そのストイックさは物語のスパイス。東雲 龍の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは東雲しののめ りょうです。苗字も名前もふりがながないと誤読されやすそうな(どうでもいい考察)彼女は一体どんなキャラクターなのか、さっそく紹介の方に行ってみましょう!

東雲龍の概要

©Akatsuki Inc.

メインヒロインである有原のライバルにして野球部のツートップといえる優秀なプレイヤー。野球経験者の父、プロ野球と大学野球の選手の兄三人という野球一家の生まれで、自身もプロ野球選手を目標とする筋金入りの野球少女です。

担当声優の近藤玲奈さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

東雲龍はどんなキャラ?

明るく人当たりのよい有原とは対照的にクールでプライドが高い人物で、女性初のプロ野球選手を目指して日々猛練習を重ねています。そのため非常に自信家でもあり、時に威圧的で上から目線な言動が目立つことも。
一方で実力や素質、心意気を認めた相手にはアドバイスや忠告を送ることもあり、根っから性格が悪いわけではありません。それどころか敵味方問わず人の心の機微に聡い描写がよく見られ、相手チームに対しては挑発、味方に対しては発破という形でそれを活かしています。ただ口調がキツいこともあり、相手はともかく味方は萎縮してしまうことも…。

©Akatsuki Inc.

そして彼女もまた有原と同じ野球一筋の野球バカ。ただし「野球が好き」「野球は楽しいもの」という考えが根底にある有原と比べ、彼女はプロを目指しているだけあって野球に対してとても意識が高いのが相違点として挙げられます。個々の実力を高めて結果を出すことを至上としており、有原の掲げる「楽しい野球」も認めないと断言。多少柔和になった現在でもその基本的なスタンスは崩していません

©Akatsuki Inc.

選手としての実力も有原と並びトップクラス。三塁手として有原と三遊間を組みながらも、投手として活躍する場面も見られるほどの実力派です。走攻守投すべてでハイレベルですがどちらかというとパワータイプのようで、有原を差し置いて四番に座り長打を打つ場面も。また計算するとわかりますがBMIの数値が全キャラ中でもトップクラスであり、その点からも筋力に関しては抜群であることが窺えます。
一方でその身体能力は野球特化らしく、一部のシーンではサッカーや羽根つきに苦戦する姿も見られます。また上記のプロフィールにもあるように、あまりにも野球漬けの生活を送ってきたせいかそれ以外の「普通のこと」が全体的に苦手な様子。とはいえ有原と違って学業成績は優秀であり、野球以外まるでポンコツというわけではありません。

同じ野球バカでも野球をはじめとした運動関係とコミュニケーション能力に特化したのが有原、得意な運動が野球に絞られたかわりに全体的なポンコツさがなくなったのが東雲といえるかもしれません。コミュ障気味なのはおいといて

東雲龍の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「楽しさと真剣さの勝負」。

部員が集まりだした女子野球部の練習中、グラウンドに現れた東雲はその活動を「お遊び」「野球ごっこ」と断じ、遅れてやってきた有原「貴女の才能が枯れる前に(こんな活動をやめろと)忠告しにきた」と言い残して去っていきました。それに憤慨した有原は自主練中の東雲のもとを訪れますが、そこで彼女から中学時代の話を聞かされます。

©Akatsuki Inc.

東雲は中学時代に有原の所属していたチームに敗北を喫しており、その際に終始笑顔で楽しそうにプレイする有原達のことをありえないと否定していました。しかし同時に有原の実力は認めており、それだけに創設間もない野球部で「楽しい野球」を掲げ、(彼女からすれば)才能を持て余そうとしている有原が許せなかったのです。
その考え方に理解を示しつつも自分の思うところは違うとする有原に対し、東雲はどちらの野球が正しいかを決めるために勝負を持ちかけます。

©Akatsuki Inc.

結果、有原率いる女子野球部は彼女が提示した条件をクリアし勝利。和解とまではいかずとも一定の理解を得て、東雲は女子野球部に入部することになりました。
その際に河北から語られた有原の東雲に対する気持ち、そして東雲の有原に対する宣言は今後の二人の関係を決定づけるものとなります。

東雲龍と関係の深い人物

主力選手だけあり経験者と関係が深いかと思いきや、意外にも初心者組との絡みが多めです。野球に対してシビアだからこそ、難しさや厳しさを知らない初心者にそれを示す役回りになるのかも?

有原 翼
前述の通り中学時代の敗北を機にライバル、そして越えるべき壁として意識するようになった相手。入部のきっかけとなった出来事も、発端は東雲が彼女の才能を無駄にしないでほしいと思ったからであり、ライバルとしてかなり強い執着心があったことが窺えます。実力・立場ともに拮抗していながらも、野球に対する姿勢の違いにより強烈に対になる存在として描かれています。

©Akatsuki Inc.

みんなで上手くなるみんなで勝つというスタンスの彼女に対して、終始一貫して結果を出すことの厳しさそのために求められるものを突きつけており、そのスタンスを崩すことはありません。
東雲本人が口にした「両方の考え方の融合」が果たしてどのような結果をもたらすのか、今後も目が離せませんね。

有原からも一緒のチームになれて嬉しい心強いといった発言があり、実力も素直に認めるよきライバルとなっています。最初は前に会ったこと忘れてたけど

野崎 夕姫
ストーリーが進むにつれて東雲と有原の明確な対立が少なくなっていくなか、ここ最近で東雲との対比が目立ち始めたのが彼女です。

初心者組ながら選手としてのポテンシャルは東雲自身も認めるものの、有原とはまた別の意味で「楽しい野球」を求める彼女は勝利と結果を重視する東雲のスタンスになかなか理解を示せません。心優しい性格なこともあってか東雲のキツい物言いに動揺してしまうことも多く、後述する新田・花山のようにやけくそ気味に反骨精神に変えるといったことも難しいようです。

©Akatsuki Inc.

有原が東雲のスタンスをある程度受け入れ始めたこともあり、野球に対する姿勢がより深く対立している彼女との関係に注目したいところですね。

新田 美奈子
花山 栄美
東雲との関係性がほぼ同じなため、二人まとめて紹介。「サボり同盟」を自称するどちらかといえば不真面目な方の初心者組ですが、そんな彼女らも東雲をはじめとした経験者組の姿を見て少しずつ変化が表れていきます。

©Akatsuki Inc.

そのなかで腕試しの相手として白羽の矢が立てられるのが、普段厳しくしごいている東雲というわけです。新田は打者として、花山は投手として東雲と対決しているものの、今のところ引き分けにすら持っていけていない様子。彼女らがいつかまぐれでも東雲に勝って初心者に希望を与えることができるのか(?)、温かく見守っていきたいですね。

リン レイファ
2年生編から登場する新入生で、中学シニア時代の後輩。東雲を慕って入部したものの、選手ではなくマネージャーを希望する彼女に最初は冷たくあたります。しかし彼女が自身と似たタイプである鈴木にコーチ転向を勧めるのを見て、鈴木と一緒に練習することを提案。結果として彼女は自身と似ていても異なる信念を持つ先輩との交流を経て、その考えが間違っていたことを認めたのでした。

©Akatsuki Inc.

この手の作品ではよく見られるものの、本作では今のところ唯一の「中学時代の後輩」キャラ。それを活かした絡みをもっと見てみたいですね。

これを読もう!東雲龍おすすめエピソード

設定が設定なので選手としての活躍が目立ち、大きなキャラのブレも少ない東雲。そんななかでほんの少しだけ見せたギャップが印象に残るエピソードを中心に紹介します。

・取り残された思いの行く先(1年生編メインチャプター・10月上旬)
前述の野崎との対立が明確に描かれたエピソード。夏大会を経て部の雰囲気が変わったのを敏感に察した野崎に、ペア練習のパートナーとなった東雲が「(野崎が望む)楽しい野球なんてどこにもない」「覚悟がないならやめるべき」と厳しい言葉をかけます。
その現実に苦悶する野崎、友人として寄り添いつつも自身の考えはしっかり伝える鈴木、そしてその言葉を受けた野崎の覚悟にも屈しない東雲、それぞれの強い意志が伝わってくるエピソードになっています。

©Akatsuki Inc.

・闘志燃ゆる!炎天の大一番(1年生編サイドチャプター・3月上旬)
名前の通り熱い展開な試合エピソード。やる気が空回りしてミスも出てしまった河北に対して、厳しくも的確な発破をかけて立ち直らせるという洞察力の高さを見ることができます。ラストでは意外にもコミュニケーション能力の低さを気にしている場面があり、彼女が珍しく見せたやや弱気な姿にグッとくる人も多いかも。

©Akatsuki Inc.

・ときめきフェスティバル(1年生編サイドチャプター・11月上旬)
ギャップ萌え。その一点に尽きるのでぜひゲーム本編で目にしてついでに笑ってください。
学園祭を回る中野宇喜多が目にしたものとは…?

©Akatsuki Inc.

個人的考察とまとめ・東雲龍というキャラクターの役割

ここまで東雲龍というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「ハチナイのストーリーにおける東雲龍というキャラクターの役割について」。

前述の通り、東雲はメインヒロインである有原とは野球に対する姿勢で明確に対立しています。そういったこと自体は他作品でも珍しくはないものの、東雲の特色として作中時間で一年以上が経過した現在でも、その姿勢を一切崩していないところが挙げられます。
主人公の信念に感銘を受け、程度に差はあれどそれに適応していくというライバルキャラも多い中、東雲は入部当初の宣言(概要の画像にあるような内容です)通りそういった素振りをまるで見せません。個人的にこの点が東雲龍というキャラクターの肝だと思っていて、ライバルキャラが安易に改心するのではなく自身の信念を貫きつつも共存するという状態になっているのが面白いところであり、またハチナイという作品の物語における重要な要素だと考えます。

舞台となる女子野球部には初心者が多いこともあり、ハイレベルな経験者である東雲の発言に萎縮したり反発したりする人物も少なくありません。それに対しての有原のフォローにも流されずに厳しく正論を投げかける彼女に対して、部員達がそれぞれどういった反応を示すのか対抗心を燃やすのか、受け入れるのか、引け目に感じるのか…東雲が突きつける現実に対して何を思い、どんな葛藤をして、どう乗り越えていくのか。
そんな選手一人一人の成長、それに伴うドラマもハチナイのストーリーにおいての見所の一つであり、その見所をはからずも演出しているのが、自他共に終始厳しくストイックな東雲というわけです。

本作のような美少女との組み合わせが少ないスポーツをテーマにした作品では、可愛らしいキャラクター達が仲良く楽しくプレーするだけ(というと言い方が悪いですが)なものも少なくないように感じます。親しみやすい美少女をきっかけに…という目的があるのでしょうし、そういった作品を否定するつもりはまったくありません。
ハチナイも最初のうちはそんな印象を受けることもありましたが、東雲の登場以降はまさに作中で野崎が感じたように、その雰囲気が少し変わったように思います。彼女のシビアな言動は、本作を美少女達が楽しく野球するだけではないしっかりとした「物語」にしてくれるものといえるでしょう。

言い方こそキツいものの言っていることは正論で、不快な理不尽さを感じさせることもない東雲龍。そんな彼女とともに少しずつ変わっていく女子野球部の奮闘は、ぜひゲーム本編で見ていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました