心優しきサブマリン!直江 太結の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは直江なおえ 太結たゆです。ふたつのおさげと控えめなポーズの立ち絵が特徴的な彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

直江太結の概要

©Akatsuki Inc.

元ソフトボール部の補欠でしたが、高校で女子野球部に転身。自分を犠牲にしても他人を助ける「送りバントタイプ」の少女です。
ネット上では「棚尾ゆえ」という架空の人格を演じ、悩み相談などを受けています。

担当声優の小見川千明さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

直江太結はどんなキャラ?

気弱で自己主張が苦手なものの、概要にある通り自分よりも他人を優先する心優しい性格。しかしあまり自信があるタイプではないため、自分を卑下したり他者と比較して落ち込んでしまったりすることもしばしば。また他人を優先するあまり自分を犠牲にしすぎる節があり、作中でもそのことは指摘されています。

©Akatsuki Inc.

ネット上の人格「棚尾ゆえ」はそんな彼女の理想像であり、いつか自分も棚尾ゆえのように自信を持てるようになりたいと考えています。

©Akatsuki Inc.

しかしチームのことを大切に思う気持ちは人一倍強く、チームメイトの調子や変化を見抜くなど確かな観察眼の持ち主でもあります。
また憧れの先輩である本庄やひょんなことから凹凸コンビ的な存在になった泉田をはじめ、女子野球部の面々と交流していくなかで少しずつ弱気なメンタルにも変化が現れました。物語開始から一年以上経過した時期には東雲から「何かを無くさないためには戦える人」と評価されており、ただ気が弱くて周りに流されるだけの人物像からは脱却しつつあります。
今後の精神的な成長も彼女の見所の一つですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは遊撃手。中学時代はソフトボール部に所属しておりポジションも同じでしたが、補欠だったため目立った活躍はしていなかった様子。
高校でも同ポジションの有原の壁が高いこともあり、ストーリーが進むにつれて遊撃手よりも投手として描写されるシーンが増えています。(ソフトボールの経験を活かしたのかは不明ですが)珍しいアンダースローの使い手で、まだまだ発展途上なものの打たせて取るピッチングは東雲からも評価されるほど。加えてキャラに違わず(?)バント技術も高いようで、送りバント・セーフティ問わずバントによってチャンスメイクすることも。
その地味ながらも堅実な技術を評価され、二年目の夏大会でも投手兼任枠としてベンチ入りを勝ち取りました。

未来のエース候補の一人として、今後は技術とメンタル双方の成長に期待が高まります。

直江太結の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「星が導く未来の決心」。

四月も終わりが近付いてきた頃、直江は秋乃にチラシを渡されて女子野球部に勧誘されます。しかし自分一人ではすぐに決められなかった直江は、何度か世話になっていた屋上の占い師こと本庄に相談することにしました。

©Akatsuki Inc.

気恥ずかしさから「友達の話」と偽って相談する直江でしたが、本庄の星占いによると運動部は向いていないという結論が出たため、その日は入部するのはやめておこうと決意。しかし結局、翌日には秋乃に引っ張られる形で女子野球部に入ることになってしまいます。
そんな彼女の様子を見た本庄は、「星の導きに逆らって大丈夫だろうか」と心配しますが…。

©Akatsuki Inc.

ソフトボール経験者ということで初心者組に注目される直江でしたが、それ以上に野球が上手くまた自信に満ちあふれている有原を見て「なんで自分と有原はこんなに違うんだろう」「どうしたら有原のようになれるんだろう」という思いを抱いていました。
その日の練習後に少し居残ってトンボかけをしていると、野球部が練習するところを見ていた本庄に声をかけられ、「辛かったらやめてもいい」というアドバイスを受けます。

©Akatsuki Inc.

しかし直江は「辛くても頑張っていれば、もしかしたら変われるかもしれない(と友達が言っていた)」とそれを断ったのです。そんな姿を見て本庄は「友達が変わることができるか見てみたい気もする」と言い残し、すでに変わりつつある彼女に思いを馳せるのでした。

©Akatsuki Inc.

さらにその翌日。昼休みに再び本庄に会いに屋上へとやってきた直江は、昨日の本庄の言葉を受けて本当のことを言わなければいけないと思い、今まで相談していた友達とは自分のことだったと告白します。加えて、自分には向いていないかもしれないけど野球部で頑張るということも伝えました。
それを受けた本庄は、「どうしてそこまでやろうと思えたのか」「その道の先に何があるのか」と尋ねますが…。

©Akatsuki Inc.

そこに有原が現れ、本庄を女子野球部へ勧誘したのです。
話の流れから「野球部の未来を本庄に占ってほしいが、もし暗い結果になったら困る」という話題になりますが、それに「たとえ占いが悪い結果であっても、もっと頑張ってひっくり返せばいい」と言い放つ有原を見て、本庄は直江が本当に素晴らしい仲間に恵まれたのだと知りました。
同時に占いを信じきっていた自分の情けなさに気付いた本庄は、直江や有原とともに「美しい未来」を見ることを目指し、練習の見学を申し出たのです。

気弱ながらも変わろうという気持ちを見せる直江と、彼女を導いているようでいて実際はその姿勢に大切なことを教えてもらっている本庄。今も変わらぬ二人の気持ちと関係が描かれたエピソードですね。

直江太結と関係の深い人物

普段あまり絡まない相手でも、エピソードで登場すれば分け隔てなく接する印象が強い竹富。そんな彼女が特別視している相手を中心に紹介します。

本庄 千景
前述の通り、ある意味ではお互いに入部のきっかけとなった人物
落ち着いていて大人らしい淑女のような彼女に直江は憧れているわけですが、その実本庄の方も(無意識ながら)直江に教えてもらったことが数多くあるという、決して一方的ではない関係を築いています。
少女と淑女というビジュアル上の印象の対比も面白いですね。

©Akatsuki Inc.

引退が間近に迫ったそんな彼女との関係に、最後まで目が離せません。

泉田 京香
荒っぽい印象のヤンキーであり、一見気弱でおとなしい直江とは相容れないような人物。しかしそれが逆に功を奏したのか、現在ではかなり親交が深まり一緒にいる場面がしばしば見られる仲に。口調が伝染るなどちょっと変な影響も受けている様子

©Akatsuki Inc.

その関係については1年生編サイドチャプター「夜の帳を切り裂いて」をはじめとしたいくつかのエピソードや、期間限定イベントかつ復刻も不定期ではありますが「込める信念 繋がる絆」のエピソードなどで描かれています。機会があればぜひ見てほしいですね。

これを読もう!直江太結おすすめエピソード

引っ込み思案な性格からの成長物語というスタンスが本作のテーマと好相性なためか、比較的メイン格扱いのエピソードが多い直江。その中から印象的なものをピックアップして紹介します。

・本当の笑顔が浮かぶ時(1年生編サイドチャプター・9月下旬)
直江の成長の第一歩が描かれるエピソードです。

ある日の練習メニューを決める際に周りの意見に流され、結果的にすべてこなす羽目になってしまった直江。ヘトヘトになりながらの帰り道で、他人の気持ちばかり気にして嫌われないように振る舞う自分に嫌気が差していたところ、中学時代に仲のよかった友人と再会します。

©Akatsuki Inc.

そこに偶然居合わせた岩城が(悪意なき)誇張宣伝をしたせいで、真に受けた友人が練習を見に来ることになってしまいました。
それに困惑する直江を見て、岩城が「お膳立て」と称して画策したこととは…?

©Akatsuki Inc.

予期せぬ出来事から始まったこととはいえ、結果的に周囲の気遣いや言葉をきっかけにして一歩を踏み出す直江の姿が見られるエピソードです。
特にあの倉敷が言葉をかけるところは個人的に注目すべきポイントですね。

・レンズと心に記す高嶺
・走査線上の未来
(どちらも2年生編メインチャプター・5月上旬)
進級した直江が気持ちを再確認するエピソード。

直江と同ポジションの小鳥遊をはじめとした新入部員の加入によって、少しずつ雰囲気が変わっていく女子野球部。そんななかで突然の申し出により、練習試合を予定していた清城高校ともども女子野球の名門・界皇高校テレビ取材付きの合同練習をすることになります。
そこで各校一人ずつ自分のチームを紹介するレポーターを出すことになったのですが、そこで指名されたのが直江でした。

©Akatsuki Inc.

自分には無理だと思いながらも断りきれず、結局レポーターを務めることになった直江。そんな彼女に待ち受けていたもの、そして抱いた気持ちとは…。

©Akatsuki Inc.

そして「走査線上の未来」では、そうして撮影された合同練習の様子が放送されることになります。
直江の強み精神的に成長した姿が見られるエピソードですね。

・わたしとわたしの背中(2年生編メインチャプター・6月下旬)
上記三つから繋がる直江の成長を描いたエピソード。

実力者達が残った一年生の練習風景を見て、先輩らしい振る舞いなんて何一つできていないと思わず自分を卑下してしまう直江。そんななかで強豪・向月高校とのダブルヘッダーの練習試合が組まれますが、時間やグラウンドの都合で二チームが同時に試合を行うことになり、主人公(監督)が指揮を執れないチームの兼任監督を本庄が務めることになります。
そして直江はそんな彼女の監督補佐、そして同試合のショートスターター(打者一巡のみ投げる先発)を任されました。

©Akatsuki Inc.

本庄が選手として出場する素振りを見せていないことを気にしつつも、先発のマウンド、そして交代先の遊撃の守備についた直江は…。

©Akatsuki Inc.

チームメイトをよく見ている監督補佐として、一年生の先輩として、そして一人の選手として奮闘する直江の姿を見ることができるエピソードです。

個人的考察とまとめ・対照的な人物との関わり

ここまで直江太結というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「対照的な人物との関わりが多い理由について」。

関係の深い人物の項目でも触れましたが、直江は落ち着いていて大人らしい本庄、荒っぽい印象のヤンキー泉田など対照的な性格の人物と多く絡む傾向にあります。しかし引っ込み思案な彼女は、どちらかというと宇喜多初瀬など性格の似た人物との絡みの方が多くてもいいのでは?と最初は感じていました。
なぜそういった相手ではなく、対照的な人物との関係がクローズアップされるのか。考えてみたところ、二つほど理由を推察できたので述べていこうと思います。

一つは単純に物語として映えるということがあげられるでしょう。現実では同じような性格同士で集まった方が楽で楽しいなんてよく言われますが、ことフィクションにおいては性格が対照的な人物同士が絡んだ方がより大きなアクション、イベントを起こしやすく、結果として物語が盛り上がるのです。
ましてやハチナイは「青春体験」を謳うゲーム。他者との交流やそれに伴う摩擦などは青春を構成する重要な要素の一つであり、対立を乗り越えた先の友情もまた醍醐味といえます。直江の場合、泉田がそういった展開を担う相手といえそうですね。っすっす言いまくるギャグ要素も入れられるし

そしてもう一つの理由として考えられるのは、自分を変えたくて頑張るキャラクター性とマッチするからということ。
自信がなく周りに流されがちな自分を変えたいというのは直江の行動原理の一つであり、入部エピソードで本庄の占いの結果に抗おうと考えたのもその思いがあってこそ。いつまでも自分にとって楽で居心地のいい場所に留まるのではなく、たとえ苦しい思いをしてでも変わりたいという強い気持ちが彼女にはあります。
そんな彼女にとって、自分にはない考え方に触れ、様々な相手と相互理解を深めることはとてもいい刺激になるでしょう。他者との違いを理解することでより自分への理解が深まることもありますし、事実そういった経験を積み重ねた結果として作中でも精神的な成長が見られていますからね。
つまり一見意外な人物との絡みが中心になったのは、彼女の目指すところを考えればある意味当然だったともいえると思うのです。

そんな周りとの交流や様々な経験を通して、少しずつ変わりつつある直江。見ているこちらも応援したくなるような彼女の活躍は、ぜひゲーム本編で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました