野球を通じて剣の道を進む!塚原 雫の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは塚原つかはら しずくです。凜とした印象を受けるビジュアルの彼女はどんなキャラクターなのか、さっそく紹介していきます!

塚原雫の概要

©Akatsuki Inc.

剣の道を極めるべく日々鍛錬を重ねる、学校唯一の剣道部員。剣道部の顧問かつ姉弟子である掛橋先生が女子野球部の顧問も掛け持ちしているため、その縁で兼部という形で女子野球部に在籍しています。

担当声優の芝崎典子さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

塚原雫はどんなキャラ?

©Akatsuki Inc.

姉弟子である掛橋先生の評に違わず、非常に生真面目な性格の常識人。人生の目標としている「剣の道を極める」ために日々鍛錬を欠かさないストイックさに加え、他者の軽薄な振る舞いには苦言を呈することも厭わないなど、さながら武士や侍のように高潔な雰囲気の持ち主です。
しかしまるで融通がきかない堅物というわけではなく(初期は若干怪しいですが)、時には柔軟な姿勢で周囲の言葉を受け入れる余裕を見せることも。このあたりは性格的に似たタイプである月島との違いといえるでしょう。

©Akatsuki Inc.

そんな実直な印象を受ける一方で、干物や燻製などのいわゆる「酒のつまみ」が好物(※未成年です)、趣味が釣りや麻雀といったオッサンくさい渋い一面も。特に麻雀に関しては凄まじく、生粋のギャンブラーである阿佐田すら打ち負かすほどの腕前豪運を発揮します。これで趣味…?
また幼い頃のとある経験から水泳が大の苦手であるなど、持ち前の真面目さをもってしても克服できないものもある模様。そんな趣味嗜好などとのギャップも彼女の魅力ですね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは左翼手。野球に関しては初心者だったものの、竹刀を扱う剣道が本職ということもあってバットコントロールの技術が高く、同学年同ポジションの本庄とともに代打要員として活躍しています。
その実力は経験者組にも高く評価されているようで、一年目の夏大会を除くすべての公式戦でベンチメンバーに選ばれていることからもそれが窺えます。

一方でそれは親友である本庄をベンチ外に追いやることと同義でもあるのですが…そんな彼女との関係は後述の項目にて。

塚原雫の入部経緯

該当エピソードは1年生編サイドチャプター「貫き通す意地と夢」。

花山とともに演劇部の公演を見ていた逢坂。演劇の内容に夢中になる花山とは対照的に、元子役である彼女はいまいち魅力を感じられずにいました。
もっと派手な舞台で再び女優として返り咲きたい…そんな思いを抱いていると、新入部員の勧誘をする塚原の声が聞こえてきたのです。

©Akatsuki Inc.

その時の会話から逢坂が剣道経験者だと早とちりし、強制的に剣道場へと連行する塚原。上級生が引退し部員が自分一人になってしまった剣道部への思いを語りますが、逢坂は最終的に誤解を解いた後「女優だから顔が隠れるのはNG」と言い残して去ってしまいました。

後日、逢坂は担任教師に「今は芸能活動を休んでいるのなら、部活に入ってみるのはどうだ」と提案されるものの、あくまで女優として活動するんだと逆に意固地に。そんな矢先に偶然泉田と出会い、彼女が所属する女子野球部が本気で甲子園を目指していることを聞かされます。

©Akatsuki Inc.

そこから芸能界への華麗な返り咲きを果たす未来予想図(という名の妄想)を思い描いた逢坂は、「これが自分の道」だとその場の勢いで女子野球部に入部することになったのです。

©Akatsuki Inc.

一方塚原は新入部員の勧誘が上手くいかないことに悩んでおり、その日の放課後の練習にも身が入りませんでした。そんな様子を見ていた掛橋先生は「気分転換が必要」と伝え、顧問を掛け持ちしている女子野球部の見学を提案します。

©Akatsuki Inc.

その日は提案を承諾し実際にバットを振りもしたものの、塚原は翌日にはまた剣道部員として部員勧誘に励みます。そこに再び逢坂が現れ、「見学の時に楽しそうだったから野球部に入るのかと思った」「ひょっとしたら剣道より野球の方が向いているのかも」と素直な感想を述べられますが、塚原はそれを強く否定
さらには女優を目指しているという逢坂になぜ野球部にいるのか芸能という目指すべき道があるならそれに向かってまっすぐ進むべきではないかと苦言を呈します。

©Akatsuki Inc.

それを受けた逢坂はすかさず反論。「それでは何もかも中途半端に終わってしまう」という塚原に、中途半端かどうか試してみてほしいと勝負を申し込んだのです。

©Akatsuki Inc.

自ら攻撃はせず、逢坂に一本でも取られたら負けというルールのもと勝負を受けた塚原。初心者同然の逢坂では勝負にならないかと思いきや…。

©Akatsuki Inc.

彼女は「これだけは子役同士で練習した」という鋭い突きで、ひたすら塚原を攻め立てたのです。

とはいえ流石に経験者の塚原相手ではそうやすやすと一本は奪えず、次第に息は上がり疲労も溜まっていく逢坂。それでもひたすらがむしゃらに突きで一本を狙ってくる彼女に、塚原は「なぜそこまでするのか」と問いかけます。

©Akatsuki Inc.

必死に積み上げたプライドとともに、再び決死の突きで塚原へと立ち向かう逢坂。勝負の行方は…?

 

そんな勝負を繰り広げた日の帰り道で、塚原は掛橋先生に語りました。

©Akatsuki Inc.

彼女との勝負を通じて、友と研鑽する大切さを感じ…もう一度女子野球部の見学をさせてほしい、と。

塚原と逢坂、道は違えど高みを目指す二人の根底と初心が描かれたエピソードですね。

塚原雫と関係の深い人物

入部経緯から多くの人物と絡んでいくのかと思いきや、実際は狭く深い交友関係が特徴。その中で一番の相手を紹介しましょう。

本庄 千景
同学年である上級生組の中でも特に気が合う相手で、部活動だけでなくプライベートでも一緒にティータイムを楽しむなどしている仲です。
その関係は非常に深く、自身がメイン格となるエピソードのほとんどに登場するほど。生真面目ゆえに思い悩む塚原の悩みを聞くシーンが目立ちますが、一方で本庄塚原にだけはしばしば弱気や本音を語っており、お互いに語り合って支え合う強い信頼関係を築いています。

©Akatsuki Inc.

その関係性については、後述するおすすめエピソード群でも存分に味わうことができます。
このほかに岩城倉敷九十九阿佐田らも同じ上級生組として絡むことが多いですが、本庄との関係の深さはその中でも群を抜いているといえるでしょう。

引退、そして卒業後も続くであろう二人の関係がどうなるのか、今後も楽しみですね。

これを読もう!塚原雫おすすめエピソード

メイン格のエピソードは多くはないですが、そのぶん質(というか本庄との関係の掘り下げ)は豊富。それだけにもっと出番があってもいいと個人的には思うのですが…。

・見えない未来を探して(1年生編サイドチャプター・7月上旬)
年齢相応、等身大の塚原の姿が描かれるエピソード。

女子野球部に入部してしばらく経ったある日、塚原は担任教師にまだ提出していなかった進路調査票の催促を受けます。

©Akatsuki Inc.

しかし生真面目な彼女は、「剣の鍛錬を続けたい」という理由で安易に警察や自衛隊といった進路を選んでいいものか、それではその仕事に対して失礼なのではないかと悩んでしまい、記入することができずにいました。
本庄や同級生達に相談するもなかなかきっかけが掴めずにいたところ、本庄の提案で姉弟子であり子供の頃から自分を知っている掛橋先生に話を聞いてもらうことになります。

©Akatsuki Inc.

そこで掛橋先生が語ったこと、そしてそれを受けて塚原が描いた未来とは…?

進路というリアルな悩みを通して、塚原に親近感を抱くことができるエピソードです。特に掛橋先生が語る持論と教師を選んだ理由それを踏まえた塚原の選択という一連の流れは個人的にかなり好きですね。

また下記エピソードの「本庄が進路に悩む」展開の伏線らしき描写がこの時点で見られるのも、キャラクターへの細かいこだわりを感じられます。

・美しい今、限りない未来(2年生編サイドチャプター・7月上旬)
上記のちょうど一年後にあたる話で、同じく進路がテーマとなったエピソードです。

最後の夏大会を前に、最近行われた進路希望調査について話し合う上級生組。しかし本庄はその中で唯一明確な進路を定められておらず、その日の帰り道で塚原に本音をこぼします。

©Akatsuki Inc.

加えて海外で暮らす両親から、卒業したらイギリスで暮らそうと提案されていることも。塚原はそんな彼女のことを心配しつつも、無理に急かすことはしたくないと考えていました。

その翌日、進路のことが気がかりで練習にも身が入らない本庄。一番集中しなければいけない時期に集中できず、負のスパイラルに陥っていました。

©Akatsuki Inc.

それを見た塚原は、「たとえ将来が見えなくても、今積み上げてきたものがある」ことを思い出させるためにある行動に出ます。そんな彼女と、素直じゃないながらもそれに触発された倉敷の行動を受け、本庄が出した答えとは…。

「見えない未来を探して」では進路に悩む側であり、本庄に相談する立場だった塚原。そんな彼女が背中で語るかのごとく本庄を導く立場になるというのは、一年前からの大きな成長を感じられます。
本庄との深い関係性も描写された、二人の絆を感じられるエピソードですね。

これらの他には、期間限定かつ復刻も不定期ではありますが「一会の白球、決意の一振」もおすすめ。塚原の野球に対する姿勢と真面目ゆえに空回りする姿を見ることができます。機会があればぜひ見てみてください。

個人的考察とまとめ・本庄との深い関係

ここまで塚原雫というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「塚原と本庄の関係がここまで深まったわけについて」。

前述の通り、塚原と本庄非常に強い信頼関係で結ばれています。その関係たるや同じく上級生組の九十九阿佐田にも匹敵するレベルで、お互いのメイン格エピソードでは登場していないものの方が少ないほどです。
そこで今回は、塚原が同級生達の中でも特に本庄とそういった関係になった理由について考えてみました。

まず初期の塚原は生真面目ゆえに視野がやや狭く、一度決めたら周りが見えなくなるところがありました。前述の入部エピソードはもちろんのこと、おすすめエピソードで触れた「一会の白球、決意の一振」もそういった点が目立つ内容となっています。
しかし現在はそんな一面もなりを潜め、むしろ落ち着いた面が目立つようになってきました。進級時のエピソードにある「クラスメイトに印象が変わったと言われた」という旨の台詞は、それを端的に示すものでしょう。

一方で本庄は(後に本人が語る通り)受動的かつ包容力がある性格であり、初期の塚原をも受け入れて語りかけ、落ち着かせるような度量の持ち主。そんな本庄との関わりは、自己研鑽に没頭しがちな塚原に他者を頼り、他者と語り合う重要性を実感させるという点で非常に大きな意味を持っていたと思うのです。
これがもし岩城のように情熱を後押しするような人物だったら、塚原がここまで落ち着きを得ることはなかったはず。つまり塚原雫というキャラクターにとっては、本庄との関係こそが変化・成長というドラマを生み出す要因であり、だからこそこれほど深い関係を築けたのではではないか、と思いました。

また剣道部との掛け持ちである彼女にとっては、団体競技において時に必要とされる「自己犠牲」の精神に関しても本庄の影響が大きいように感じます。
(団体戦もあるとはいえ)基本は個人競技の剣道が本分である塚原は、自身を高める、仲間と競い合うという考え方はあっても「チームのために自身を犠牲にする」ことに関してはよく理解できていなかった可能性がありました。しかし女子野球部の活動を通じて、塚原は本庄がベンチ外となりながらもお守りとしてミサンガを作ったり、ベンチメンバーのサポートを率先して行ったりといった振る舞いを一番近くで見てきました。その結果として、後に塚原は自己犠牲が抱える尊さと儚さ、ジレンマを自らの口で語るほどに深く理解できたのです。
塚原は最後の大会でベンチ外となってしまった本庄のことを「優しすぎたのかもしれない」と憂えていましたが、それほどまでに優しい彼女と親友だったからこそ、最終的に塚原は彼女に背中で語れるほど大きく成長できたのだと思います。その姿は、まるで今まで自分を見守ってくれた本庄に恩返しをしているように感じました。

良くも悪くも裏表がなく一本気で、見ていて安心感があるところが魅力ながら、そんな親友との関係性自身の成長という変化も大きな見所である塚原。そんな彼女の活躍は、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました