健気に支える女房役! 桜田 千代の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは桜田さくらだ 千代ちよです。いろいろとビッグサイズで一際目を引く彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

桜田千代の概要

©Akatsuki Inc.

小学生の頃から我妻とバッテリーを組み続けてきた幼馴染み。高校でも我妻とバッテリーを組むべく同じ学校を選んだという生粋の女房役で、彼女にどこか心酔した様子を見せることもあります。

担当声優の河瀬茉希さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

桜田千代はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

傍若無人な我妻とは対照的に控えめな性格で、礼儀も弁えている常識人。しかし我妻の自信過剰な振る舞いに「かっこいい…」と見とれたり、時折歯に衣着せぬストレートな物言いをしたりするなどどこか天然なところも垣間見せるおっとり系少女です。

©Akatsuki Inc.

そんな桜田を象徴する言動として絶妙に的確ながら言い方の悪い例え話があり、こればかりは彼女に対して温厚な我妻にも「言い方ぁ!」とツッコまれています。我妻がいない場面でもしばしばそういった発言をしていることから、我妻に対するいじりやツッコミ待ちなどではなく本当に素でやっている模様。ナチュラル畜生とはこのことか

©Akatsuki Inc.

またいろいろな意味で恵まれた体格なのも桜田の特徴ですが、その主な原因はプロフィールからもわかるように食の嗜好のようで、本人にとっては不可抗力に近い様子。控えめな性格もあってか過度に成長するのはあまり好ましく思っておらず、好物であるはずの牛乳を控える場面も見受けられます。
そんな(いろいろと大型ながら)小動物のようなかわいらしさと、時折混ぜる無自覚の毒っ気が彼女の魅力ですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは捕手。小学校時代からエースとして活躍し続けてきた我妻のボールを受けてきただけあり、非常に高い捕球技術を誇るまさに「捕手」といった選手です。
また打者としては恵まれた体格とは裏腹に小技が得意で、そのギャップで相手を欺く活躍をすることも。捕手組では経験者かつブランクがない唯一の選手ということもあり経験も豊富で、今後の飛躍に大きな期待が持てるルーキーですね。

©Akatsuki Inc.

一方で唯我独尊な我妻に心酔してきた弊害か、投手をリードする能力には不安が残る描写がしばしば見受けられます。また本人も「我妻とバッテリーを組みたい」という思いが強すぎるところがあり、その小さな歪みが後にある事件を引き起こすのですが…詳細は後述のおすすめエピソード項目にて。

桜田千代の入部経緯

該当エピソードは2年生編サイドチャプター「唯一人のエースピッチャー」と「あの日、受け止めた白」。

女子野球部の見学を経て、待ちに待った仮入部期間を迎えた我妻と桜田。桜田はその体格もありバスケットボール部に勧誘されかけていたものの、我妻に連れられて女子野球部のグラウンドへと足を運びます。

©Akatsuki Inc.

しかし体験入部の内容が初心者向けだったことに痺れを切らした我妻は、「さっさと全員の実力を試した方が早い」と監督(主人公)に提案をしたのです。

©Akatsuki Inc.

加えて自身の実力に絶対的な自信を持っているがゆえの発言により、部員達も穏やかではない雰囲気に。そんな空気にもまるで怯むことなく、我妻は「回りくどいのが大っ嫌い」と付け加えて有原との一打席勝負を希望します。

©Akatsuki Inc.

そこに割って入ったのは東雲。これ以上口で話しても無駄だと判断した彼女は、自身が我妻の挑戦を受けることにしたのでした。

我妻捕手は心置きなく投げるために桜田しか認めない、といった不遜な発言を重ねつつ、東雲に投じた第一球。

©Akatsuki Inc.

それはまるでエースは自分だと言わんばかりの、ど真ん中の剛速球。ギャラリーの初心者組はその球速に圧倒され、流石の東雲も「大きな口を叩くだけのことはある」と認めます。
そうしてカウントが進みツーボールツーストライクとなったところで、我妻と桜田のバッテリーが最後に選んだボールは…。

©Akatsuki Inc.

僅かな変化でストライクゾーンを掠め、東雲を見逃しの三振に仕留めたのでした。

そうして正式に練習への参加を認められた二人でしたが、監督(主人公)の「最初のひと月は他の新入生と同じように基礎練習が中心」という方針には(主に我妻が)不満な様子。

©Akatsuki Inc.

それでも今後の曇りなき未来を見据えて気持ちを切り替えた我妻は、桜田とともにこのチームで最強のバッテリーになると決意したのでした。

そして「あの日、受け止めた白」では、桜田が野球を始めたきっかけ、そして我妻に対する思いが練習でバッテリーを組んだ野崎を相手に語られます。

©Akatsuki Inc.

引っ込み思案でクラスに馴染めなかった自分に、野球というめちゃくちゃ面白いスポーツがあるんだ我妻がグラウンドに誘ってくれたこと。しかしチームには彼女のボールを捕れる捕手がいなかったため、自分に声をかけてくれた我妻の力になるために必死に練習して、ボロボロになりながらもついにはしっかりと捕球できるようになったこと。そしてその技術を披露したことでチームにも受け入れられ、自分の居場所ができて見える景色が変わったこと…。
それは桜田が我妻に心酔するのも頷ける、彼女にとって非常に大きな出来事だったのです。

©Akatsuki Inc.

そしてその日の帰り道、桜田は我妻決意表明の言葉をぶつけます。
高校の野球部に入部して、いろいろと今まで通りにならないことがあっても、やっぱり自分は我妻とバッテリーを組みたい。たとえレギュラーになれなかったとしても、我妻の球だけを受け止めたい。その気持ちだけは変わらない…と。

©Akatsuki Inc.

そんな桜田に、我妻は彼女らしい自信を滲ませる言葉で応えたのでした。

傍若無人な我妻をフォローしつつも彼女に対する桜田の強い思いが窺える、二人の関係性がよく表れたエピソードですね。

桜田千代と関係の深い人物

基本的に我妻一辺倒なため、交友関係はそこまで広いわけではない桜田。しかしそんな我妻との関係が悪化した際には、身近な上級生に助けられたことも。その人物達もピックアップして紹介します。

我妻 天
小学生時代からの幼馴染みであり、「我妻の力になりたい」という思いこそが桜田の原動力。彼女なしでは桜田千代というキャラクターは語れないといっていいほど重要な存在です。他人に対して傍若無人な我妻も、桜田に対してはやや気弱で控えめなところを何かとフォローしてあげるなど、特別な相手として気遣う様子を見せています。
基本的には桜田が我妻に(物理的にも精神的にも)引っ張られる場面が目立ちますが、前述したように癖の強い例え話などで逆に桜田側が振り回すことも。その夫婦漫才のような空気感は、他のキャラクター達ではなかなか出せないものといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

我妻の快速球を持ち前の捕球技術で受け止める桜田…まさに黄金バッテリーとして本校に殴り込んできた二人ですが、ストーリー進行に伴いその関係に潜む小さな歪みが露呈していくことに。
その内容と乗り越える過程については、後述のおすすめエピソード項目で解説しています。

月島 結衣
我妻とともに所属している風紀委員の先輩にあたる人物。元々同じ野球部のよしみで我妻とともに気にかけたり絡んだりすることが多い相手でしたが、後述のおすすめエピソードにて我妻との関係が悪化した際、彼女は二人の問題に大きく寄与することになります。

©Akatsuki Inc.

詳細は項目に譲りますが、そのような経緯ゆえに今後は他の上級生とは違った関係性を見せてくれることが期待できるでしょう。我妻ともども、今後も楽しみに見ていきたい関係ですね。

余談ですが、二人とも真面目な性格かつ大柄な体格という共通点も…並んだ時の圧すごそう

近藤 咲
月島と同じく、我妻との関係が悪化した際に取り持ってくれた人物の一人。同じ捕手ということもあり、投手の我妻についての情報交換などで二人を支えました。

©Akatsuki Inc.

彼女がバブみ姉属性持ちなこともあり、我妻を支える桜田をさらに支える縁の下の力持ちとして、今後も二人との交流は増えていくでしょう。月島とはまた違った形での関係の掘り下げを楽しみにしたい相手ですね。

これを読もう!桜田千代おすすめエピソード

入部早々にエース候補として活躍している我妻の相方ということもあり、練習や試合絡みのエピソードでの出番が多めな桜田。その中から彼女と我妻が夏大会までに歩んできた軌跡といえるエピソードを中心に紹介します。

・わがままに君を想う(2年生編サイドチャプター・4月下旬)
桜田の我妻に対する思いの一角が描かれたエピソード。

ゴールデンウィークを前にした二人が商店街を歩いていると、遊園地イベントのビラ配りを見て我妻が羨むような言葉を呟きます。

©Akatsuki Inc.

彼女曰く今期のヒーローはとても人気で、ヒーローショーのチケット抽選の倍率も高く自分も応募したものの外れてしまったとのこと。ビラで案内されたイベントはそれをタダで見られるとのことで、参加できない我妻はそのことを羨んでいました。

しかし後日、風紀委員の活動中に花山逢坂を取り締まったところ、我妻が見たがっていたヒーローショーの観覧券付きチケットを彼女らが持っていたことが発覚。我妻がそれを欲しがっていると見た花山は、それを餌に取引を仕掛けようとしますが…。

©Akatsuki Inc.

我妻はそれを風紀委員、そしてヒーロー好きとして断固たる姿勢で拒否しました。

しかし桜田は、我妻が口ではそう言いつつもチケットをとても惜しく思っていることを感じ取っていました。そこでちょうど練習が休みだったこともあり、その日の放課後に独断でチケットを入手すべく奔走することにしたのです。
電話で問い合わせたり、学校の近くでチケットを取り扱っていそうな店を回ったり…と手を尽くした桜田ですが、残念ながらチケットは手に入らず。肩を落として帰宅しようとしたところ、学校で前述の電話をしていた時に出会った草刈と偶然再会します。

©Akatsuki Inc.

そこで手渡されたのは、まさに追い求めていた遊園地のチケットでした。彼女曰く商店街の福引で偶然手に入れたらしく、自分は興味がないので譲るとのこと。
しかしその際にかけられた我妻のためなんでしょ」という言葉に、桜田は本当にそうなのかと自問してしまいます。

©Akatsuki Inc.

遊園地でヒーローショーが見られれば、我妻はきっと喜んでくれる…そう思ってチケットを探し回っていたけど、本当は自分が我妻と一緒に遊園地に行きたいだけで、単なる独りよがりにすぎないのかもしれない。
そんな不安がよぎる桜田でしたが、

©Akatsuki Inc.

去り際に草刈が口にした言葉、そして…。

©Akatsuki Inc.

当日の帰り道で我妻がかけてくれた言葉で、その不安を完全に払拭して晴れ晴れとした笑顔を見せたのでした。

桜田の我妻への思いや風紀委員としての二人など、野球が中心のエピソードではなかなか見られない要素が詰まったほのぼのエピソードですね。

・海を渡り来たスラッガー(2年生編メインチャプター・6月下旬)
・降り止まぬ孤独に(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
順風満帆だと思っていた高校野球生活、そして二人の関係に暗雲が立ちこめるきっかけとなったエピソード群です。

海を渡り来たスラッガー」でアメリカチームとの親善試合に先発登板することになった我妻。自分の実力を見せつけようと意気込んでいたものの、初回から連打を浴びたうえに四番のアメリア・サンダースにはなんと場外ホームランを打たれてしまいます。
その後も失点こそしなかったもののランナーを溜められ、予定よりも早いタイミングで降板する事態に。それに伴い捕手も交代かと思いきや、桜田はリリーフの直江とバッテリーを組み後を継ぐことになります。

©Akatsuki Inc.

ずっと我妻とバッテリーを組んでいたために、自分から投手をリードするなんて考えたこともなかったという桜田。マウンドの直江は速球派の我妻とは違い緩い球で打たせて取るタイプでしたが、桜田はそんな彼女を精一杯サポートして見事ピンチを切り抜けました
しかしチェンジとなってベンチに引き上げた際、散々な結果に終わった我妻強い口調で詰め寄られます。

©Akatsuki Inc.

自分よりずっと球が遅い直江が抑えられたのに、自分は抑えられなかった。それは相手が速球を見慣れているだとか、速球派の自分の後に投げたからだとか、そんなこと以外に理由があるんじゃないのか、と。
それは自身の実力に絶対の自信を持っていた我妻が、高校に入学して初めて実感した「力が足りない」という思いでした。…しかし桜田はそれを受け止めきれず逃げるようにその場を去ってしまい、二人の間に気まずい空気が流れるようになってしまったのです。

その流れを汲む「降り止まぬ孤独に」では、自身の力不足を実感した我妻見るからに焦っているのがわかります。近藤と組んだ紅白戦でもどこか意固地なピッチングを見せ、監督(主人公)に控えめにするように言われている投げ込みも(桜田に止められたにもかかわらず)強行するなど、その言動は自身だけでなく周りまで巻き込みながら悪化していくばかり。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女にとどめとなったのが、たまたま自主練の際にグラウンドで鉢合わせした東雲に持ちかけた勝負でした。
我妻は入部時と同じように自分の力で抑えられると思い込んでいたのですが…東雲はその球を「あの時と同じ」と評し、特大のホームランを叩き込んだのです。そして食い下がる我妻に、東雲は「四月に勝負した時に光るものがあると思った」と前置きをして…。

©Akatsuki Inc.

我妻の投球ではなく、桜田の捕球技術を称賛したのです。

©Akatsuki Inc.

その言葉が示すこと…それは桜田の支えがあったからこそ、自分がエースとして活躍できていたということ。自ら公言するほどに「桜田はずっと自分が引っ張ってきた」と思い込んでいたのに、本当はただの思い上がり、勘違いでしかなかったということでした。

©Akatsuki Inc.

その事実が受け止められず、雨の中で投げ続ける我妻。そんな孤独な自主練を終えて部室に戻った彼女を、桜田は健気に待っていたのですが…。

©Akatsuki Inc.

東雲に告げられた事実のせいで不安や焦り、苛立ちがさらに増してしまった我妻は、何の配慮もなしにそれを桜田にぶつけてしまいます。
しまいには「ただ我妻とバッテリーが組みたいだけ」という桜田に、

©Akatsuki Inc.

まるで決別のような言葉を吐き捨ててしまい、二人の間に入った亀裂は決定的なものになってしまったのでした。

我妻「ずっと一緒に組んできた…組みすぎたんだ」という言葉が重くのしかかる、二人の最大の試練といえるエピソード群。ここからどうなってしまうのか…。

・二人が見た景色に(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
上記エピソード群から続く、我妻と桜田の関係を描いたエピソードです。

降り止まぬ孤独に」での出来事を未だに引きずっている二人。我妻「こっちが折れたら自分が野球に真剣じゃないと認めることになる」として話を切り出せず、桜田も仲直りしたいと思いながらもどうしたらいいかわからなくなっていました
そんな状況でも近々練習試合でバッテリーを組むことが決まっていたのですが…ある日の練習中、我妻は投げすぎが祟って調子が悪いことを近藤に叱責されます。独りよがりな振る舞いを見せる我妻に、近藤はなぜ桜田に相談しないのか、彼女を信頼していないのかと尋ねますが…。

©Akatsuki Inc.

桜田は自分の球を盲目的に受けていただけだ、と言わんばかりに。口をついて出たその言葉は桜田にも届いてしまい、桜田の胸の内には悲しさや後悔が渦巻きます。
あんなに調子が悪くなってしまうのなら、あの日我妻が投げ込みをしようとするのを無理にでも止めるべきだった。本当は自分がそのことに一番早く気付いて、そばで支えてあげないといけないのに、今その場所にいるのは自分じゃない…。そんな思いに沈んでいると、練習を終えた近藤にあるものを手渡されたのです。

©Akatsuki Inc.

それは練習で我妻とバッテリーを組むなかで、彼女なりに感じたことを余すことなく記したノートでした。そんな近藤の献身的な姿勢、そして自身の経験を踏まえた言葉を受けて、桜田は明日の練習試合に向けて気持ちを切り替えることができたのです。

©Akatsuki Inc.

そして迎えた練習試合当日。二人は予定通りバッテリーを組みますが、サインが合わずあわや先制されるかという場面を招くなどどこかぎこちない状態が続きます。
それでも好投を続ける我妻でしたが、終盤に迎えたピンチで今日当たっている五番打者との対決に。今度こそ抑えると意気込む我妻は自慢のストレートでの勝負にこだわろうとしますが…そんな彼女を、桜田がサインで制しました。

©Akatsuki Inc.

それを受けて我妻が投じたボール、そしてその日の帰り道でのやりとり…それは単純な仲直りというわけではないものの、二人が今までと少しだけ違う関係になった証でもありました。その詳細はぜひゲーム本編で見てほしいと思います。

・独りきりのふたり
・そして天秤の器は満ちる(どちらも2年生編サイドチャプター・7月中旬)
風紀委員の先輩である月島から見た我妻と桜田の関係が描かれるエピソード。

二人が見た景色に」での出来事を通じて、我妻との関係は少なくとも一番拗らせていた時期よりはよくなったと思っていた桜田。しかし月島にそんな阿吽の呼吸とも言える関係を褒められると、「本当は全然よくなってなんかいない」という本音がどうしてもよぎってしまいます。

©Akatsuki Inc.

そんな折に、部室で監督(主人公)が東雲鈴木に「我妻にはエースを担うだけの素質があるが、桜田との間に問題があるのか最大限の力を発揮できていないように思う」と語っているのが聞こえ、桜田は責任を感じてしまいます。

その日の練習後、焦りや不安を隠せない二人を見て月島は桜田に、監督(主人公)は我妻に話を聞くことにしました。

©Akatsuki Inc.

そこで桜田が語ったのは、自身の捕逸をきっかけに我妻が自分の強みを抑え、制球を重視するようになってしまったこと。自分がもっと努力するから好きに投げていいと伝えることができず、その日を境に我妻がだんだん自分を信頼しなくなっていったということ。

©Akatsuki Inc.

そして我妻が語ったのは、自分の責任である暴投で桜田がもう責められることがないよう、二度と暴投なんてしないように制球力を磨いて外野を黙らせてやる、ということでした。それはお互いに相手を思い、自分の至らなさを悔やんでいたからこそ起きたすれ違いだったのです。

そんな複雑な状況をどう解決すべきか、という問題に対して月島が思案し行動に移すのが「そして天秤の器は満ちる」になります。月島本人のパーソナリティと絡めて二人を導くこのエピソードに関しては、詳細に語るよりも実際に見てもらった方が心に染み入るでしょう。月島の個別記事に記してあるあらすじとともにお楽しみいただければと思います。

これらのエピソード群を読んだ後は、困難を乗り越えた二人が活躍する夏大会一回戦のエピソードを記事と合わせてぜひどうぞ。

桜田千代に今後期待することとまとめ

ここまで桜田千代というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人が個人的に彼女に期待することを書いていきたいと思います(新入生組はまだ情報量が多くないゆえ…)。
今回紹介した桜田に対して期待するのは、「我妻以外の同級生との交友関係を広げてほしい」ということです。

ここまで解説した通り、桜田は野球においてもプライベートにおいても我妻一筋といったキャラクターです。そんな関係ゆえの小さな歪みという不安要素も払拭し、二人の絆はさらに強まったといっていいでしょう。
一方で自分には、そうして我妻との関係に不安がなくなった今こそ他の同級生組との関係を掘り下げてほしいという思いがあるのです。

というのも、桜田は我妻の性格上彼女を宥めることが多い立ち位置にいるため、他者に対して自分の素を出す場面があまりないように見受けられるからです。もちろん無理をしているわけではなく、むしろ我妻の前では自然体でいられるということは桜田にとっても幸せなことでしょう。
しかしせっかく魅力的なキャラをしているのですから、それをもっといろんな場面でいろんな人物を相手に発揮してほしいとも思うのです。

我妻のページでは月島近藤といった上級生との関係を主に広げてほしいと語りましたが、桜田に関しては真面目で礼儀正しいゆえに上級生組との関係は問題ないでしょう。なのでそのぶん、他の同級生組との絡みで年相応の姿を見せてほしいと思っています。
前述のおすすめエピソードで絡みがあった草刈はもちろん、癖の強い例え話も小鳥遊と絡めばまた違った展開が見込めるでしょうし、悩みである体格の良さもリンからすれば観察対象として興味深いものになるのではないでしょうか。

新入生組の中では唯一気弱なタイプということもあり、愛される弄られ役としての立ち位置を確立するのもそう難しくはないと思うのですが…なにぶんまだ入部からの期間が短いため、そういった描写がされる機会自体が少ないのが現状。
しかしだからこそ、今後の展開に期待ができるとも言えるでしょう。我妻の相方だけではない「桜田千代」としての魅力がこれからどう描かれるのか、楽しみに見ていきたいと思います。

そんな願望はさておいても、桜田の大きな小動物感(?)かつ素直さと毒の二面性といったギャップのある人物像が魅力的なのは紛れもない事実。そんな彼女のこれからの活躍を、ぜひリアルタイムで楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました