼をずっとそばで見ていた故に胸を痛め思い悩む河北の姿が描かれていました。

そんな経緯を辿っていたということから推測すると、ゲーム本編で河北があれほどまでに翼のために尽くせるのは、翼が好きということに加えて自分一人の力添えではどうにもならなかった経験があるというのが大きいのではないかと思います。
なので高校で翼が再び「女子野球部を作る」と言い出した時、つまりもう一度チャンスが巡ってきた時には積極的に協力しましたし、翼の希望の星であった主人公にも声をかけるに至ったのでしょう。翼の考えに賛同して野球部員が数多く集まった現在でもその思いは続いており、だからこそあらゆる面で翼の力になるために努力しているのだと感じました。翼の夢である甲子園は、実は河北の夢でもあったわけですね。

ともすれば愛が重いように感じられる言動も、すべては親友のことを想う気持ちがあってこそ。正直なところ、あまりにも絡みすぎて今回紹介しきれなかったシーンもかなりあるので、彼女と翼が共に歩んでいく様子をぜひゲーム本編でも楽しんでいただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました