冷静さの中に熱いハート!鈴木 和香の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは鈴木すずき 和香わかです。クールそうなビジュアルの脇に佇むマスコットが印象的な彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

鈴木和香の概要

©Akatsuki Inc.

有原河北野崎らとともに女子野球部の創設メンバーの一人。選手としては初心者ながら、野球部のブレイン的存在として活躍するキャラクターです。

担当声優の緑川優美さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

鈴木和香はどんなキャラ?

ブレインらしく冷静で落ち着いた性格。野球に関する知識が非常に豊富で、その知識と頭脳を活かして練習メニューの考案や試合前のミーティングなどでチームに貢献しています。
野崎とは中学時代からの友人で、創設メンバーの中でも特に彼女との絡みは多め。冷静な視点と言動で繊細な彼女を落ち着かせる場面が目立ちます。

©Akatsuki Inc.

また何かと奇人変人が多い女子野球部の中ではかなりの常識人であり、時にはツッコミに回ることも…。
そんな彼女も上記のプロフィールにある通り、やや奇天烈寄りのデザインのマスコットが好きだったり、大学野球の選手である兄が大好きというブラコンな一面があったりとなかなかのギャップがある個性派。豊富な野球知識もその兄の影響であり、有原を支えるために知識を増やしていった河北とは別ベクトルで愛が深いといえます。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは捕手。プレイヤーとしては初心者なものの、持ち前の知識と頭脳でカバーするスタイルが身上です。元来運動が得意ではないため筋力・体力不足ではありますが、それを言い訳にはせずむしろ克服しようと積極的に基礎トレーニングに励む熱い一面も。
また最初の夏大会以降は、投手としての出番が増えた野崎とバッテリーを組む機会も増えました。やや気弱なところがある彼女を時に冷静に、時に大胆にリードする姿はまさによき女房役といった雰囲気。持ち前の頭脳で正捕手の座を射止めることができるか、今後も注目ですね。

鈴木和香の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「ひまわり畑の記憶」。

高校に入学して間もない頃、校庭でキャッチボールをしている有原河北を見かけた鈴木は、有原の投げ方に気になる点がありつい声をかけてしまいました。それをきっかけに野球部に誘われて入部したものの、基礎練習で後れを取ってしまった彼女は同じ初心者組の中ですら体力的に劣ることを痛感します。
憧れの兄のように上手くできない。このまま野球部にいていいのか。見ているだけにしておけばよかったのではないか。そんな悩みを抱えていたある日、ランニングで校外にある丘の上に登ったところで、彼女はあるものを見つけて思わず駆け出します。

©Akatsuki Inc.

彼女が見つけたのは少年野球グラウンドの跡地であり、かつて兄が野球を始めた場所でもあるひまわり畑。そこに辿り着いた鈴木が事情を説明すると、有原が「ここを整備して私達のホームグラウンドにしよう」と提案します。
そんな話をしている矢先に現れたのは、鈴木の兄が所属していた少年野球チームの監督の妻であり、グラウンドの管理者でもあるおばあさん。事情を聞いてグラウンドの利用を快く承諾してくれたおばあさんは、かつての教え子のような存在である鈴木と昔話に花を咲かせますが…。

©Akatsuki Inc.

その会話の中で、鈴木は小学生時代に「兄と一緒に甲子園に行く」という約束をしていたことを思い出します。ただ憧れるだけではなく、同じように選手としてその場所を目指していたことを。

そうして野球を頑張りたいと思える目標を見つけた鈴木は、改めて兄と同じ場所から甲子園を目指して始めることを決めたのでした。
彼女の兄に対する想い、そして運動が苦手なことを言い訳にせずひたむきに努力する姿勢の根幹を見ることができるエピソードですね。

鈴木和香と関係の深い人物

社交的な性格というわけではないからか、交友関係は狭く深くタイプのようで親密に絡む相手はやや少なめです(というより野崎との絡みが特に目立つだけかも?)。

野崎 夕姫
前述の通り中学からの友人。彼女からすると鈴木は自身の中学時代の出来事を知っており、それに起因する楽しい部活を求める心情も理解してくれているよき友人といえるでしょう。
彼女が東雲が対立した際は一悶着あったものの、現在は東雲とは違ったアプローチのサポートをするなど、友人として、またバッテリーを組む捕手として彼女を支えています。

©Akatsuki Inc.

その交流からは、野崎とはまた違う形で厳しくも優しい友達想いな一面を窺い知ることができます。東雲との関係も含め、今後が気になる二人ですね。

リン レイファ
2年生編から登場する新入生で、鈴木と同じくデータを重視する理論派。しかし合理的すぎるきらいがある彼女は、優れた頭脳に対して体力的に劣る鈴木を見て選手ではなくコーチをすることを勧めます。そんな言動を見て、彼女の中学時代の先輩である東雲は鈴木と一緒に練習することを指示。

©Akatsuki Inc.

体力をつけるために走り込むという頭脳派らしくない練習を強行した鈴木は、同行して疲れ切ったリンにある言葉をかけます。それをきっかけに「論理が破綻した」というリンは自身の発言を訂正し謝罪。結果的に頭でっかちな彼女の考え方に変化をもたらすことになったのです。

どちらかというと同年代との横の関係が目立つ鈴木としては珍しく、先輩後輩という縦の関係にあたる彼女。すでに「きっと良い答えにたどり着いてくれる」と一定の信頼をおいているような発言もあり、同じ頭脳派タイプとしての共鳴と対比がこれからどう描かれていくか楽しみですね。

これを読もう!鈴木和香おすすめエピソード

メインキャラクターの一人ということもあり出番は多めですが、その中でも印象に残るのはやはり野崎との交流を描いたものでしょう。それらを中心にいくつかのエピソードを紹介します。

・答えの在り処(1年生編サイドチャプター・5月上旬)
時系列的にはメインチャプターでの東雲の入部エピソードの直後。東雲の入部を機に変わりだす練習風景、その裏で葛藤していた野崎との交流が描かれます。
野球部の雰囲気の変化に戸惑う野崎に対して、その変化を受け入れてより強くなり甲子園を目指すという選択をした鈴木。そんな二人のすれ違いと歩み寄り、変わっていくものもあれば変わらないものもあるという繊細な人間関係の描写は必見です。
目標に対して冷静に分析するブレインとしての一面と、友人との関係を大切にする人間らしい一面を併せ持つ彼女らしいエピソードといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

・取り残された思いの行く先(1年生編メインチャプター・10月上旬)
こちらは夏大会後、『答えの在り処』で浮かび上がっていた野崎東雲の思想上の対立が、夏大会を終えた野球部の中で明確に描かれたエピソード。
野崎のリアルな葛藤もさることながら、思い悩んだ末に退部まで考えた彼女に対して、引き留めるのではなく「退部が本当に理想の選択なのか」を落ち着いて考えるように促す鈴木の接し方には心を打たれますね。それでいて多少厳しい言い方になっても自身の思うところはしっかり伝え、最後には友人としての素直な気持ちも付け加えるなど、本当に野崎のことを思って言っているのがこちらにも伝わってきます。
そうして迎えたラストシーンでの一球は、果たして明るい未来への道標になるのか。これからも注目ですね。

©Akatsuki Inc.

・勝利の算段(1年生編サイドチャプター・10月下旬)
とある練習試合でのエピソード。点取り合戦となった試合を引き締めるべく登板した中野をリードする、鈴木の捕手としての活躍が描かれます。
中野の性格を見極めての投手抜擢など彼女らしい冷静さを見せるなかで、試合では相手チームの攻め手の変化に動揺してしまうという精神的な脆さも見られました。そうして迎えたピンチを救ったのは…?

©Akatsuki Inc.

個人的考察とまとめ・野崎との関係を保てる強さ

ここまで鈴木和香というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「東雲と対立する友人・野崎との関係を保てる強さについて」。

友人同士の関係が悪化してしまったり、そこまでいかずともやんわりと対立してしまって、両者の友人である自分が板挟みになることってありませんか?自分はそういった経験が結構あって、その際になんとも言えないやりにくさや気まずさを覚えていました。ハチナイの場合、まさに鈴木がそんな状況に置かれているのです。

前述の通り、野崎は勝利と結果を重視するチームの中心選手・東雲と野球に対する姿勢で対立しています。しかし明確に甲子園を目指している鈴木は、野球においては東雲の思想をとりストイックに練習に励む立場。もし自分がそんな状況に置かれたら、どちらか一方への接し方がぎこちなくなったり、何かを主張するにも歯切れの悪い言い方になってしまったりしそうです。また片方は中学からの友人ということもあり、無意識のうちにそちらを贔屓してしまうかも…。
しかし鈴木は、そんななかでも自分の意見をしっかり伝えて両者と向き合っています。悩み苦しむ野崎にも自身が感じたこと、その上で実現が難しいと思われること、そして友人としての思いをはっきりと口にして伝えていますし、そうして決意を新たにした野崎の練習をサポートしながらも、東雲とは変わらず距離を置くことなく接しています。
冷静に物事を見られる元来の性格もあるかもしれませんが、そこには自身の夢を追い求めること、そして友人を大切にすることを両立するという強い意志があるように感じます。口で言うには簡単ですが、なかなかできることではないですよね。そんな彼女を見ていると、選手としてだけでなく人間としても大成しそうな予感がします。

冷静だが冷淡ではない、泥臭くて人間味のあるところも魅力な彼女。ぜひゲーム本編でその活躍を楽しんでいただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました