元気な後輩、明るい努力家!小鳥遊 柚の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは小鳥遊たかなし ゆずです。明るく活発そうな印象を受けるビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

小鳥遊柚の概要

©Akatsuki Inc.

リトルリーグ時代の主人公(監督)のチームメイトで、当時は四番を打っていたという実力者。
高校進学を機に地元を離れた主人公を追って本校に入学した幼馴染みで、そのような経緯から時折選手と監督という関係を忘れて以前のノリで話しかけてしまうことも。

担当声優の楠木ともりさんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

小鳥遊柚はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

明るく人当たりのいい性格で、野球部外にも友人が多いいわゆるコミュ強な少女。印象としては有原とやや近いところがありますが、彼女の場合は「~だし!」といった時折見せる語尾や軽快なノリ、テレビドラマやタピオカが好きといった嗜好などから、野球一辺倒な有原と比べると現代っ子的な親しみやすさがあるのが特徴です。
またプロフィールや作中の描写からもわかるように非常に努力家でもあり、その性格は野球においても発揮されています。

©Akatsuki Inc.

しかし彼女の最大の特徴は、自覚はないものの主人公に対して明確な好意を抱いているということ。作中でなぜ野球に打ち込むのかと尋ねられて「野球が好きだから」と答える場面が何度かあるのですが、彼女がそう答えるのもおそらくは(かつて一緒にプレーしていた)主人公の存在が大きいと考えられます
そのことから、本作のメインヒロインである有原は彼女にとって同ポジションの先輩にして恋敵(のようなもの)という、非常に厚い壁として立ちはだかることに。

現在は有原にそういった意識がないことと、小鳥遊も彼女の人柄には好感を持っていることから特に対立しているわけではありませんが、今後の展開次第では一悶着あるかもしれません。期待というとおかしい言い方ですが、注目しておきたいポイントですね。宇喜多もうかうかしてはいられない

©Akatsuki Inc.

また奇人・変人が多い新入生組の中では随一の常識人でもあるため、エピソードによっては彼女らの奇行に対するツッコミが絶えないことも。

時には明るい後輩、時には努力家の野球選手、時には恋する少女、時にはツッコミ役の常識人…と、関わる相手やエピソードの内容によって様々な一面を見せてくれるのが彼女の魅力といえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは遊撃手。主人公のチームメイトだった小学校時代は四番を張り続けていた経験があり、作中でも打力を発揮するシーンがしばしば見られる期待の大砲です。経験者だけあって守備も安定しているようで、作中では有原に次ぐ実力の遊撃手として評価されています。

©Akatsuki Inc.

しかし周囲からは経験豊富な実力者として見られる一方、本人は最前線でストイックに野球に打ち込んできた我妻草刈には劣ると考えている節があり、周囲の評価と実態のギャップ、そして自身の実力について不安に思う場面がしばしば見られます。
それを努力でカバーしようと考えても今度は「努力する方向を間違えたらどうしよう」と不安がるなど、野球に関しては(あまり表には出さないものの)普段の明るさからは考えられない一面を覗かせることも。

彼女のそんな面が強く出たのが夏大会一回戦、そしてその後に描かれたリンとのエピソードなのですが…詳細はリンク先と後述のおすすめエピソード項目にて。

小鳥遊柚の入部経緯

該当エピソードは2年生編サイドチャプター「もう一度、あの頃のように」。

©Akatsuki Inc.

ちょうど桜が舞い散る時期、本校に入学した小鳥遊は朝の通学路で主人公と再会。忘れられていたらどうしよう…といった不安も杞憂に終わり、二人は当時の思い出や入学経緯などを話しながら学校へと向かっていました。

©Akatsuki Inc.

しかしそんな談笑のなかで、主人公がふと口にした「野球を続けたくても許されず、それでも野球を諦めなかった人」と出会ったことへの思いを聞いて、小鳥遊は複雑な思いを抱きます。

©Akatsuki Inc.

 

その日の体験入部で、小鳥遊は我妻の傍若無人さやそれと真っ向からぶつかり合う東雲にビビる一方、勝負の後に我妻桜田以外の新入生への気遣いを見せる有原を見て好感を抱きます。しかし主人公の有原に対する呼び方や本人の態度を見て、朝に主人公が言っていた人物が彼女だと察すると表情が曇り…。

©Akatsuki Inc.

そんな折に、小鳥遊は有原に加えて遊撃手組の新田直江らに歓迎会に誘われました。
和気藹々とした雰囲気のなか、有原が主人公達と協力して女子野球部を立ち上げたことや、自分が本校の女子野球部を知って「ここなら頑張れるかも」と思い越境入学したことなどを先輩達と語り合う小鳥遊。そのなかでも小鳥遊は有原に対する複雑な気持ちを払えずにいましたが…。

©Akatsuki Inc.

有原ら先輩達は、そんな彼女も明るく受け入れてくれたのでした。

その日の夜、小鳥遊はそんな悩みを振り払うように主人公と昔のノリで接しようとしますが、主人公にそれを窘められます。
自分は今女子野球部の監督で、部員は小鳥遊の他にもたくさんいる。あの頃とは違うのだから、これからはちゃんと先輩と後輩の関係を大事にしたい、と。

©Akatsuki Inc.

その時は明るく振る舞った小鳥遊でしたが…一週間が経った朝、彼女は主人公にもう一つの悩みを打ち明けます。

©Akatsuki Inc.

小学校を卒業後、主人公が所属していたボーイズチームのテストを受けたこと。リトルリーグ時代にずっと四番を打っていて自信満々だったのに落ちてしまい、同時に男子とのレベルの差を見せつけられて、野球から見放されたような気がしたこと。またそんな思いをすることになったら…と思うと、自分が本当に野球が好きなのか不安になってしまったということを。

©Akatsuki Inc.

しかし主人公は、一度は野球から離れようと思ったけれどこうして野球に関わっている自分、そしてそんな自分の下に集まってくれた部員達のことを引き合いに出し、彼女を勇気づけます。
彼の「好きな気持ちはなくならない」という言葉に背中を押された小鳥遊は、心機一転女子野球部で頑張ることを決意したのでした。

いろいろな意味が含まれた「好き」を貫こうとする決意はもちろん、ノリがいい現代っ子といった小鳥遊のキャラクター性も散りばめられた、彼女の門出を祝うにふさわしいエピソードですね。

小鳥遊柚と関係の深い人物

明るく社交的なことから様々な相手と絡む小鳥遊ですが、それゆえか特定の人物と狭く深く関わることはそこまで多くはありません。そんな彼女が明確に意識している相手を中心に紹介します。

リン レイファ
同じ新入生組の中では明確に絡みが多い相手。そのきっかけは自分が感覚派で早とちりしやすいということを自覚している小鳥遊が、理論派で冷静な彼女に協力を依頼したことでした。詳細は後述のおすすめエピソード項目で解説しますが、その関係は夏の大会でさらに深まることに。
また理論派という以上に変人な面もあり、自分の世界に没頭しがちな彼女にツッコミを入れたりフォローしたりと、日常シーンでもボケとツッコミのコンビのような存在感を見せています。

©Akatsuki Inc.

ちなみにポジション的には選手としても二遊間を組める相手ですが、夏大会時点ではリンがマネージャーとしての役割をメインとしているためにまだそういった描写はありません。今後は選手同士の立場でのコミュニケーションにも期待したいところですね。

有原 翼
こちらは現在絡みが多いというよりは、今後の展開に期待して見ていきたい相手として紹介します。
夏大会時点では同ポジションの壁にしてよき先輩といった相手ですが、お互いに形は違えど主人公(監督)に対して特別な想いを抱いているのが大きな特徴。そのため現在はなりを潜めていても、今後それに関する描写は間違いなくあると思われます。

©Akatsuki Inc.

今は普通の先輩後輩でも、青春をテーマにした作品では避けて通れない恋愛を巡る展開において、二人の関係の変化は必至となるでしょう。ある意味本作最大のトピックといえるこの関係がこれからどう描写されていくのか、緊張感とともに楽しみに待ちたいと思います。

これを読もう!小鳥遊柚おすすめエピソード

希望を胸に本校に入学した小鳥遊ですが、その後の道のりはなかなかに波瀾万丈。そんな試練を持ち前のコミュ力と根性で乗り越えようと努力する姿が見所です。

・進むべき先にあるもの
・胸の中で鳴る音
(どちらも2年生編サイドチャプター・7月中旬)
小鳥遊の野球に対する姿勢への葛藤が描かれたエピソード。

夏大会も近づいてきたある日。小鳥遊は未だに一匹狼な面が目立つ草刈コミュニケーションの大切さを説き、もっと周囲と会話をするよう促します。
しかしそもそも本人にそういった意思が乏しいこともあり、なかなか成果を感じることはできず。それどころか有原直江に対して夏大会のレギュラーについての話をしてしまう姿を見て、小鳥遊はそれを咎めますが…。

©Akatsuki Inc.

 

その問いに明確な答えを返せないまま迎えた練習試合で、草刈期待された実力に違わぬ活躍を見せつけます。そんな彼女のアシストもあり、小鳥遊もチャンスを演出するヒットを放つなど活躍。
しかし終盤になるにつれて試合展開は苦しくなっていき、逆転されてなお続くピンチでマウンドの直江は相手打者に特大の当たりを打たれてしまいます。それを見て諦めかけた小鳥遊でしたが…左翼を守る草刈は、その打球を無心に追いかけていました。

そして…。

©Akatsuki Inc.

©Akatsuki Inc.

そのプレーを目の当たりにし、ベンチで草刈を称賛する小鳥遊。しかし草刈「あれは自分が自分の意志で掴んだものだ」とだけ言い、同時に小鳥遊に問いかけます。

©Akatsuki Inc.

そして「胸の中で鳴る音」では、草刈のその問いに対して小鳥遊が試行錯誤する姿が描かれます。

練習試合の後、新田からの誘いを断って素振りに繰り出す小鳥遊。その目的は今日の試合の反省だけでなく、草刈に投げかけられた言葉について考える意味もありました。

©Akatsuki Inc.

プレーでチームを引っ張り勝利を目指す草刈を見て、うわべだけのコミュニケーションを求めていた自分をひどく矮小に感じているような様子の小鳥遊。そんなところを新田に見つかった彼女は、一緒に素振りをするついでに少し話を聞いてもらうことに。

ついつい自分を卑下するような物言いになってしまう小鳥遊ですが、新田はそんな彼女に「偉い!」と一言。

©Akatsuki Inc.

その言葉に感激した小鳥遊は、秘密にしていた反省ノート新田に見せます。本人曰く「自分はちゃんと考えて反省しないと間違えることがいっぱいあるから、こうして振り返るようにしている」「だから新田に偉いと言ってもらえて安心した」とのことで、そうして気持ちを切り替えた小鳥遊は翌日草刈に今までのことを謝ろうと決意できたのでした。

…しかし翌日、直接話すために草刈を探していた小鳥遊は、自分以外の一年生四人が昨日の練習試合について言い合っているのを目撃してしまいます。

©Akatsuki Inc.

自分が集めようとしても乗り気ではない人物の方が大半だったのに、自分抜きだと自然に集まれている…そのことに引け目のようなものを感じた小鳥遊はそそくさと去ろうとしますが、あっさりリンに見つかりその輪に加わることに。

そうして再開されたランチの話題は、個人の課題やクセ、戦術面に関して自分達下級生がどう影響を与えていくか、といった野球に関する真剣な話ばかり。自分が勧めていた「和気藹々とした楽しいランチ」とはまるで違う空気に、小鳥遊はまた気落ちしていまいます。

©Akatsuki Inc.

…ですがその日の練習では、小鳥遊はそれを引きずることなく気持ちを切り替えていました。草刈達に置いていかれないように今自分が努力すべきことは、他でもない野球しかない。そそっかしくて何かと間違えがちな自分でも、進むべき方向さえ間違えなければ彼女達と足並みを揃えることができるはずだ、と。

そんな小鳥遊でしたが…居残り練習のさなか、「もしまた間違えてしまったらどうしよう」という不安が頭をよぎります。しかしそのタイミングでリンに声をかけられたのをきっかけに、小鳥遊は彼女にある頼み事をしました。

©Akatsuki Inc.

一年生の中で一番分析力や知識があるから、という小鳥遊の頼みをリンは承諾。同時に内容はともかくとして、小鳥遊の反省ノートに文字がびっしりと書き込まれているのを見て驚きます。

そしてその日の別れ際、リンは小鳥遊に問いかけました。練習に加えて大量のノートまでとるなど、なぜこれほどまでに野球に対して努力するのか…それに対する小鳥遊の答えは、いたってシンプルでした。

©Akatsuki Inc.

その答えにまた唖然とするリンと、別れた後に自身の言葉の意味を反芻する小鳥遊。しかしその思いを胸に臨んだ夏大会の初戦では…。
その詳細はリンク先の記事と、ゲーム本編で確かめてみてください。

・この場所から、その気持ちから(2年生編サイドチャプター・7月下旬)
上記エピソード群、そして夏大会の初戦を経た小鳥遊を描くエピソード。

無事に夏大会の初戦を勝利で飾り、スタンドで応援していた部員らとともに喜びを分かち合う選手達。そんななかで、小鳥遊は本庄と話していたリンに声をかけます。

©Akatsuki Inc.

場所を移して、二人きりでの会話。リン今日の試合での小鳥遊のミス(タイムリーエラー)は三塁守備に不慣れなことを見抜けなかった自分の責任だといいますが、小鳥遊はそれを否定し「今日のミスを取り戻すためにもうひと頑張りしないといけない」として、再びリンに協力をお願いしました。
同じ失敗を繰り返さないために…そしてチームの役に立つ選手になって、今日もらった恩を返すために。

しかしリンは、そんな小鳥遊にある事実、そして正直な気持ちを吐露します。

©Akatsuki Inc.

自分も中学時代、シニアの大事な試合でミスをした経験があること。その経験から、周りに迷惑をかけないために自分の実力を見限り、高校ではマネージャーに徹しようと考えたこと。そんな自分に小鳥遊を支えることができるのか、疑問に思っていること。

…そんなリンの言葉に、小鳥遊もまた胸に秘めていた本音を漏らしたのです。体裁も何もない本気の悔し涙とともに…。

©Akatsuki Inc.

普段の明るく元気な彼女からは考えられないような、剥き出しの思いの丈。それを受けたリンの思いや、その光景を見ていた有原の覚悟など、短いながらも見所が満載の青春エピソード。ぜひ夏大会初戦のエピソードと合わせてチェックしてみてください。

・チョコレートに秘めし真理(2年生編サイドチャプター・2月中旬)
新入生組が登場して初となるバレンタインのエピソード。

バレンタインが近づき、部室で雑誌を広げながらチョコレートの話題で盛り上がる小鳥遊達。しかしその様子を見たリンそもそもバレンタインとは一体何のための行事なのかと疑問をぶつけます。
愕然とする小鳥遊達がいろいろと反論するも、そのなかで出た好意や感謝を伝えたい相手という言葉に「自分にも該当する人はいる」とリンが言い放ち、またしても小鳥遊達は驚くことに(直後に彼女が自分の世界に入ってしまったため、結局聞けずじまいでしたが)。

©Akatsuki Inc.

翌日に話を振っても同じような思考を巡らせるリンに対し、小鳥遊はその日にしか伝えられない特別な気持ちがきっとあると力説。しかしそれを受けたリンに「小鳥遊はバレンタインじゃないと伝えられない特別な気持ちを抱いている相手がいるのか」と問いただされ、逃げるようにその場を去ってしまいます。

そんなこんなで迎えたバレンタイン当日。リンは小鳥遊が早朝に二年生の教室に忍び込み、主人公の机の中にチョコレートを入れようとしているところを目撃します。
不審に思ったリンは小鳥遊に声をかけ、「チョコだけ渡しても気持ちは伝わらないのでは?」と問いかけるも、

©Akatsuki Inc.

小鳥遊はそう言い張り、そそくさと去っていってしまいました。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女を見て、リンが思考の末に導き出した答えとは…。

リン思考と実践の過程をメインとしつつも、小鳥遊の主人公に対する想いも描写されたこれぞバレンタインといったエピソードです。
自分の気持ちを断言された小鳥遊の今後に期待ですね。

小鳥遊柚に今後期待することとまとめ

ここまで小鳥遊柚というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人が個人的に彼女に期待することを書いていきたいと思います(新入生組はまだ情報量が多くないゆえ…)。
今回紹介した小鳥遊に対して期待するのは、「もっと自分の弱いところを出してほしい」ということです。

明るく元気で努力家な小鳥遊ですが、自分はそんな側面と同じくらい弱みやコンプレックスを抱えたネガティブな側面も強いキャラクターだと思っています。

その理由としてあげられるのが前述のおすすめエピソード群。表面上は明るく振る舞っていながらも、その内心は必ずしも晴れやかとは限らない描写が多く存在しているのです。
我妻草刈といった同級生の実力者に対する引け目や、自分以外の一年生が自然に集まっていたのを見て抱いた思い、いざひたむきに努力しようと決意した直後に「もしまた間違えたら」という思考に陥るなど、彼女をメインに据えたエピソードではそういった描写がない方が珍しいほど。バレンタインでリンに主人公への想いを指摘された際にも、喜びではなく困惑の方が強いような描写がなされていました。
これらのことから、小鳥遊は表面的な人物像から受ける印象とは裏腹にかなりネガティブな面も目立つキャラクターだといえると思います。

しかしそれはまったくもって悪いことではなく、むしろもっと弱みを見せることでよりキャラクターとしての魅力がアップするのではないかと自分は考えました。

おすすめエピソードでの新田リンとのやりとりは個人的にかなり印象に残るものでしたし、本人もそれを受けて安心したと語っていることから、腹を割って話せる理解者の存在は彼女にとってとても大きなものだと思われます。
何より小鳥遊はそんな自分の弱さも理解して受け入れたうえで、だからこそ弱い自分に打ち勝つために努力しようとしています。それを理解してくれる相手、見守ってくれる人物が増えることで、彼女も「失敗」を恐れずに己を磨くことができるようになるのではないでしょうか。
既に持ち前の明るさや素直さで可愛がられる後輩としての立ち位置を確保している小鳥遊ですが、弱い部分もどんどん見せることでそこから一歩進んだ関係の相手が増えることを期待したいと思います。

関わる相手やエピソードの内容によって様々な一面を見せてくれるのが彼女の魅力だと述べましたが、後ろ暗い弱みもそんな側面の一つ。ネガティブな感情にポジティブな気持ちで立ち向かう彼女の奮闘を、ぜひリアルタイムで楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました