主人公への恋慕の情…宇喜多 茜の紹介【キャラクター個別記事】

キャラクター個別記事

こんにちは、管理人の夢助むすけです!

今回紹介するキャラクターは宇喜多うきた あかねです。ぱっと見でも目につく猫耳を模したフード付きパーカーが特徴的な彼女は一体どんなキャラクターなのか、早速紹介に移りましょう!

宇喜多茜の概要

©Akatsuki Inc.

プレイヤーの分身である主人公に秘めた想いを抱く少女。やや幼さを感じさせる可愛らしいビジュアルと言動から、庇護欲をかき立てるマスコット的なキャラクターです。

担当声優の花守ゆみりさんについて知りたい方はこちらへどうぞ(Wikipediaに飛びます)。

宇喜多茜はどんなキャラ?

照れ屋で引っ込み思案な性格。「いつもあと一歩を踏み出す勇気がない」とは本人の弁で、そのことから高校入学までは友人も少なかったようです。

©Akatsuki Inc.

そんな彼女の最大の特色は、最初から主人公に対して明確な好意を抱いていること。幼い頃にいじめっ子から守ってくれた「お兄ちゃん」に尊敬の念とともに恋愛感情を抱いており、主人公がその「お兄ちゃん」かどうかを確かめるべく野球部に入部するほどの入れ込みよう(後に公式の言及から同一人物であることは確定した模様)。
登場するエピソードでも主人公と絡むことが多いほか、他のキャラクターとの絡みや特訓なども最終的にはお兄ちゃんのためであることがほとんど。恋愛要素よりも野球を通した青春体験に重きを置いているハチナイにおいて、ある意味貴重な存在となっています。

©Akatsuki Inc.

選手としてのポジションは右翼手。入部時は運動経験もないズブの初心者だったものの、阿佐田ら周りの人物の指導や持ち前の素直さもあり着実に成長を遂げています。またとあるエピソードでの発言から、打撃よりは守備の方が好きな模様。
右翼手はチーム内において中学以前からの経験者がおらずレギュラーが固定されていないため、試合エピソードでもそこそこ出番は多め。主人公への想いを原動力に、今後もますますの上達・活躍が期待できそうですね。

宇喜多茜の入部経緯

該当エピソードは1年生編メインチャプター「学生の本分は勉強」。

定期テストを前にして対策に苦しむ有原とそんな彼女に手を焼く河北は、ある時ふと誰かからの視線を感じます。そこで二人は一計を案じて視線の主をおびき出すと、一悶着ありながらも正体を突き止めることに成功。それこそが同じクラスの宇喜多だったのです。

なぜこんなことをしたのか問い詰められた宇喜多は、恥ずかしがりながらも勇気を出して「聞きたいことがある」と話を切り出します。その聞きたいこととは…主人公と有原は恋人同士なのか、ということでした。

©Akatsuki Inc.

予想外の問いを受けた有原はこれを全力で否定。それを聞いて安心する宇喜多でしたが、同時に野球部で頑張っている主人公ともっと話したい、もっと近付きたいという思いが芽生え、運動が苦手にもかかわらず野球部への入部を申し出ました。

©Akatsuki Inc.

そうして有原達とも友人になった宇喜多は、(主に有原のための)勉強会などを通じて主人公と話す機会を得ていきます。そしてある日の帰り道での会話を経て、やはり主人公が幼い頃の記憶の中の「お兄ちゃん」なのではないか…と想いを馳せるのでした。

宇喜多の一途でいじらしい面が描かれた、さながら少女漫画のような甘酸っぱいエピソードです。

宇喜多茜と関係の深い人物

前述の感情もあって主人公との絡みが占めるウェイトが大きく、他のキャラクターとの関係はあまりピックアップされない方。そんななかで比較的目立つ相手を紹介します。

阿佐田 あおい
賭け事が大好きな自由人ですが、こと宇喜多に対しては意外な面倒見のよさを見せる上級生。自らを超師匠と呼ばせるなどの奇行はあるものの、主人公のために上達を望む宇喜多をサポートするよき先輩です。

©Akatsuki Inc.

メインストーリーだけでもその関係性は窺い知れますが、より深く知りたいならシンデレラストーリー「踏み出す勇気 変わる想い」をぜひどうぞ。

有原 翼
小鳥遊 柚
こちらは本編で関係が深いというよりは、個人的な期待・予想を込めて紹介する二人です。
主人公との出会いをきっかけに再起した有原、そしてリトル時代の幼馴染みとして颯爽登場した小鳥遊。前者は恋愛感情を否定しているとはいえ、主人公と特別な仲であることは間違いない二人は宇喜多にとって無視できない相手でしょう。
というより小鳥遊に関しては期間限定イベントのストーリーで本当に嫉妬の炎を燃やしているらしいので、復刻が望まれるところです(当時未プレイ)。

©Akatsuki Inc.

この手強いライバル達を相手に宇喜多の恋模様はどんな一途を辿ることになるのか、少し怖いですが楽しみでもありますね。

これを読もう!宇喜多茜おすすめエピソード

引っ込み思案な性格ながらも、愛され系キャラのおかげか他者からの関わり合いによるエピソードが散見されます。その中からいくつかを紹介しましょう。

・ときめきフェスティバル(1年生編サイドチャプター・11月上旬)
文化祭でのエピソード。主人公と一緒に回りたい宇喜多が彼を探そうとしたところ、その姿を目にした中野に主人公の居場所を知っていると言われたのでついていくことにします。しかし行く先々には主人公はおらず、なぜかリポートをさせられながら模擬店や出し物をしている野球部員達を訪ねて回ることに…。
そうこうしているうちに時間は過ぎ、文化祭も終わりが近付いてきます。結局主人公と回れなかった宇喜多は落ち込んでしまいますが、急にいなくなった中野と入れ替わりでその彼がやってきて「広報班のリポーターをしていた宇喜多に案内してほしい」と言われました。それを驚きながらももちろん快諾する宇喜多。

©Akatsuki Inc.

実は中野は主人公がほぼ一日中裏方仕事をすることを知っていたため、彼がそれから解放された後に役立てるよう宇喜多を連れ回していたのでした。イベントを楽しむ野球部員達のギャグ混じりの姿だけでなく、宇喜多の健気な思い中野の意外な気遣いなども描かれた楽しい日常エピソードですね。
…なお、道中で(主に東雲相手に)散々調子に乗っていた中野の結末はというと…。

・阿佐田の野望(2年生編サイドチャプター・4月上旬)
新入部員獲得に向けた時期のエピソード。中野と組んで内部組織(?)の結成を目論む阿佐田が主役ではありますが、その弟子である宇喜多も登場します。
進級して後輩も入ってくるのになかなか上達できないと悩む宇喜多。そんな彼女は師匠の阿佐田に「また特訓してほしい」「いっぱい走ったり投げたりする」と懇願しますが、それを聞いた阿佐田は答えを保留し、差し入れをしに来てくれたグラウンド管理者のおばあさんにある相談をしました。そうしてある結論を出した阿佐田が宇喜多に課した特訓は…厳しい基礎練習でも激しいノックでもなく、ゆっくり休むことだったのです。
宇喜多の一生懸命な姿勢と、それを見守る阿佐田の関係を見ることができるエピソードですね。

©Akatsuki Inc.

・対峙する熱情海を渡り来たスラッガー(どちらも2年生編メインチャプター・6月下旬)
アメリカチームとの親善試合関連のエピソード。宇喜多はとある漫画をきっかけに、アメリカチームの主力打者アメリア・サンダースと出会います。

©Akatsuki Inc.

カフェでの会話を通じて仲良くなった二人。アメリアは別れ際に「野球をやっていれば必ずまたどこかで会える」と言い残して去っていき、後日本当に親善試合で再会することになりました。この試合では全選手に出場機会を設けると通達されていたため、当然宇喜多も守備につくことになり…。

©Akatsuki Inc.

大飛球を見事にキャッチして、チームに貢献したのでした。

アメリカチーム相手に純粋な力試しという側面のほか、この性格も選手としてのタイプも正反対な二人の交流と活躍も描かれた盛りだくさんのエピソードとなっています。

・馳せる想いとチョコの行方(1年生編メインチャプター・2月中旬)
恋する乙女キャラには欠かせないバレンタインのエピソード。
部員達への友チョコを作ろうとしていた初瀬と偶然出会った宇喜多は、試作と試食を一緒にしながらバレンタインの準備を進めます。しかし異性の主人公に渡すものも友チョコという認識でいた初瀬に対して、宇喜多の想いはそれとは違っていて…。

©Akatsuki Inc.

ちなみにメインストーリー外のためここでは紹介していませんが、主役を務めるシンデレラストーリー「踏み出す勇気 変わる想い」もおすすめ。攻略難易度も低い方なのでぜひプレイしてみてください。

個人的考察とまとめ・なぜ主人公が好きなのか?

ここまで宇喜多茜というキャラクターについて紹介・解説してきましたが、ここからはそれを踏まえて管理人の個人的な考察を書いていきたいと思います。
今回のテーマは「なぜ宇喜多は(他キャラとは違い)主人公に対して恋愛感情を抱いているのか?」。

ぶっちゃけストーリー上の都合といえばそれまでなのでわざわざ言及するのも野暮な気はしますが…せっかくなのでそんな気持ちは棚に上げて公式小説を参考にしながら深読みに深読みを重ねていきたいと思います。

まず上記の小説の描写から、宇喜多の性格は幼少期から現在まで続くものであることがわかります。あと一歩を踏み出す勇気がないというコンプレックスも同様で、それだけにそんな自分を救ってくれた「お兄ちゃん」の存在は強く印象に残っていたことでしょう。
それだけなら高校生にもなった本編では詳細な記憶が薄れていてもおかしくないのですが、彼女は前述の通り引っ込み思案で友達も少なかった(もしくはいなかった)タイプ。人間関係が上手くいかなかった際に、過去の救いであった彼のことを思い出す機会が多かったとしても不思議ではありません。
加えて本編を見る限り自尊心を高める機会にもそう恵まれていたわけではなさそうなので、なおさら過去の楽しい思い出に縋ることになった可能性は高そうです。そうして何度も思い出し、自分の中で繰り返し確かめてきた彼への想いが、いつしか時を経て恋心へと変わっていったのでしょう。

またもう一つ、母子家庭という環境も影響しているのかもしれません。本編ではいつから母子家庭になったのかは言及されていませんが、上記の小説によると少なくとも中学生の頃には父親はいない模様。つまり人格形成への影響が大きい思春期に父親がいない生活を送っていたということであり、そんな環境から男性の頼もしさ、温かさといった父性のようなものを求める気持ちが強くなった可能性はあります。
恋愛感情まで発展したのも、男性への耐性がないぶん憧れが強くなったと考えれば自然です。人は詳しく知っているものより、よく知らないものの方が強い憧れを抱きやすいですからね。

そんな主人公への依存が強かった彼女ですが、現在は彼への想いを変わらず抱き続けながらも先輩や友人とともに日々目標に向かって努力を続けています。
原点であるこの人しかないという想いを成就させるのか、はたまたもうこの人がいなくても大丈夫、になるのか。選手としてだけでなく、その部分も含めた人間としての成長も楽しみな彼女の活躍を、ぜひゲーム本編で見守ってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました