トラウマと戦う野球少女。坂上 芽衣の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは坂上さかがみ 芽衣めいです。キリッとした表情が印象的な彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

坂上芽衣の概要

©Akatsuki Inc.

中学までリトルシニアで野球をやっていたものの、入学当初は高校で野球をするつもりはなかったという経験者組の一人。
作中の架空球団・東京ファンタジーズの熱狂的ファンで、上記のプロフィールにもあるようにファンタジーズが負けた日のご飯が嫌いと公言するほどの入れ込みようです。

担当声優の駒形友梨さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

坂上芽衣はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

凜とした目つきとは裏腹に、礼儀正しくおとなしい性格。やや気弱なところこそあるものの、何事もコツコツと努力できる真面目な一面も持ち合わせています。
普段は裸眼ですが、運動時のみ上記画像のように瓶底眼鏡を着用。なかなかに特徴的なその姿はあまり人に見せたくないのだとか…。

©Akatsuki Inc.

また前述の通り熱狂的な東京ファンタジーズファンで、そのライバルチームである大阪チュリオーズのファン・椎名とはしばしば代理戦争(?)を繰り広げる仲。普段は礼儀正しい坂上ですが、この時だけは気を遣うどころか常勝球団ファンとして椎名を煽るというイキリオタクっぽい珍しい姿を見ることができます。
本拠地や作中の台詞から推察するに、おそらく両チームのモデルは某在京球団某在阪球団でしょう。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは二塁手。作中一年目では二塁手で唯一の経験者ということもあり、レギュラーとして主力級の活躍を見せています。ちなみに余談ですが、上記画像のようにシーン実装されるイラストでは瓶底眼鏡で目が隠れません(おそらく見栄えの関係)。
真面目な性格を表すように攻守に堅実なプレーが持ち味で、特に守備に関しては同じく経験者の「チーム一の名手」と称するほどの腕前。バントなどのチームプレーや、二遊間を組む有原との連携などもそつなくこなす技術の高さでチームを支えます。

進級後は同じく経験者の二塁手であるリンが入部したものの、彼女がデータ班やマネージャーとしての役割も兼ねていることからレギュラーの立ち位置は変わらず。今後も縁の下の力持ちとして活躍が期待されます。

©Akatsuki Inc.

一方で、それほどの技術を持つ彼女が名を知られることもなく野球から離れようとしていた理由については…後述のおすすめエピソードにて。

坂上芽衣の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「陰に紛れる希望の明日」。

中学時代に有原に敗れて才能の差を痛感したことから、高校では野球から離れようと思っていた。しかしその有原が代表者として女子野球部を作ったこと、そしてクラスメイトの新田永井がその野球部に入部したことを知り、決意が揺らいでつい口を出してしまいます。

そんな彼女に話しかけてきたのは、今シーズン好調なファンタジーズの話をする相手を求めていた坂上でした。

©Akatsuki Inc.

はそんな彼女に「野球が好きなら、野球部には興味はないのか」と尋ねますが、坂上は「観るのとやるのとでは違う」として興味を示しませんでした。

©Akatsuki Inc.

しかし後日、は少しだけ野球部の活動に参加したのをきっかけに、以前にもまして新田達にアドバイスを求められるようになります。そんな彼女を見て坂上は複雑な表情を浮かべますが、同時に会話の内容からがまだ正式に入部しているわけではないことを知り、安心してもいました。
坂上がそう考えるのには、何か理由があるようで…?

©Akatsuki Inc.

とはいいつつも、もし彼女が本当に入部を決めてしまえば自分が止めるのは難しい。だったらどうすれば…と考えていた矢先、坂上は廊下で椎名とぶつかります。
その際に落としたスマホに貼ってあるファンタジーズのシールに反応した椎名に、坂上は意気揚々と話題を振りますが…。

©Akatsuki Inc.

よりによって椎名はライバル球団であるチュリオーズのファンだったため、その場で軽い言い争いになってしまいました。

そこに件のが現れ、監督(主人公)が話をしたがっているとして椎名とともに向かおうとしますが…坂上はを呼び止め、野球部には入らない方がいいと口出ししたのです。

©Akatsuki Inc.

理由を尋ねたに、屋上へと場所を移して自身の経験を交えながら説得する坂上。が同じ目に遭うのを見ていられない」「いつか新田達も柊を疎ましく思い始める」とまで付け加えて、彼女の入部を止めようとします。
しかしは、新田達のことを知りもせずに決めつける坂上に苦言を呈し…。

©Akatsuki Inc.

無理強いはしなかったものの、そう伝えて去っていったのです。
また野球を始めたら、絶対に後悔する。そう思っていたはずなのに…気付けば坂上は、その背中を追いかけていました

…そしてそれからひと月ほどが経った頃、坂上は二人とともに正式な部員として女子野球部に在籍していたのです。

©Akatsuki Inc.

あの頃とはどこか違う気がする、そんな野球部に…。

控えめで不器用ながらも他者に気を配れるところや、真面目で繊細なところなど、坂上の気質がよく表れたエピソードといえます。野球に対する思いが揺れ動く描写、何かに突き動かされるように入部を決めるところも個人的に好きなポイント。あと同志と見るや語り出すオタクっぽいところも
特に自身と同じく野球に対して思うところがある経験者組の二人は、似た立ち位置として今後もよく絡むことになります。そんな三人の共通点相違点がこの時点で見られるのも面白いところですね。

坂上芽衣と関係の深い人物

あまり積極的に絡みにいくタイプではないものの、共通の友人や経験を通じて交友関係を広げている坂上。その中でも目立つ相手を紹介します。

秋乃 小麦
シンデレラストーリー「小麦色の世界」にて、ライバルチームの一つであるさきがけ女子高校のキャプテン・芹澤結と出会ったことをきっかけに、三人ぐるみでの交流が増えた相手。加えて坂上の後輩である小河原高校樫野亜沙とも交流があり、彼女らと坂上を繋ぐキーパーソンといえます。
いい意味で気を遣わない彼女に坂上も少しずつ気を許していき、今では自身のトラウマ(後述)についても「大事な相手だからこそ伝えなければ」と考えるほどの関係に。

©Akatsuki Inc.

一方でそんな彼女の明るさに救われつつも、坂上は結局自身の暗い過去について話せていないことに後ろめたさを感じている様子。そんな二人の関係の行く末…というより坂上がどのようなアクションを見せるのか、今後も注目していきたいと思います。

椎名 ゆかり
前述の通り、プロ野球のライバル球団のファンとしてしばしば代理戦争を繰り広げる犬猿の仲
しかしながらやや他人と距離をとりがちな坂上が遠慮なしに言葉をぶつけられる相手でもあり、ある意味では貴重な人物ともいえます。ただのオタク論争って言わない

©Akatsuki Inc.

とはいえチュリオーズ・ファンタジーズの話題が絡まなければよきチームメイトであり、事情は違えどかつて野球から離れてしまったという共通点もあります。プロ野球ファンとしてだけでなく、そちらでの真っ当な(?)関係の発展にも期待したいところですね。

柊 琴葉
入部エピソードをきっかけとして、同じ経験者組かつ初心者と接する機会が多いということで絡みがしばしばある相手。野球好きで(チュリオーズファンでもなく)基本的に真面目な性格であるという共通点も手伝って、坂上も話しやすい相手として認識している様子です。

©Akatsuki Inc.

そして椎名と同じく、当初高校では野球をするつもりがなかった経験者という立場も同じ。それに対するスタンスの違いはストーリーが進むごとに明確になっていきます。
椎名とともに、純粋な関係性に加えてそういった側面でも見ていきたいと思わせる相手ですね。

そして坂上を語る上で外せない人物として、秋乃の項で少し触れたさきがけ女子高校のキャプテン・芹澤結と、中学時代に二遊間を組んでいた小河原高校樫野亜沙があげられます。

©Akatsuki Inc.

秋乃を通じてできたよき友人・ライバルである芹澤と、

©Akatsuki Inc.

自身の暗い過去の象徴ともいえる樫野との関係も、今後目が離せないポイントといえるでしょう。

これを読もう!坂上芽衣おすすめエピソード

全体的に日常系よりも練習・試合エピソードでの出番が目立つ坂上。それもそのはず、彼女と野球は(有原などとは別の意味で)切っても切れない関係なのです。ここまでに何度か触れた彼女の暗い過去トラウマのことも含め、紹介していきます。

・理由はいつもこの胸に(1年生編サイドチャプター・9月下旬)
坂上のトラウマが明確に描かれた(時系列的に)最初のエピソード。

最初の夏大会の敗北を経て、有原を筆頭に変わっていこうとする女子野球部。それを見て自分も変わらなければならないと考える坂上でしたが、その際によぎった思い出がつっかえ棒のように心に引っかかっていました。

©Akatsuki Inc.

そんな時に突然現れた秋乃の提案で、共通の友人(当時はまだ出会ったばかりでしたが)である芹澤率いるさきがけ女子高校の練習試合の応援に行くことに。しかしその試合会場を見て、坂上は表情が強張ります。
そんな彼女を心配する秋乃でしたが、坂上は少し躊躇った後に当日の段取りについて話し始めました。彼女がまるで何かを吹っ切ろうとしているような様子を見せた理由は…。

©Akatsuki Inc.

試合会場であるグラウンドが、自身が野球から離れた原因である出来事の舞台だったからなのです。
けれど、秋乃と一緒なら超えられるかもしれない。いや、超えなければならない。そんな思いを秘め、坂上はかつて慣れ親しんだ街へと向かうことを決意しました。

©Akatsuki Inc.

しかし当日、天気がいいこともあって行きのバスで寝過ごしてしまった二人。次のバスが来るまで時間がかかることもあり、坂上は気乗りしないながらも自身の案内のもと徒歩でグラウンドに向かうことにします。

最初は気が気ではない坂上でしたが…秋乃に昔の思い出が詰まった場所を紹介しているうちに、あることに気付きました。

©Akatsuki Inc.

秋乃のおかげなのか、ざわつき続けていた気分がいつの間にか穏やかになっていたことに。秋の涼しい風は、そんな彼女の熱を冷まして小さな笑顔を届けていました。

 

しかし肝心の練習試合は、坂上達が到着した時には既に終わっていました。芹澤曰く「サクッとコールド負け」してしまったとのことでしたが、そのおかげでまたグラウンドを借りていられるとのことで、芹澤は坂上達をキャッチボールに誘います。
…しかし坂上は、グラウンドに立ち入ることができませんでした。

©Akatsuki Inc.

かつてこのグラウンドで、ここで練習していたチームで受けていた凄惨な嫌がらせ…自身の心も大切な道具も、野球への思いも踏みにじられた悲しみと恐怖の記憶が、彼女を襲ったのです。
坂上が野球から離れたのも、このグラウンドの名前を見て身構えたのも、すべてそれが原因でした。それらの暗い記憶が、トラウマとなって坂上の体を縛りつけます。

©Akatsuki Inc.

…ですが秋乃の言葉で坂上は我に返り、そして気付きました。自分はもう一人じゃない。悲しみや苦しみに一人で耐える必要はないんだ、と。

©Akatsuki Inc.

それを理解させてくれた仲間とのキャッチボールは…過去を見つめながらする今までの野球よりも、はるかに楽しいものだったのでした。

…しかし、その日の帰り道。二人にサプライズをしようと思った坂上が一旦秋乃と別れ、先程紹介したお店でお揃いのグッズを購入しようとしていたところ…。

©Akatsuki Inc.

 

坂上の過去や動揺する心情、それに対するやるせなさなどが生々しく描かれた、非常に質感の高いエピソードとなっています。この時点ではまだ解決の糸口は見えておらず、彼女の過去が相当根深い問題として残っていることが窺えますね。

・硝子が割れても(2年生編サイドチャプター・7月下旬)
ある出会いを通じて坂上の過去、そして秋乃との関係が動き出すエピソードです。

二年目の夏大会初戦を無事勝利した本校女子野球部。試合が終わって更衣室に向かおうとしていた坂上と阿佐田は、途中で落とし物を見つけますが…坂上はそのキーホルダー、そしてすぐに現れた持ち主に見覚えがありました。

©Akatsuki Inc.

その持ち主とは現在小河原高校の主力であり、同時に坂上の中学時代の後輩でもある樫野亜沙だったからです。
当時二遊間を組んでいた樫野は変わらず坂上を慕っていましたが、一方で坂上本人は突然の再会にやや戸惑っている様子。そんななかで二人で話をしていると、話題は先程拾ったキーホルダーのことへと移ります。

©Akatsuki Inc.

それはお揃いで買った、二人にとっての思い出の品…同時に坂上にとっては、嫌がらせの一環で割られてしまったことからトラウマを呼び起こすものでもありました。それに気付いていた樫野は、当時坂上を救う勇気が出ずに見て見ぬふりをしてしまったことを謝罪します。同時に坂上がまた野球を始めていて安心したことも伝えると、樫野はその場を去っていきました。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女を坂上は呼び止めようとしますが…当時誰にも打ち明けることなく、一人で抱え込んだままチームを去ってしまったこと…樫野を裏切ってしまったことへの罪悪感からか、その声は萎むばかりでした。

©Akatsuki Inc.

それでも…秋乃の出迎えと芹澤の勝利報告は、やはり坂上の気持ちを明るくさせてくれました。少しだけ気持ちが晴れた坂上は、「今」のチームメイトである秋乃に勇気を出して尋ねます。

©Akatsuki Inc.

暗い中学時代の二の舞にならないために。そして自分自身も大切な友人も、誰も裏切らないために…。

お互いに罪悪感を抱える坂上と樫野の関係、そしてラストシーンの問いかけに対する秋乃の答えが印象的な、坂上にとって大きな意味を持つエピソードといえるでしょう。このエピソードを秋乃視点で描いた「木の上でひとり(2年生編サイドチャプター・7月下旬)」と合わせてぜひ見てみてください。

・先駆ける夏の球友(2年生編サイドチャプター・7月下旬)
夏大会の試合を通じて友人兼ライバルの芹澤、そして元後輩の樫野との関係が掘り下げられるエピソードです。

ともに一回戦を白星で飾り、二回戦へと進んだ芹澤率いるさきがけ女子高校と樫野が所属する小河原高校。その両者の直接対決を、坂上と秋乃は現地で観戦します。

©Akatsuki Inc.

…しかし、それはあくまで芹澤の応援のため。坂上は自身にとって暗い過去を想起させるだけでなく、裏切ってしまったことに対する後ろめたさを抱いているために樫野を意識的に避けていました。それを察した樫野は直後に素晴らしい守備を見せると、坂上に思いを馳せながら一人グラウンドで回想します。

©Akatsuki Inc.

その強い思いや積み上げた実力の差もあってか、試合は小河原がさきがけ女子を終始圧倒。17-0の5回コールドという大勝で準決勝へと駒を進めます。そんな結果を心配した坂上と秋乃は試合後に芹澤に会いに行くも、流石に普段のように明るく話し込むことはできず…そうして芹澤と別れたところで、今度は樫野が坂上のもとを訪れました。

©Akatsuki Inc.

しかし坂上は会話を手短に済ませると、樫野を避けるように去っていってしまいます。そんな彼女を見て樫野は…。

©Akatsuki Inc.

過去のトラウマや負い目から樫野を避ける坂上に対して、どこか独特な執着心を見せる樫野ヤンデレっぽいとか言わない
両者の思いがグラウンドでぶつかる時、一体どんな展開が待ち受けているのか…そんな期待を高めてくれるエピソードといえますね。

個人的考察とまとめ・トラウマからの脱却

ここまで坂上芽衣というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「坂上が過去のトラウマから脱却する方法について」。

かつての後輩である樫野も登場し、いよいよ本格的に解決に踏み込もうという雰囲気が感じられる坂上の過去のトラウマ問題。今回はそれに対するアプローチの仕方について個人的に思うところを書いていきたいと思います。

いきなり自分語りのようで恐縮ですが、自分も坂上ほど凄惨ではないものの少なからずいじめ・嫌がらせを受けた経験があります。十年以上経った現在ではそれも過去の出来事として受け入れられるようになったものの、当時~それ以降数年は坂上のようにその出来事が頭のどこかに残り続けていました。
その経験から言わせてもらうと、樫野には悪いですが嫌がらせという出来事の当事者(嫌がらせをした張本人ではなく、その一連の出来事に直接関わった人達という意味)が関わるのはよくないように思います。

たとえトラウマから救いだそうとしていた相手であろうと、見たり話したりしてしまえば被害者はどうしても当時の辛い出来事を思い出してしまうものです。樫野のように(悪意はないとはいえ)当時のことを思い出させるような話をしてしまってはなおさら。そうなると作中の坂上のように「辛かった出来事を思い出したくない」という気持ちが反射的に生まれ、自分の殻に閉じこもってしまいます。
これも自分の経験上ですが、こういった出来事によるトラウマは本人が当事者からできるだけ離れることが必要だと思っています。そうすることでむやみに嫌な記憶を思い出すこともなく、冷静に考える余裕も持てるようになり、結果として解決に向かうことが多いです。
実際に自分もそんな出来事があった中学校を卒業して高校・大学に進み、当事者達とは関わらない生活をしていくなかで落ち着いていきました。当事者と距離をとることが、結果的にその出来事とも距離をとることに繋がったのでしょう。

そう考えると、樫野のように過去の当事者がアピールするのは残念ながら逆効果だというのが自分の意見です(樫野には本当に悪いのですが…)。アピールするにしても直接話すことはせず、頑張っている姿を遠くから見てもらうだけであれば坂上もまだ冷静になれたと思うのですが…。
一方で、秋乃の関わり方はとてもいいものだと思っています。その出来事にまったく関わっていない第三者が話を聞くことは(これも経験からくる個人的な意見ですが)非常に有効ですし、「辛かったら話さなくてもいい」という提案をすることで坂上に余計なプレッシャーをかけてもいません。おそらく無意識の言動でしょうが、これは坂上を自発的に解決に向かおうという気にさせられる接し方だと思います。

これらを踏まえると、坂上は皮肉にも積極的にアピールする樫野ではなく、秋乃や芹澤によって救われてゆっくりとトラウマを脱却するのではないか…というのが管理人の予想です。むしろ樫野に対しては「樫野は悪くないので申し訳ないが、自分は今のチームを大事にしたいから距離をとる」といった結論に至る可能性すらあるかもしれません。
とはいえこれはあくまで自分の主観に基づいた個人的な意見で、実際にどんな方法が効果的かは人それぞれです。果たして今後の展開は自分の予想通りなのか、はたまたそれを裏切るのか…秋乃と樫野の今後の動向、それを受けた坂上の反応にこれからも目が離せませんね。

トラウマからの脱却が大きな軸となってはいるものの、それを抜きにしても野球オタクな側面などで親近感が湧く人も多いであろう坂上。その活躍はぜひゲーム本編で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました