頼れるお姉ちゃんにして名コンビの一角。仙波 綾子の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは仙波せんば 綾子あやこです。頼もしそうな印象を受けるビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

仙波綾子の概要

©Akatsuki Inc.

八人きょうだいという大家族の長女で、共働きの両親にかわって弟・妹の世話や家事をこなしています。
恵まれた体格と抜群の運動神経も特徴。

担当声優の嘉山未紗さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

仙波綾子はどんなキャラ?

おおらかで面倒見がよく、常に他人のことを考えられる心優しい性格。加えてとても家族思いで、歳の離れたきょうだい達の面倒も率先して見てきたしっかり者のお姉ちゃんです。
非常に体格に恵まれていることに加えて運動神経も抜群であり、あらゆる運動部から引っ張りだこになっていたことも。本人もスポーツは好きと語っていますが、きょうだいの世話も含めた家事が忙しいという理由で部活には所属していませんでした。
このことからわかるように自分よりも他人を第一に考える傾向があり、時にはそれを他の部員に窘められることも。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女でしたが、後述のある出来事に加え妹に背中を押してもらったことがきっかけで「やりたいことをやる」ために野球部に入部。家の都合で毎日は練習に参加できていないものの、部内でも主に世話役、まとめ役といった側に回ることが多く、頼れるお姉ちゃんっぷりを発揮しています。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは捕手。幼い頃に父親とキャッチボールをしていた思い出こそあれど選手としてはほぼ素人でしたが、持ち前の運動神経面倒見のよさで練習時間不足を感じさせない活躍を見せます。
特に体格に恵まれているためか肩の強さには定評があり、バッテリーを組む倉敷もそれを信頼したうえでの作戦をとるなど、ストーリーが進むにつれて捕手としても頼れる存在に成長している様子。

投手陣の一角として活躍する倉敷の捕手ということで、今後もより一層の活躍に期待したいところですね。

仙波綾子の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「恋わずらいとキモチの共鳴」。

エピソードは充実した高校生活を夢見るも、その実あまり自分に自信がなく出会いもない花山が嘆くシーンから始まります。そんな彼女と逢坂が話していると、様々な部活からラブコールを受ける仙波の姿が目に入りました。

©Akatsuki Inc.

その会話を聞いて思い立った花山は、出会いを求めて部活見学をすることに。そんな彼女がたまたま立ち寄ったバスケットボール部では、仙波が先輩相手にも臆することなく堂々としたプレーを見せていたのです。

©Akatsuki Inc.

自分とは違う自信に満ちあふれた姿を羨ましがっていた花山でしたが、そのさなかにボールが頭に直撃してしまい保健室に運び込まれる羽目に。そこで自身を運んでくれた仙波と話をして、彼女が運動好きにもかかわらず家の都合で部活に入れないこと、そして意外にも自身と同じく自分に自信が持てないことを知ります。

©Akatsuki Inc.

それを知った花山は、部活の入部と仙波のコーディネイトを兼ねて、二人でメイク研究部を立ち上げようと言い放ちました。

©Akatsuki Inc.

その翌日、仙波が近藤に昨日のことを話しているところで会話に加わる花山。そこで近藤ができたばかりの野球部に所属していると聞いた花山は、メイク研究部の件を脇に置いて下心ありきで見学を申し出ますが…。

©Akatsuki Inc.

男子野球部のマネージャーだと思っていたところ、実際は女子野球部の選手としての参加。案の定うまくいかず、あっさり諦めてしまいます。

©Akatsuki Inc.

一方で練習を終え帰宅した仙波は、練習中にキャッチボールを楽しんでいるのを近藤に見抜かれたことが頭に残っていました。そのせいでいつもの家事にも身が入らず、凡ミスを連発してしまう始末。
そんな彼女の様子を見た妹に「自分も家事を手伝うから、自分のやりたいことをやってほしい」と言われ、野球部に入部することを決意します。

©Akatsuki Inc.

翌日近藤に入部の件を伝えたものの、せっかくだから一緒にやりたいと思っていた花山もうこりごりといった様子。仕方ないと思いつつも一回ちゃんと自分の気持ちを伝えてみようと考えていたところ、今度は演劇部に拉致されゲリラ公演に出演することになってしまいます。
そして花山もまた、逢坂に誘われてゲリラ公演を見に行くことに。そんなこんなで迎えた公演で、花山にある出来事が降りかかり…?

©Akatsuki Inc.

漫画のようなラストシーンの展開が印象的ですが、それ以外にも花山の視点で語られる仙波のパーソナリティなど面白い見所が詰まったエピソードですね。

仙波綾子と関係の深い人物

初心者組にしてレギュラー組という立ち位置なこと、そして面倒見のいい性格から幅広い相手と絡む仙波。その中でも目立つ関係の相手を中心に紹介します。

倉敷 舞子
ほぼ専属の捕手としてバッテリーを組む上級生です。
当初は年上と接することへの苦手意識や、家庭環境が違いすぎる(大家族の長女である仙波に対し、倉敷は一人っ子かつ冷え切った家庭)ことからコミュニケーションに苦戦する様子も見られました。しかし練習や試合でバッテリーを組み様々な経験をするうちに、お互いのことを深く理解し信頼しあうバッテリーへと成長を遂げたのです。

©Akatsuki Inc.

その関係は野球のみならず、倉敷の家庭環境に関するエピソードでも健在。先輩と後輩という間柄ながら、心で通じ合う相棒という言葉がぴったりな二人でしょう。
作中で倉敷が大きく変化し成長を遂げたのは、仙波の存在抜きではなしえなかったこと。そんな二人の名バッテリーっぷりを、これからも見届けていきたいですね。

近藤 咲
自身と同じく年下のきょうだい持ちで、優しく面倒見がいい性格の捕手など共通点が多いため仲がいい人物。なんと入学一週間で名前で呼び捨てにしていたほど
しかし教育方針(?)の違いかきょうだいの人数の差か、近藤は仙波と比べて余裕のある描写が見られるのが特徴。つい心配になって干渉してしまいがちな仙波に対し、近藤は場合によっては相手を信用して放任することがあるなど、同じお姉ちゃんキャラでもところどころ違いがあるのが面白いところです。

©Akatsuki Inc.

下級生が入学してきた今、二人のさらなるお姉ちゃんムーブに期待が高まりますね。

花山 栄美
ある意味で入部のきっかけであり、仙波とはいろいろな意味で正反対な人物。
自分にないものを持っている相手のことをお互いに尊敬しあう中で、花山が「仙波でも自分に自信がない」という共通点を見出したことが二人の野球部生活の始まりとも言えます。

©Akatsuki Inc.

そんな二人ですが、意外にも入部エピソード以外での絡みは少なめ。とてもいい対比性のある組み合わせだと思うので、もっと描写が増えることを期待したいですね。

これを読もう!仙波綾子おすすめエピソード

選手としての出番が多めな仙波ですが、なんといっても倉敷絡みのエピソードでの存在感が印象的。その中でも特に目立つものを紹介します。

・熱夏の始まり
・熱夏は止まず
・熱夏に燃える矜持
(三つとも1年生編メインチャプター・7月下旬)
女子野球部にとって最初の公式戦である夏大会を描いたエピソード群。仙波の選手としての活躍はもちろんですが、これらのエピソードを通じて倉敷との距離を縮めていく様子が個人的に一番の見所です。

©Akatsuki Inc.

熱夏の始まり」では、本人曰く年上との接し方がわからないということもあり非常にぎこちない会話。「野球部でもあんまり話した事ないな」という、後の関係からは考えられない台詞も飛び出しました。

©Akatsuki Inc.

しかし続く「熱夏は止まず」では、このやりとりをきっかけに距離が近付いているのを明確に感じ取ることができます。

©Akatsuki Inc.

そして「熱夏に燃える矜持」では、倉敷の方から軽快なやりとりを通じて仙波の緊張をほぐすまでになりました。これらのエピソードを経て心の距離を縮めたからこそ、後に続く倉敷絡みのエピソードにおいても仙波が存在感を示すことに繋がったのでしょう。

しかし、肝心の試合の方は…。

・ほどける心 涙晴れる日(1年生編メインチャプター・9月中旬)
とある練習試合でのエピソード。

強豪校との練習試合の日を迎えて気合を入れる女子野球部でしたが、倉敷は「流した涙のワケ(1年生編サイドチャプター・9月上旬)」で描かれた練習試合での敗北が心にひっかかっていました。そんな彼女を見て、仙波は自分と倉敷でバッテリーを組んであの時のリベンジをしたいと有原に提案します。

©Akatsuki Inc.

それを無事承諾された仙波は、倉敷とお互いをフォローしあいながら活躍。先制点に繋がる進塁打に加え、守備面でも八回まで一失点に抑える好投をアシストします。
…しかし残念ながら、試合はサヨナラ負けに終わってしまいました。それを再び引きずりそうになってしまう倉敷でしたが、本庄との会話(ここはぜひ倉敷のページで)で無事に気持ちを吹っ切ることができ、

©Akatsuki Inc.

仙波とのバッテリーを自ら望んでより一層の飛躍を誓ったのでした。

これ以前にも仙波と倉敷でバッテリーを組んでいたことはありましたが、このエピソードはただのバッテリーではない、二人の「信頼関係」の始まりを描いたものといえるでしょう。

・彼女の居場所(1年生編メインチャプター・2月中旬)
タイトルの「彼女」とは複雑な家庭環境に身を置く倉敷のこと。その倉敷を取り巻く環境の問題とそれに対する答えが提示される一大エピソードであり、もちろん相棒として仙波も登場します。

春大会を目前に控えた練習試合で、仙波とバッテリーを組み見事に結果を残した倉敷。その試合の後、一大決心をして予約をしておいたディナーに両親を招待しました。バラバラになってしまった家族でも、仙波家のように同じ食卓を囲めばきっと何かが変わるはず…そんな思いを胸に。

一方その話を事前に聞かされていた仙波は、結果を気にしながらも自宅で家族と一緒に鍋を囲んでいました。しかし野球部のグループチャットである情報を目にすると、慌てて外へと駆け出します。
倉敷の両親から顧問の掛橋先生に連絡があり、会食の途中で倉敷が店を出てしまってそのまま家に帰ってこない。野球部総出で倉敷が行きそうなところを探し回ったものの、どこにも姿は見当たらない。そんな情報が積み重なっていくチャットを見て、仙波は今までの倉敷とのやりとりを思い出しながら彼女の姿を探します。倉敷の思い、そして倉敷の言葉を回想しながら仙波が辿り着いた先は…。

©Akatsuki Inc.

「流した涙のワケ(1年生編サイドチャプター・9月上旬)」で描かれた、雨の日に敗北を喫した試合が行われた野球場でした。そして思惑通り、倉敷はそこにいたのです。

食事会が結局上手くいかなかったことや、以前ここで行われた試合で負けた時に無力感や喪失感を感じたこと。倉敷のそんな話を聞いた仙波は、自分もみんなもそんな倉敷と一緒に野球がしたいと思っている、だから倉敷の居場所は野球部だと伝え、彼女をキャッチボールに誘いました。

©Akatsuki Inc.

ボールとともにお互いの本音を投げかけ合い、ぶつけ合う二人。そのやりとりに心動かされた倉敷がとった行動とは…。

これまでに倉敷が築き上げてきたものと、そんな彼女を支えてきた仙波の絆。その関係をもって爆発させたお互いの本音と、そこから始まる未来を予感させる終わり方…これまでのエピソードの積み重ねがあったからこその結末に胸が熱くなる、本作屈指の名エピソードといえるでしょう。

個人的考察とまとめ・倉敷との関係

ここまで仙波綾子というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「バッテリーを組む倉敷との関係について」。

上記の項目で紹介したものに加え、倉敷のエピソードの多くに登場し相棒としての地位を確立している仙波。しかし自分としては、本来倉敷と仙波はお互いにここまで深く関わるような人物ではなかったように思うのです。
性格が正反対ということもありますが、一番の要因はその人格形成に大きな影響を与えたであろう家族構成。実際に作中初期で仙波は「年下のきょうだいとばかり関わってきたから先輩との接し方がわからない」といった発言をしていますし、「彼女の居場所」で本音をぶつけ合うシーンでもお互いに「自分と相手の家は違う」という旨の台詞を口にしました。
自分との相違点が多い相手だからこそ関心を持つということもあるでしょうが、この二人の場合だと倉敷は他人に関心がなく、仙波は先輩とどう接するべきかわからないと言っていることから、両者ともに自ら距離を縮めようとするとは考えにくいのです。

そんな二人が相棒と呼べるような関係にまで発展したのは、ひとえに野球と出会ったからこそ。ともに選手としてプレーしたからこそ、お互いの気持ちや事情、本音を知り、信頼関係を築くことができたのです。
しかしながら二人の場合、前述の理由もありただ同じ野球部に在籍しているというだけでは関わりは少なかったと思われます。二人にとって大きかったのは、やはり投手と捕手としてバッテリーを組んだこと。本来交わらなかったであろう二人だからこそ、バッテリーを組むことでお互いを理解し、意思疎通を図らなければならなくなったことが関係構築に強く作用したのだと考えます。

前述した「熱夏は止まず」で仙波が倉敷を「かっこいいですよね」と評し、それをきっかけに打ち解けていくシーンも、年上との会話に慣れないながらもバッテリーとして関わっていたからこそできたことだと感じました。
また上記で紹介した「彼女の居場所」、そのキャッチボールをするシーンのラストで仙波が口にした言葉。倉敷の気持ちを揺さぶったであろうこの台詞も、バッテリーという関係でなければ出ないものでした。この二人にとってバッテリーという関係は単なる構成要素ではなく、それがなくては関係が成り立つことすらなかったほどに重要なものなのです。

ともに野球を始めることと、投手と捕手というポジションを担うこと。そのいずれか一つでも欠けてしまえばまともに話すことすらなかったであろう二人が、それを満たしたからこそ一心同体のバッテリーとなることができた。そういう意味で、この二人は「野球型青春体験ゲーム」と銘打つハチナイを象徴するコンビのように思います。
そんな倉敷とともに活躍する彼女の姿を、ぜひゲーム本編でも楽しんでほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました