孤高の天才に訪れる変化。九十九 伽奈の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは九十九つくも 伽奈かなです。いかにもクールビューティーといった印象の彼女はどんなキャラクターなのか、紹介していきます!

九十九伽奈の概要

©Akatsuki Inc.

有原らの一つ上の上級生。冷静沈着かつ天才肌な人物で、生徒会と掛け持ちで野球部に所属しています。

担当声優の白石晴香さんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

九十九伽奈はどんなキャラ?

勉強・スポーツ・芸術など、あらゆることを経験の有無を問わずこなす天才少女。それほどの才能を持ちながら慢心することなく努力を重ねる向上心の持ち主でもあり、女子生徒でありながらバレンタインで校内一多くのチョコをもらうなど、あらゆる点でまさに完璧超人と呼ぶに相応しい人物です。

©Akatsuki Inc.

一方で何でもこなせるゆえに何に対しても情熱を持てず、どこか冷めた視点で物事を見てしまう一面も。そのため感情表現も希薄であり、良く言えば冷静、悪く言えば淡白すぎるといった印象を与えがちです。
また自分が思ったこと(多くの場合は正論)を包み隠さず口にする性分のため、意図せずしてかなりきつい言い方になってしまうこともしばしば。本人に悪気はないのが逆にタチが悪い

©Akatsuki Inc.

そんな彼女も、野球に対しては情熱を失った自分を熱くさせる何かがあると感じており、それが何なのかを確かめるために日々練習に取り組んでいます。野球を通じて、そして部内外を問わず様々な相手との交流を通じて様々な手法・思想を知っていく姿には、天才らしからぬ親しみを覚えますね。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは右翼手。入部時は野球未経験だったにもかかわらず経験者の有原らが驚くほどのセンスを見せつけ、同ポジションの中ではトップクラスの実力者として扱われています。様々なスポーツを経験してきたためかフィジカル面も相当なものがあるらしく、筋肉マニアのリンをもってして「理想的」な筋肉だと言わしめるほど。
加えて抜群の運動神経と冷静な判断力で攻守に活躍するほか、描写は少なめなものの投手もこなせるスーパーマン(※ウーマンです)。また物語が進むにつれて、周囲の影響で熱いところを見せるシーンも増えてきており、いずれはセンスと冷静さに加えて情熱を兼ね備えた主軸としての活躍が期待できそうです。

九十九伽奈の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「生徒会への部活申請」。

女子野球部を正式な部活として認めてもらうべく申請を行った女子野球部。それを受けた生徒会は内部調査のため、運動に長けた九十九を送り出して仮入部させました。

©Akatsuki Inc.

未経験者ながらも持ち前の運動神経とセンスを活かし、経験者組も驚くほどの実力を見せる九十九。初めてのはずのロングティーでは長打を量産し、ピッチング練習でもすぐさまカーブを習得するなどその才能は底知れませんでした。そのおかげですぐに部に馴染んだ彼女は順調に調査を進めていき、最終的に申請を承認しても問題ないだろうという結論に達します。

©Akatsuki Inc.

その一方で、九十九はやや落胆してもいました。女子野球部もまた初心者の自分でもある程度こなすことができ、何の達成感も得られない「いつも」の環境だったからです。
それはセンスを買われて投手に抜擢された紅白戦でも変わらず、淡々とアウトを積み重ねていく九十九。しかしその姿を、中野河北は注意深く見つめていました。

©Akatsuki Inc.

そして迎えた試合中盤、九十九はそれまで抑え込んでいた白チームの打者達に出塁され始めます。中野河北が彼女の投球フォームをチェックし、クセやパターンを分析していたのです。
予想外の事態に動揺しつつも、務めて冷静な投球を続ける九十九。そんな彼女の前に立ちはだかったのは、同じクラスの阿佐田でした。

©Akatsuki Inc.

九十九は阿佐田の挑発を気にする必要はないと断じながらも、心のどこかで憤りを感じます。その思いを込めて投じたのは…いつもの球ではなく、力を込めたサイン無視のストレートでした。

©Akatsuki Inc.

九十九の好投もあり、僅差で勝利した赤チーム。お互いが感想や反省点などを口にするなかで、九十九は阿佐田に投じた一球のことを考えていました。負けたくないという熱い気持ちが湧き上がった、あの一球のことを。

©Akatsuki Inc.

もしかしたら野球には、自分が夢中になれる何かがあるのかもしれない。それを確かめるべく、九十九は生徒会と兼任で正式に女子野球部に入部したのでした。

彼女の変化、そして後に深く関わることになる阿佐田との関係を予感させるエピソードですね。

九十九伽奈と関係の深い人物

クールな優等生というキャラクター像からか、全体的に当たり障りない交友関係が目立つ九十九。そんななかで深く関わる貴重な人物について紹介します。

阿佐田 あおい
お互いにこのキャラクターなしでは語れないといっても過言ではないほど深い関係にある人物です。
入部エピソードでの直接対決をきっかけにして互いに興味を持ち、阿佐田から距離を詰める形で一緒に過ごすようになった二人。性格的には正反対ですが、だからこそ新しい発見があるとお互いに感じているようです。九十九も阿佐田に対してだけは本音をこぼしたり茶目っ気を見せたりするなど特別な相手として見ている節があり、公私ともに仲がいい様子。

©Akatsuki Inc.

お互いに素直じゃないところもありながら、その実よく理解しあっている様子は凹凸コンビ相棒といった関係がぴったりです。個人的な趣味も含めて今後も注目の二人ですね。

逢坂 ここ
同じ右翼手を守る下級生として、(あちらからの割と一方的な)ライバル関係にある人物。
未経験者同士とはいえ実力的には九十九の方が上であり、九十九本人もそれを理解したうえでアドバイス(という名の正論)をぶつけて反発されたこともあります。しかし逢坂の情熱やいい意味でのひたむきさ、芯の強さ、意外性などは評価しており、あまり交友関係が広くない彼女にとっては数少ない「絡んでくる後輩」といった立ち位置ですね。

©Akatsuki Inc.

九十九も「彼女に負けないように」という名目で自主練に励むようになるなど、同ポジションのライバルとして見ている描写があり、九十九に情熱を芽生えさせるきっかけの一つになったのは間違いないでしょう。孤高の天才に挑む努力家(?)という王道の構図がこれからどう変化していくのか楽しみです。

これを読もう!九十九伽奈おすすめエピソード

彼女が主役のエピソードでは、冷静に効率を求める姿勢を少しずつ柔軟に変化させていく様子を見ることができます。前述の関係が深い人物との絡みも併せて、特に印象に残るものを中心に紹介しましょう。

・勝ち取るべき居場所(1年生編サイドチャプター・9月下旬)
とある練習試合に向けたメンバー争いのエピソードです。

練習試合で右翼手としてスタメンを勝ち取るべく、友人の椎名とともに練習に励む逢坂。そんな彼女に対して、九十九は「次の試合には間に合わない、それよりも先を見据えた練習をした方がいい」と現実的な正論をぶつけます。
しかし逢坂はその言葉に対して反発。スタメンの座を賭けて九十九に直接対決を挑んだのです。

九十九が投手、逢坂が打者、一打席で安打以上にできれば逢坂の勝ちというルールでの勝負。九十九は(逢坂視点では)驚異的な威力のストレートで圧倒し、あっという間にワンボールツーストライクと追い込みます。
そうして投げ込んだ四球目、ストライクのボールに逢坂は思いきりスイング。快音とともに打ち返された打球の行方は…。

©Akatsuki Inc.

…痛烈なピッチャーライナーでした。これにより、勝負は九十九の勝利に終わります。

阿佐田と一緒に歩く帰り道で今日の対決のことを思い出し、やはり野球は面白いと実感する九十九。同時に逢坂に負けていられないという気持ちも生まれ、バッティングセンターへと自主練に向かったのでした。グラウンドで悔し涙を流し、椎名とともに再起を誓う彼女に負けないように…。

主役こそ逢坂ですが、彼女と九十九の関係性、さらには冷淡な九十九の変化も感じられるエピソードとなっています。

・勝利への近道(1年生編メインチャプター・12月上旬)
とある出会いを通して、効率的なプレイを身上とする九十九の変化を描くエピソード。

練習後にバッティングセンターへと向かった九十九は、そこで二子玉高校の選手である一二三ゆりと出会います。彼女は驚異的なバットコントロールの持ち主であり、マシンの球を繰り返し正確にピッチャー方向へと打ち返していました。
そんな彼女に距離を詰められた九十九は最初こそ少し困惑したものの、勝つために効率を求める一二三にシンパシーを感じ、話をして損はないかもしれないと考えます。
…しかし会話を続けていくうちに、その内容は食い違いだしました。一二三は女子野球においてもっとも重要かつもっとも優秀な選手がつくポジションは投手であると説き、その投手を狙うのが勝利のために一番効率がいいというのです。

©Akatsuki Inc.

暗に「相手投手を潰せばいい」と言っている一二三に対し、九十九は嫌悪感を覚え彼女と決裂します。
しかし翌日も、九十九は彼女に抱いた嫌悪感の正体が気にかかったままでした。そんななかで勝負師を自負する阿佐田に、九十九はふと問いかけます。勝負に勝つためならなんでもするかバレないのであればイカサマだってするか、と。
それに対する阿佐田の答えを受けて、九十九はある思いを強めました。

それから数日が経っても、九十九の脳裏には一二三とのことがこびりついたまま。休日の午前練習を終えて足の向くままにバッティングセンターに向かうと、同じく自主練をしている野崎を見かけました。その様子を観察していたところ、再び一二三が現れます。

©Akatsuki Inc.

彼女は投手として活躍すべく努力する野崎の姿を一蹴し、捨て台詞とともに去っていきました。まるで野崎には才能がないから努力しても無駄だ、とでも言うように。その言葉を受けた九十九がとった行動は…。

©Akatsuki Inc.

自分の「効率の良い練習」を彼女に見せる、というものでした。

その帰り道、野崎との会話を通じて九十九は気付きました。自分が一二三に対して嫌悪感を抱いたのは、彼女と未来の自分を重ねてしまったからだということ。効率を突き詰め、一見無駄がないように見える方法をとった先にあるものを見てしまったからだということに。
それと同時に、自分は一二三とは違うことも確信していました。自分はただ勝ちたいのではなく、その勝負の先にあるものを見たい。そんな勝負をするために、効率良く上達できるような練習をしているのだ、と。
自身の胸の内を理解し吹っ切れた九十九。そんななかで彼女は、「そういう風に変われなかった自分の行く末」のように感じた一二三に思いを馳せるのでした…。

冷静に効率を求めていた九十九の変化が如実に表れている、彼女を語るうえでターニングポイントとなるエピソードです。

・やきもきホワイトデー(1年生編サイドチャプター・3月中旬)
前述の通り女子からもモテモテな九十九のホワイトデーを描くエピソードです。

例年通りバレンタインデーに大量のチョコをもらった九十九でしたが、その中にはお返しとリアクションに期待して阿佐田が紛れ込ませた猫型のチョコがありました。
そうして迎えたホワイトデー当日。友チョコなどのお返しで悲喜こもごもな野球部員と同じく、全員分のお返しをして回る九十九。それに阿佐田も同行していましたが、九十九は肝心の阿佐田のチョコに対しては何も言及しません。
それに対して阿佐田がやきもきしていたところ、九十九に関する噂話が聞こえてきます。

©Akatsuki Inc.

…しかしそれは、九十九のことをよく思わない生徒達の陰口でした。それに憤慨する阿佐田に、九十九は自分の言動が招いたことだから仕方ないと宥めようとします。

©Akatsuki Inc.

そんな状況で現れたのは逢坂でした。わざとらしい大声で九十九がいることを知らせて生徒達を追い払うと、みっともない連中だと言って呆れます。そんな度胸のある彼女を九十九は「強い方」と評し、助けてくれたお礼として余分に持ってきたお返しを渡しました。

©Akatsuki Inc.

自分はもらってないのに!?とショックを受ける阿佐田。しかしそんなことを九十九が知る由もなく時は過ぎていき、結局阿佐田のホワイトデーは練習をして一緒に帰るいつも通りの日常で終わる…と思われた矢先。

©Akatsuki Inc.

余り物に見せかけたお返しを渡すとともに、タネ明かしをした九十九なのでした。お返しをしなかったのは気付いていなかったからではなく、以前「九十九にだけは意地悪だ」と言っていた阿佐田にだけは自分も意地悪をしてみようという意趣返しだったのです。

九十九と阿佐田がお互いに相手のことを特別視してイチャイチャしていることがわかる、微笑ましいエピソードですね。

個人的考察とまとめ・九十九の人格形成と阿佐田との関係

ここまで九十九伽奈というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「九十九の人格形成と阿佐田との関係について」。

前述の通り、九十九は冷静な性格で感情表現が希薄です。天才ゆえになんでもこなせてしまうから情熱を持てないというのが公式における理由付けですが、個人的にはそれ以外の理由もあるのではないかという考えがありまして…。

自分がそう考える根拠は、彼女に向けられる周囲の感情です。
天才と呼ばれる人物というものは、えてしてその才能を称賛されるか、もしくは妬まれるかの二択がほとんど。良くも悪くも特別視されるのです。少なくとも一般的な人間に向けられる並の感情というものは、九十九にとってはおそらく無縁のものだったでしょう。
そんな振れ幅の大きい評価や感情に対して一喜一憂していては、心も体も疲弊してしまいます。彼女の感情が平坦なのは、そんな状況に対応するための処世術としての一面もあるように思うのです。

事実、作中でも部員達に野球センスを称賛されるなかで冷めた思考をしていたり、陰口を叩かれることに慣れていると発言したりする描写があります。それは冷静・謙虚というよりも、もしかしたら諦観の意味の方が強いのかもしれません。

その一方で、阿佐田との関係はそれらとは無縁のもの。彼女は九十九が天才だからという理由で絡んでいるのではなく、あくまで個人として面白そうだからこそ接しており、九十九の行動に対しても称賛や嫉妬といった感情は向けません。他の部員達からは未だに称賛される場面が散見されるにもかかわらず、です。
だからこそ九十九も対等な友人として接し、時には悪戯心も見せるような仲にまで発展したのかもしれませんね。

個人の力だけではどうにもならず、ミスをするスポーツとも言われる野球。それに魅入られた彼女に待ち受ける感情は、その過程と同様に決して平坦ではないでしょう。
本音をぶつけられる友人や信頼できるチームメイトとともに、その道を熱く進んでいくことができるのか。そんな彼女の軌跡は、ぜひゲーム本編でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました