スクープを狙うスピードスター!中野 綾香の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは中野なかの 綾香あやかです。眼鏡にカメラと「いかにも」なビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

中野綾香の概要

©Akatsuki Inc.

新聞部と掛け持ちで活動している野球部の情報担当。相棒のワトソン(カメラ)と共にスクープを求めて駆け回るジャーナリストです。

担当声優の高木友梨香さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

中野綾香はどんなキャラ?

「~にゃ」という語尾が特徴の好奇心旺盛な少女で、そのビジュアル通り生徒の恋愛事情から学校の裏話、対戦校のデータまであらゆる情報を収集する自称ジャーナリスト。
野球における情報の重要性についても説いており、鈴木とはまた違う方向でチームのブレインといえる存在です。

©Akatsuki Inc.

おちゃらけた言動が目立ち、飄々とした態度で周囲をからかったり煙に巻いたりすることも多いものの、自分の行動で起きたことにはちゃんとケジメをつけるなど根は真面目。入部後は野球部のために情報収集も自身の練習もこなすなど、精力的に活動しています。
またジャーナリストを自称しながら詰めが甘いところもあるほか、感性自体は割と常識的なので時には個性的な部員達に振り回されることもあるなど、どこか憎めないパパラッチですね。
とはいえ普段の行いから不真面目な印象を持たれることも多く、特に河北にはそれを突っ込まれがちだったり…。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは中堅手。運動経験があるとはいえ野球自体は素人だったものの、取材で鍛えた脚力度胸を活かして意外な活躍を見せるトリックスター的なプレイヤーです。
特に走塁に関しては見せ場が多く、味方をも出し抜くノーサインでの盗塁はお家芸。しかしながら自身の選手としての立ち位置を冷静に見極めている描写も見られ、ただお気楽なだけの選手ではありません。
現在の半レギュラー的な立ち位置からどう脱却するのか、今後も注目ですね。

中野綾香の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「お騒がせ記者の登場」。

練習場所としてひまわり畑の使用を許可された女子野球部でしたが、そんな時期に学校新聞であらぬ噂を掲載されてしまいます。それに憤慨した有原ら創設メンバーが新聞部へ抗議に向かったところ、その部室で堂々と待ち構えていたのが有原のクラスメイトにして自称「伝統ある新聞部、期待の新星」の中野だったのです。 ※ちなみに新聞部員は彼女一人

©Akatsuki Inc.

デタラメを書くなという有原らに対して、中野は取材した内容を基にした記事を書いただけだと反論し、「女子の野球に対する真剣さなんてたかが知れている」と一蹴。それでもなお食い下がる面々に対し、中野は「あなた達のいう真剣さをこの目で取材させてもらう」ことを提案しました。

©Akatsuki Inc.

…しかし、練習場所のひまわり畑はまだ何も手がついておらず荒れ放題。それを立派なグラウンドにするべく整備に奮闘する部員達の姿を見て、中野はやや大げさな記事を書いてしまったかも…と反省し、自分も協力しようと考えます。
そうしてグラウンド整備が終わった頃に新たに掲載された学校新聞では、女子野球部が同好会から正式な部活動として認められるために努力していることが書かれていました。そんな一連の出来事をきっかけとして中野は女子野球部への関心を高めていき、入部へと至ったようです(実は入部そのもののシーンは描写されていません)。

©Akatsuki Inc.

有原らの情熱を通して、序盤こそ胡散臭いうえにちょっとクズっぽいところが目立つものの、根は真面目で悪い人物ではないという彼女らしさを見ることができるエピソードですね。

中野綾香と関係の深い人物

そのキャラクター性と立ち位置からあらゆるキャラクターと多少なりとも絡みがある彼女ですが、そのなかでも比較的目立つ相手を紹介します。

河北 智恵
一見不真面目な態度をとることも多い中野に対して目をつけているのが彼女。情報収集と銘打って練習を疎かにしている(ように見える)中野を真面目な彼女は無視できないらしく、何かとつっかかってきます。それに対して中野も負けじと言い返すせいで小競り合いが絶えない様子。
ともに主役を務めるシンデレラストーリー「練習なくして勝利なし!?」でもその点の掘り下げがなされています。

©Akatsuki Inc.

選手としてはどちらも半レギュラーの立場であり、今後はスタンスは違えどスタメンを目指す者同士としての絡みも増えていくと思われます。楽しみですね。

竹富 亜矢
同じ中堅手のレギュラーを争う人物で、選手としても俊足が武器という似たようなタイプ。竹富本人は有原へのライバル心が強いものの同じ中堅手組として絡みがあるほか、中野はそんな彼女に対して密かにライバル意識を持っているようです。

©Akatsuki Inc.

とはいえ中学時代に陸上部で活躍した竹富と比べると、純粋な身体能力では中野の方が劣る模様。得意とするデータを活かした活躍で彼女を打ち負かし、レギュラーの座を射止めることができるのか、注目です。

これを読もう!中野綾香おすすめエピソード

どこでも出張れるキャラクターゆえに日常系・試合系問わず出番は多く、自身がメインとなるエピソードにも恵まれている方。その中からいくつかを紹介しましょう。

・熱夏に燃える矜持・去り行く熱夏 消えない残像(どちらも1年生編メインチャプター・7月下旬)
女子野球部にとって初出場となる夏大会と、その後日談のエピソード。
「熱夏に燃える矜持」では強豪・向月高校のエース高坂に抑え込まれるなかで、中野は四球を選びチーム初出塁を果たします。

©Akatsuki Inc.

…しかし、その直後にまさかの牽制死。強豪相手の数少ないチャンスというプレッシャーに負けてしまう、彼女としては珍しいシーンが描かれました。

そして「去り行く熱夏 消えない残像」では、そうして敗れたチームに対して全然貢献できていなかったと後悔する姿が…。

©Akatsuki Inc.

普段は飄々としている彼女の「青さ」を見ることができる、貴重なエピソードとなっています。

・青さ交わる紅白戦(1年生編メインチャプター・10月上旬)
女子野球部内で行われた紅白戦でのエピソード。
彼女らしく情報の重要性について考え実行するシーンが多いですが、前述の竹富の活躍を見て意識するシーンや、河北との喧嘩漫才(?)といった様々な側面も描かれています。
彼女の野球に対する姿勢を見ることができるエピソードですね。

©Akatsuki Inc.

・新しい年に輝く笑顔(1年生編サイドチャプター・1月上旬)
お正月エピソードの一つ。直江の依頼で、着物姿の女性の写真を撮ることになった中野のカメラマンとしての活躍が描かれています。
着物姿の部員達もいいですが、個人的にお気に入りなのはラストでの意外な展開に驚く中野と、その理由について直江に説明された時の反応。自分には意外と疎いというちょっと可愛い一面を見ることができるエピソードです。

©Akatsuki Inc.

個人的考察とまとめ・野球部に尽力するわけ

ここまで中野綾香というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「なぜ中野は当初女子野球を小馬鹿にしていたにもかかわらず、野球部に尽力しているのか?」。

上記の入部エピソードにおいて、中野は女子の野球に対する情熱を軽視していました。そんな彼女に対して女子野球部の面々は言葉ではなく行動でその熱意を示し、それを感じ取った中野が改心。現在は主に情報面で野球部のために尽力している…という話なわけですが。
ぶっちゃけた話、(最初の言動だけ見ると)理屈っぽく独善的な人物である中野が、ちょっと頑張っているところを見ただけでそんな簡単に改心して野球部に尽くそうと考えるものでしょうか?(性格悪いな~)
その点にややご都合主義な印象を受けていたところ、公式小説においてそれに整合性を持たせられそうな描写を見つけました。

中野が情報を集めて新聞という形でまとめるようになった行動の原点は、忙しい両親との限られた交流の時間でできるだけ多くの情報を伝えられるようにするためでした。そして本人曰く、現在の新聞製作はその延長線上だといいます。
また情報収集に関しても自分から強請るような方法で集めるのではなく、明るく親切な振る舞いのおかげで自然に集まってくるという描写をされていました。

このことから、読んだ人をもっと驚かせたい、もっと笑顔にしたい…その気持ちが中野というキャラクターの本来の原動力であり、あくまで情報はそのための手段という解釈ができます。
パパラッチ的なキャラクター像でありながら悪辣な手段をとらない点や、性根は良識的で真面目なところが見受けられる点などもそれを後押ししているように思いますし、そういった純粋な気持ちが残っていたと考えれば女子野球部の「純粋な気持ち」に心動かされたことも納得できます。
具体的な描写こそされていませんが、デタラメを書かれたと思った有原悔し涙を流していたことに対しても良心の呵責があったのかもしれません。本来の彼女は人を悲しませるためではなく、人を驚かせて笑顔にするために行動する人物なのですから。

そうなると当初は軽んじていた女子野球にこれだけ入れ込んで部のために尽力しているのも、単に部員達の熱意に魅入られたというだけではないでしょう。
女子野球部は様々な苦難を乗り越え、本気で甲子園出場を目指して活動しています。その目標を達成することは、中野にとっても一部員として以上に喜ばしいことだと思われるからです。
何せ最初は他でもない自分自身が「女子野球なんて大したことない」と思い込んでいたのですから、女子野球部が甲子園に行くことが現実になればそれを知った人達はとても驚くはず。その最大級のスクープの当事者となるべく、中野は自身の選手としての成長も含めて野球部に尽力していると考えられます。
もしかすると、最初の純粋な気持ちに立ち返りたいという思いも秘めて。

そんな彼女の活躍は、ぜひゲーム本編で確かめてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました