優しさと繊細さを併せ持つ姫。野崎 夕姫の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは野崎のざき 夕姫ゆうきです。こういうビジュアルのキャラクターは余裕のある大人のお姉さんという印象が強いですが(偏見?)、実際のところはどうなのか。紹介に移りたいと思います!

野崎夕姫の概要

©Akatsuki Inc.

有原河北鈴木らとともに女子野球部の創設メンバーの一人。初心者ながら恵まれた体格(複数の意味で)と運動経験による高い身体能力と、友達想いでティラミスが好きというごく普通の少女な一面が特徴的なキャラクターです。

担当声優の南早紀さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

野崎夕姫はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

外見のイメージ通り穏やかで心優しい性格。礼儀正しくもやや天然なところもあり、野球部の癒やし系といえる人物です。

そんな彼女ですが、実際は非常に繊細な心の持ち主。中学時代のとある出来事から高校では「楽しい部活」を求めており、そのため部の雰囲気の変化にとても敏感です。入部当初は有原達とならそれを実現できると考えていましたが、東雲の入部で事態は一変。さらには初めての夏大会を経て野球部が変わっていくことに対して、彼女は複雑な感情を抱くことになります。
彼女の入部、そして心を開くきっかけとなったのは「楽しい部活」を実現させてくれる存在としての野球部であり、そこが同じく楽しい野球を掲げる有原との大きな違いといえます。そのため有原とは違って東雲とは思想上明確に対立しており、それをテーマにしたエピソードがあるほど。

©Akatsuki Inc.

みんなと楽しく野球をしたい、けれど甲子園を目指している以上そうは言っていられないというジレンマに悩まされる姿がとても胸を打ちます。そこで東雲の厳しい言葉に対して受け入れるでもなく逃げるでもなく、自分の考え・スタンスを信じて貫くという決断をする強さも持っているのが彼女の魅力ですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは一塁手ですが、夏大会以降は東雲に才能を見込まれて投手の練習もこなすようになります。初心者ゆえに投手としても野手としても技術的には未熟な面が目立つものの、群を抜いた体格と身体能力を活かして大胆かつパワフルなプレーを見せることもあり、時に経験者組をも驚かせています。東雲のスタンスとは対立しているものの練習を一生懸命にこなす真面目さもあり、物語のメインキャラクターとして、また未来の主力として活躍が期待される一人といえるでしょう。

野崎夕姫の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「助け合いと信頼」。

中学時代はバスケットボール部に所属していたものの、高校では続けるつもりはなくどの部に入ろうか悩んでいた野崎。そこでチラシ配りをしている有原河北に呼び止められて話をしている最中、突然吹いた強風で飛ばされたチラシをジャンプ一番キャッチします。そこでのやりとりをきっかけに、二人と一緒なら中学時代に夢見た楽しい部活」を実現できるかもしれない、と考えて入部を決めました。
最初は持ち前の身体能力もあり筋の良さを賞賛される野崎ですが、ある日の練習で「全員捕れたら終わり」という形式のノックを始めたところで様子が急変、ミスを連発してしまいます。

©Akatsuki Inc.

彼女はバスケットボール部時代の練習中に自身のミスで周囲に迷惑をかけた経験があり、それをきっかけにチームメイトと気まずくなってしまったことから自分のせいで周りに迷惑をかけるのを恐れていました。それがイップスとなってプレーに表れてしまったのですが、それに対して有原は「秘策がある」と言い放ち、翌日の練習で再びノックを行います。

最初はやはりミスをしてしまう野崎でしたが、それを見た有原は自らも一緒になってノックを受け…。

©Akatsuki Inc.

有原が野崎のミスをカバーして励ましたことで、無事に気持ちを切り替えることができました。そして中学とは違う周りの雰囲気を見て、ここでなら「楽しい部活」を一緒に作り上げることができるかもしれないという決意を固めることができたのです。

野崎夕姫と関係の深い人物

優しくて人当たりがよく、初心者組でもあることから周りも話しやすいのか多くのキャラクターと絡みます。その中でも特に目立つ関係の相手について紹介しましょう。

鈴木 和香
中学からの友人。野崎のバスケットボール部での一件、それに起因する楽しい部活を求める心情も知っているよき理解者といった立ち位置です。
しかし彼女には明確に甲子園を目指す理由があるため、野崎と違って東雲と夏大会を通じて変わっていく野球部に対しては肯定的。野崎のスタンスに対しても理解は示しつつも、実現が難しいことはきちんと伝えるなど甘やかすだけの関係ではありません

©Akatsuki Inc.

ある意味中立派といえる彼女とともに、東雲との対立をどう乗り越えていくのか。注目したいと思います。

有原 翼
野崎に高校で「楽しい部活」を実現できるかもしれないという希望を見せてくれた張本人。それだけに友人としてだけではない特別な思い入れがあるようです。
その思いは強く、とあるエピソードでは怪我をした有原の代わりに(左利きにもかかわらず)ショートの守備につくことを自ら志願するほど。

©Akatsuki Inc.

彼女との交流は、野崎の心優しく友達想いで、また一生懸命という性格を強く引き出すことができるものだと思います。これからももっと見てみたいですね。

東雲 龍
ここまでも言及してきましたが、「楽しい部活」を求める野崎と異なる思想の持ち主としてたびたび関係がピックアップされる相手です。お互いに敵意があるわけではないものの、自分の主張を曲げることもないため、彼女とある程度共存している有原よりもさらに強い対立関係にあるといえます。

©Akatsuki Inc.

東雲からすれば、高い身体能力やセンスを見せる野崎が貪欲さを持たないことに対して歯がゆい思いを抱いていることでしょう。しかし後述するエピソードでもわかるように、野崎には東雲とはまた別の強い意志があります。そんな二人の対立がどんな化学反応をもたらすのか、これからも注目していきたいですね。

これを読もう!野崎夕姫おすすめエピソード

日常系エピソードでもよく登場するものの、やはり野球(部活)に対する姿勢や東雲との対立が目立つ野球メインのエピソードが印象に残るイメージ。その中からいくつかを紹介します。

・答えの在り処(1年生編サイドチャプター・5月上旬)
時系列的にはメインチャプターでの東雲の入部エピソードの直後。東雲の入部を機に変わりだす練習風景、その裏で葛藤していた野崎の姿が描かれます。
初心者に対しても個々のレベルを見極め、それを高めるべく厳しい指導を行う東雲との最初の対立ともいえる内容になっています。前述した鈴木との対話を通して少しだけ気持ちを切り替えるシーンもあり、彼女のスタンスそれを取り巻く人間関係が確立するきっかけとなったエピソードといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

・取り残された思いの行く先(1年生編メインチャプター・10月上旬)
こちらは夏大会後のエピソード。『答えの在り処』で浮かび上がっていた野崎と東雲の思想上の対立が、夏大会を終えた野球部の中で明確に描かれています
野崎の決心から繋がるラストシーンはもちろんですが、個人的にはその前の鈴木との対話シーンが特にお気に入りです。お互いの考えを尊重して思いやりつつも、自分の意見はしっかりと伝え合うことができる友人関係。それが強調されているこのシーンは、まさに本作の大きなテーマである青春を感じさせてくれるものとなっています。

©Akatsuki Inc.

・Rally time!(2年生編メインチャプター・6月下旬)
アメリカチームとの親善試合を描いたエピソードの決着編。一点リードの最終回で、野崎は投手として初の実戦に臨むことになります。
持ち前の威力あるボールでツーアウトまで相手打者を抑えるも、課題となっている制球面で精彩を欠き連続四球を与えてしまう野崎。そこにアメリカチームの最強打者、アメリア・サンダースが立ちはだかります。それに対する野崎・鈴木バッテリーの策とは…?
野崎の投手としての実力・ポテンシャルを感じることができるエピソードですね。

©Akatsuki Inc.

個人的考察とまとめ・野崎のありふれた気持ち

ここまで野崎夕姫というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「野崎が抱くありふれた気持ちについて」。

少し偏見かもしれませんが、こういった作品だと登場人物が(年齢や背景事情などを考慮しても)非現実的なくらい前向きで心が強いことってありませんか?精神面が弱いという設定のキャラクターなのに、ちょっと主人公の影響を受けたら完全にとはいかなくても割とすぐに克服できたり。
あくまでフィクションだからそういう展開にしていかないとお話として成り立たないという事情はあるかもしれませんが、登場人物の葛藤とそれをどうにかして乗り越える過程も楽しみたい派としてはやや興醒めする時もあります。

しかし野崎はこの記事でも何度か書いた通り、部活に対して厳しくストイックに勝利を目指すのではなく、楽しむことを第一にしたいと望んでいます。しかし現実にはそうもいかない、けれど自分を厳しく変える勇気は持てない…そんなありふれた気持ちを抱えてしまうナイーブさに、自分はかなり共感を覚えました。
勝ちを諦めるわけではないけれど、それよりもまずは楽しみたい…そういう気持ちになることはないでしょうか。自分はめちゃくちゃあります(主に趣味のTCGで)。

そして厳しい考え方を貫き通している東雲と同じく、野崎もまた楽しみたいという考え方を現在まで貫き通しています。その事象だけを見ると前述の「非現実的に心が強い」に当てはまるように見えますが(普通は心が弱ければ諦めるので)、野崎の場合はその前に弱い心を曝け出して思い悩む姿が描かれているので、「そういう風に気持ちを強く持ててすごい」「頑張って逆境を乗り越えてほしい」といった風に共感を覚えることができるのかな、と思いました。

何かと苦悩する難儀な面ばかり取り上げてしまった気もしますが、散歩とティラミスが好きでのほほんとした普段の姿もとても魅力的。そういった点からも彼女が特別な強さなどない普通の少女だということがわかり、ますます親近感が湧いて応援したい気持ちにさせてくれます。彼女の頑張る姿をぜひ一緒にゲーム本編で見ていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました