見据えるは強大な姉の背中…草刈 ルナの紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは草刈くさかり ルナです。クールさが漂うビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

草刈ルナの概要

©Akatsuki Inc.

高校女子野球最強と名高い界皇高校の主将・草刈レナの妹で、中学時代は同じシニアチームに所属していた有名選手。ある事情から姉のいる界皇ではなく本校に入学し、打倒界皇を目指すストイックな野球少女です。

担当声優の青木志貴さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

草刈ルナはどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

非常にクールな性格で、どこか他者を寄せ付けない雰囲気を纏う一匹狼な少女。登場当初は野球への情熱を失っていましたが、後述の入部エピソードを経て取り戻し、現在は姉の草刈レナ率いる界皇高校を倒すことに心血を注いでいます。その思いは非常に強く、練習でも試合でも常に意識の高いプレーを見せ、その姿だけで周囲を引っ張れるほど。

全体的に東雲と似たキャラクター像ですが、彼女と比べて周りに口を出すことは少なく、とにかく自分を高めることに集中している印象。良く言えば一途、悪く言えば視野が狭いといったところでしょうか。
また東雲ほど取り付く島もないようなタイプではなく、時には先輩や同級生の言うことにも素直に従うなど、無愛想ながらも最低限のコミュニケーション能力は持ち合わせています(本当に最低限ですが…)。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女ですが私生活はかなりズボラで、上記プロフィールにある食の嗜好もアスリートとしてどうなのかと言いたくなるような内容。一人暮らしをしておりアルバイトで生計を立てるなど自立心自体は強いものの、妙にリアルなダメさが滲み出る様からは年相応の可愛げが感じられます。
またFPSゲームやミリタリー系が趣味という意外な一面もあり、そういった公私のギャップが大きいのが彼女の魅力といえますね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは左翼手。草刈レナの背中を追い続けていただけあって総合的な実力はかなりのもので、特に守備に関してはシニア時代から定評があった様子。それでいて打撃もレベルが高く、高校でチームメイトとなった我妻に対しては中学時代に三割近い打率を記録していました。
そのため試合エピソードでの活躍も多く、上級生達からもすでに主戦力の一人として見られています。

上述のようにメインポジションは左翼手ですが、夏大会前に行われたAGBL(紫陽花ガールズベースボールリーグ)では二年生が不在であったことから中堅手として出場。その際に本職と遜色ないプレーを見せたことから、一年目の夏大会では中堅手のレギュラーとして選出されました。その際には何かと波紋を呼んだのですが…詳細はリンク先の記事にて。

草刈ルナの入部経緯

該当エピソードは2年生編サイドチャプター「動き出した時計の針」。

4月も下旬となったある日。入学式前に「草刈レナの妹が入学する」という情報を掴んでいた女子野球部でしたが、肝心の本人に入部する気配が微塵もないために情報元の中野は焦りを見せていました。
なんとかできないか…という状況で先日草刈レナとお茶をしたという有原に白羽の矢が立ちますが、有原どこか歯切れの悪い様子で「自分もちょっと考えてみる」と答えを保留します。

©Akatsuki Inc.

…しかし、有原は悩んでいました。なぜなら先日草刈レナとお茶をした際、彼女が件の妹に「あなたは界皇に来るべきではない」と言い放った現場に居合わせていたからです。草刈は姉の一連の発言を厄介払いだと思い込んでおり、それをきっかけに姉妹の関係がこじれてしまったのを知っている有原は、勧誘よりも先にその誤解を解こうと考えていたのです。

©Akatsuki Inc.

とはいえ、じゃあどうすればいいのかという案は浮かばず…結局直談判という手段に出るものの、草刈にはにべもなく断られてしまいました。
そのせいもあって、有原は練習中も授業中も草刈のことを考えていて上の空。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女を、椎名はどこか複雑そうな表情で見ていました。

さらに後日。椎名は相変わらず思い悩んでいる様子の有原に事情を尋ね、草刈と姉の関係についてみんなには秘密という条件で話を聞くことに。そうして椎名は、草刈が自分と同じ姉へのコンプレックスに悩む人間だということを知ります。

©Akatsuki Inc.

同時に、姉へのコンプレックスなど微塵もない有原ではその感情がわからないのも無理はないだろう、とも考えていました。

そんな状況が続いたある日、椎名桜田と買い出しに出かけた際に偶然草刈と出会います。中学時代の実績を称えて入部しないかと誘う桜田を、草刈は強く拒絶しますが…。

©Akatsuki Inc.

椎名はそんな彼女を訳知り顔で諭し、「騙されたと思ってちょっと付き合ってよ」とグラウンドに誘ったのです。

©Akatsuki Inc.

そうしてたどり着いたグラウンドで、椎名桜田が買ったばかりの防具を試すという名目で草刈に一打席勝負を提案。しかし草刈は、軽薄そうに振る舞いながらもどこか含みのある椎名を見て、「あなたも妹なの?」と問いかけます。
椎名はその問いに直接は答えず…ただ「高校でも野球を続けた方がいい」と切り出して、自分の思うところを語りだしました。

©Akatsuki Inc.

野球で失ったものは、野球でしか取り戻せない。そんな椎名の言葉を受けた草刈は、打席で彼女の球を眺めながら思いを巡らせます。野球から離れた日々の虚しさ、退屈さ…自分の中で日々大きくなっていく、姉への複雑な感情…そして、野球以外にこの気持ちを晴らす方法なんてないという、本当はとっくに気付いている答え。
そうしてツーストライクと追い込まれてからの三球目を投じようとする椎名に、草刈は再び尋ねました。

©Akatsuki Inc.

その問いにも、椎名直接答えることはなく。ただ「自分のように遠回りしてほしくない」とだけ言い、三球目を投げ込んだのです。

そのボールに、草刈は…。

©Akatsuki Inc.

 

その翌日、草刈は女子野球部の部室へとやってきました。「今さらだけど」と少しばつが悪そうにしながらも、入部届をしっかりと手にして。

最後に彼女が語る決意はもちろんのこと、同じ姉へのコンプレックスを持つ椎名との対比や、そんな彼女の言葉だからこそ素直に受け入れる草刈の姿など、印象的なシーンが盛りだくさんのエピソードですね。

草刈ルナと関係の深い人物

公式で「干渉や馴れ合いを嫌う」とされているだけあり、交友関係は決して広くはない草刈。そんな彼女と関わりを築けた数少ない猛者(?)達を紹介します。

小鳥遊 柚
同期の新入生組の中では比較的絡みが多い…というより、あちらから絡んでくることが多い相手です。
寡黙で不愛想ながらもプレーでチームを引っ張る草刈に対し、高いコミュニケーション能力を持ちチームの和を重視する小鳥遊はものの見事に対極的な存在。後述するおすすめエピソードにおいても、その対比は大きなテーマとして描かれています。

©Akatsuki Inc.

元はといえば小鳥遊のコミュ強が高じて始まった関係ですが、作中での草刈に対する小鳥遊の憧憬混じりの感情や、いろいろと正反対なキャラクター像など、今後さらに関係を深めていくための材料は十分揃っています。
お互いに自分にはないものを持っている相手として、弱みを補い合えるような関係の発展に期待したいですね。

椎名 ゆかり
前述の通り、入部エピソードにて草刈が野球を再開する大きなきっかけとなった人物。お互いに姉へのコンプレックスを持っているという共通点に加え、椎名の方はすでにそれを吹っ切っているという相違点を併せ持つ相手です。
姉への感情が草刈のアイデンティティに大きな影響を与えているのは周知の事実ですが、椎名が自身と似た境遇であると察してからは物言いが柔らかくなったことから、その感情を共有しうる相手である彼女に対して信頼のようなものを抱いても不思議ではありません。

©Akatsuki Inc.

現状は入部エピソード以外ではそこまで目立った絡みはありませんが、おそらくこの二人の見せ場は夏大会が終わった後だろうと考えています。夏大会で実現するであろう姉・レナとの対決を経た後の草刈は、勝つにせよ負けるにせよ心情が大きく揺れ動くことが予想されるからです。
その際に同じ道を通ってきた椎名がどんな動きを見せるのか、期待したいと思います。

これを読もう!草刈ルナおすすめエピソード

姉率いる界皇を倒すという目標のもと、ひたむきに野球と向き合う姿が印象的な草刈。そんな彼女の強い意志が窺えるエピソード群を紹介します。

・執念を振り払って(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
草刈の目標にして最大の壁である界皇高校との対峙が描かれるエピソード。

いよいよレギュラー発表も近づいてきたという時期の休日。サボり同盟すらも後輩への対抗心で自主練に励むなか、草刈は偶然出会った中野が界皇の偵察に行くことを知り同行を希望します。
そうしてたどり着いた界皇高校の練習グラウンドでは、鉄壁の二遊間である大和田・相良コンビをはじめとしたハイレベルな選手達が練習の真っ最中。しかし中野が休憩の隙を突いてより詳しい話を盗み聞きしようとしたところ、よりによって主将にして草刈との因縁がある姉・草刈レナに見つかってしまいました。

©Akatsuki Inc.

しかし草刈レナは二人をつまみ出すどころか、逆にグラウンドに迎え入れて偵察を許可したのです。「対策を立てられた程度で負けるような野球をするつもりはない」という絶対的な自信を見せつけられつつも、心置きなく練習を観察できるようになったことを喜ぶ中野でしたが…草刈は二人の会話には目もくれず、ある一人の選手を見つめていました。

©Akatsuki Inc.

その選手とは、投球練習をしていた鎌部 千秋。界皇のエースピッチャーにして、草刈にとっては自身や姉と同じシニアチームに所属していた先輩でした。
投球練習を終えて休憩に入った鎌部は、草刈がグラウンドにいるのを見て訝しむと同時に「夏大会前なのにだいぶ暇そうに見える「シニア時代に自分の球をまともに打てた試しがないのだから、偵察なんかより素振りでもしていた方がまだマシ」と彼女を挑発。草刈もそれに反論しますが、そんな会話を見ていた草刈レナが二人にある提案を持ち掛けます。

©Akatsuki Inc.

主将の進言に加え、「私たちが界皇を叩き潰す」という草刈の宣言を受けた鎌部は、一打席だけという条件をつけて草刈と勝負することにしました。

そうして始まった、様々な思惑が交錯する対決。鎌部は威力ある速球に多彩な変化球、正確なコントロールに加えてシニア時代には投げていなかった新球シュートで草刈を苦戦させます。

©Akatsuki Inc.

狙いを絞れずカットするのが精一杯なのを見て中野は不安がりますが、草刈レナは「中学の頃だったら3球目のフォークを空振りしていた」といい、勝負は最後までわからないと発言。
それを受けて中野が思わず叫んだ「冷静になればきっと突破口が見つかる」という言葉で、打席の草刈は思い至ります。

©Akatsuki Inc.

そこからさらに粘る草刈に、鎌部が投じたボールは…。

 

©Akatsuki Inc.

 

偵察を終えた帰り道、中野は草刈に感謝の言葉を伝えました。鎌部の独断とはいえ配球の偏りを知れたこと、様々なボールの軌道を見られたこと…そして草刈が粘ったからこそ、最後にデータにない新球を引き出せたことを。
そしてそれを受けた草刈もまた、偵察に連れ出してくれた中野に感謝の思いを返し、改めて決意表明をしたのです。

©Akatsuki Inc.

下記エピソードにも繋がる草刈の野球に対する姿勢を決定づけた、彼女にとって大きな転換期といえるエピソードですね。

・進むべき先にあるもの(2年生編サイドチャプター・7月中旬)
草刈と小鳥遊の野球に対する姿勢の違いが描かれたエピソード。

夏大会も近づいてきたある日。小鳥遊は未だに一匹狼な面が目立つ草刈にコミュニケーションの大切さを説き、もっと周囲と会話をするよう促します。
しかしそもそも本人にそういった意思が乏しかったこともあり、渋々行う会話も上辺だけのものばかりでなかなか成果を感じることはできず。

そんなある日の帰り道、現状報告も兼ねて一緒に帰っていた二人は有原直江に出会います。しかし先輩達と和気あいあいのコミュニケーションをとろうとする小鳥遊に対し、草刈は有原に「夏大会のレギュラーはもう決まっているのか」「ショートは実力だけで考えたら有原小鳥遊だろう(つまり直江はメンバー入りできない)」と、当事者の前で和気あいあいとは程遠いシビアな話題を振ったのです。

©Akatsuki Inc.

それを制止しようとする小鳥遊でしたが、直江はその言葉を受けてもなお強い意志で決意表明をしました

そして二人と別れた後、小鳥遊は先程の草刈の単刀直入な物言いを咎め「空気を読んで足並みを揃えるべき」と主張しますが…。

©Akatsuki Inc.

小鳥遊は草刈のその問いに明確な答えを返せず、そのまま大会前の最後の練習試合を迎えることになります。

草刈は期待された実力に違わぬ活躍を見せつけ、小鳥遊も草刈のアシスト込みでチャンスを演出するヒットを放つなど活躍。
しかし終盤になるにつれて試合展開は苦しくなっていき、逆転されてなお続くピンチでマウンドの直江は相手打者に特大の当たりを打たれてしまいます。それを見て諦めかけた小鳥遊でしたが…左翼を守る草刈は、その打球を無心に追いかけていました。

そして…。

©Akatsuki Inc.

©Akatsuki Inc.

自分の力で掴み取るという強い気持ちで、見事ホームランボールをキャッチしたのです。

そのファインプレーを目の当たりにし、ベンチで草刈を称賛する小鳥遊。しかし草刈は「あれは自分が自分の意志で掴んだものだ」とだけ言い、同時に小鳥遊に問いかけます。

©Akatsuki Inc.

言葉ではなくプレーでチームを引っ張るのだと身をもって示した草刈のこの言葉は、小鳥遊の野球に対する姿勢に大きな影響を与え、「胸の中で鳴る音」の葛藤へと続くことになります。その詳細は小鳥遊の個別紹介記事にて解説していますので、そちらも併せてどうぞ。

草刈ルナに今後期待することとまとめ

ここまで草刈ルナというキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人が個人的に彼女に期待することを書いていきたいと思います(新入生組はまだ情報量が多くないゆえ…)。
今回紹介した草刈に対して期待するのは、「姉と戦った後、大きく迷って揺れ動いてほしい」ということです。

今現在は姉・レナを倒すのに迷うことなくすべてを費やしているため、自分の目標ややるべきことに対しての迷いの少なさでは群を抜いている草刈。あまりにもそれがすべてすぎるキャラクターであるため、現状だけを見れば正直ここに書くテーマすら悩んでしまいます。

しかしそんな彼女の野球に対するモチベーションは、言うなれば姉のレナありきで成り立っている危ういものなのです。
他者を源とするモチベーションは、その繋がりがなくなった瞬間に途絶えてしまう可能性が非常に高いもの。ましてや草刈の場合、今年(入学年)の夏が三年生である姉の最後の大会であり、明確に期限が定められています。それを終えてからでも一年生である草刈には二年間という長い時間が残っているため、姉との対決を終えた時点で野球をする理由も見失って燃え尽きてしまうことは十分に考えられるでしょう。

しかし自分としては、そこで思う存分迷って悩んで揺れ動く様を見せてほしいと考えています。
草刈は姉を追って野球を続け、姉に否定されて野球から離れ、姉との決着をつけるためにまた野球を始めるという、徹頭徹尾姉と野球だけで構成されたような人物。そんな彼女が姉という拠り所を失ってなお野球を続けようとするなら、そこには相応の迷いや苦悩が生まれるはずです。
そこで人間くさく揺れ動く様を見せてこそ、草刈ルナというキャラクターはより深みを増すと思うのです。

勝つにせよ負けるにせよ、戦いを終えたレナは妹の草刈に何か言葉を残すでしょう。また燃え尽きたり迷ったりしている草刈の姿を見れば、小鳥遊椎名をはじめとしたチームメイト達も黙ってはいないはず。そうなればただ一人で抱え込むわけにはいかず、彼女の好まない干渉や馴れ合いが発生するのも避けられません
しかしそれを受け入れ様々な交流をすることで、ただ姉の背中を追って野球をしていた時とは違う「何か」を見つけられるのではないかと思っています。野暮ながらありえそうな展開を一つ予想すると、チームが今まで自分のためだけに野球をしてきたのを受け入れてくれていたことに気づき、今度は磨き上げた技術をチームのために使おうとするとか…。
そういった展開に期待していることも含めて、もっといろいろな相手と交流を深めてほしいと思いますね。

姉という目標に向かってひたむきに野球に打ち込む現在の姿も、それを終えた後の姿を想像する楽しみも魅力的な草刈。そんな彼女の今後の活躍は、ぜひリアルタイムで楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました